車検終了

函館から帰宅したその日に引取り。
今回は諸々重なって出費が嵩んだ。
夏タイヤも交換時期に来ていたが車検はギリギリセーフなのでそのまま。
次回も20万を超すようなら国産車(中古)に買い替えようかという話も出ている。
国産車ならカローラフィルダー辺りか?
入庫前に不具合が続いていたエアコンが問題なく作動するようなので助かった。
2004年の最終モデルで13年目、9万キロを超えたが特に異常は無し。

DSC02062.jpg

以前トラヴィックを手放したオーナーから譲り受けたビル足に換装した。
錆が目立つものの実走行は1万キロ程度と聞いているので最後まで大丈夫だろう。
ビル足はかなり固くて路面のノイズを拾いやすいが、ガスが抜け切ってバネだけで走っているよりはずっと快適だ。
マンホールなど、わざわざ段差を狙って走りたくなる。

DSC02064.jpg

先代トラヴィックで5万キロ走行時に換装した際に買ったオーナメント。
かれこれ10年以上経つか。

2017年09月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 車関係

はこだて塩らーめん しなの

9月8日
お陰様で無事に仕事を終える事が出来た。
昔ならそのまま帰宅したものだが今は辛い。
早朝に函館を発つ予定なので酒を飲まずに函館最後の夜を過ごす。

DSC02057.jpg

夕食は宿に隣接するしなの
以前はつけ麺専門の〔麺神〕が入っていて10年程前に〔北浜商店〕
この店に替わった時期を思い出せないが、過去のブログ記事を調べたら未訪問だった。
まさに灯台下暗しという事。

DSC02058.jpg

20時過ぎにもかかわらず店は満員。ラーメンは塩が700円~という価格構成。

DSC02059.jpg

チャーハン 650円。

DSC02060.jpg

やや濃いめの味付けで食べ応え充分。価格も良心的かと思う。
時間も時間だし、この一杯で足りる。
炒飯に始まり炒飯で終わった今回の函館出張だった。

2017年09月19日 | Comments(1) | Trackback(0) | 飲食

よしだ支店

9月6日

DSC02005.jpg

今回は快晴が続き、どうやら最後まで持ちこたえそうな按配。

DSC02028.jpg

この日の夕食は松川町のよしだ支店。3度目の訪問となる。
前日は電話確認したにもかかわらず終えていたので半信半疑で向かうと営業していた。

DSC02031.jpg

今回はラーメンチャーハン
ラーメンは初訪問時の感激が薄れてしまったものの、函館では珍しいタイプ。

DSC02033.jpg

炒飯は炒め方も味付けも家庭的で、食堂に似つかわしいホッとする一品だ。
2017年09月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南

江戸八

9月5日
4泊もするとそろそろ疲れを感じ始める。
いつも出発前に未訪の候補店を幾つか選定しているのだが、今回は幸珍だけで終わってしまいそうだ。

DSC02010.jpg

宮前通りの江戸八
母さんが独りでやっていた。
麺類はともかくとしてカツ丼は母さんに作ってもらうに限る。

DSC02007.jpg

カツ丼ともりそばのセットにする。単品で注文するより260円安い。

DSC02008.jpg

蕎麦は大した事は無いがカツ丼は人気がある。
見ただけでお判り頂けよう。

常連客と雑談する母さんの訛りが凄くて津軽弁並み。ともかく内容が伝わってこない。
それとなく尋ねると松前町の白神という所のご出身だそう。

2017年09月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

ジムニーと脱兎号

函館の仕事場は近くに陸運支局があるので時々珍しい車にお目にかかる。

DSC01992.jpg

走行中の姿を見た時、ボンネットの形状と絶妙な錆び具合からして初代ブルーバード以前の車種だろうと判断し、停車したので改めて眺めると黄色い軽ナンバー・・・アレッ?
見事に騙された。
オーナーに訊くと30年ほど前のスズキのジムニーで、ボンネットがオプションで販売されていたのだそうだ。
日産のフィガロなんかが流行ったバブル時代。スズキもこういう事をやっていたのを初めて知った。

DSC02037.jpg

これは凄いぞ! 戦前の脱兎号
オープン仕様に改造したものだろう。シンプルなメータの並び具合が目を惹く。

DSC02038.jpg

当時は(戦後も)乗用車は基本的にトラックのシャーシを流用したものが殆ど。
元々タイヤが大きいので見栄えがする。先に紹介したジムニーもそうだ。
部品はワンオフだろうし、ガソリンも現在の組成でそのまま走れるものかどうか?
エンジンは載せ替えられている可能性はあるものの、排気ガスの何とも言えぬ香りも魅力的。
こういう車に遭遇すると、自動車の進化ってなんだろう? と思う。
大野町にあるヴィンテージ車専門店の商品だが、〔いったい幾らの値段が付くんでしょうね?〕と尋ねたらウ~ン・・・と首をかしげてオシマイ。


2017年09月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | 車関係

レストラン和家(棒二本館)

9月3日

DSC01990.jpg

この日の夕食は棒二森屋の和家

DSC01982.jpg

定位置から見える風景も来るたびに変貌する。キラリスが完成し、更地も埋まりつつある。

DSC01984.jpg

この寂れ感が堪らない。
客は自分の他に老婦人2人組のみ。食後のコーヒーを啜りながら雑談が続く。
厨房から中華鍋を煽る音が聞こえてくる。
普段なら帰り支度の時間なのに邪魔しちゃって悪いな~と思いつつ夕暮れの街並みを眺める。

DSC01985.jpg

定番の昔風醤油ラーメンチャーハン
セットが無かったので単品の注文となった。

DSC01988.jpg

DSC01989.jpg

ラーメンはもとより、ここのチャーハンも美味い。

棒二森屋が閉店を検討しているという話が広まったのは今年の6月。
築80年の本館は耐震強度が基準を満たしておらず、取り壊しとなる可能性が高い。
様々な人間が行き交う〔駅前〕。この単語に秘められた感傷的な雰囲気を留める希少な場所だけに、これが最後かもしれないと思うと淋しくなる。
2017年09月15日 | Comments(2) | Trackback(0) | ラーメン 道南

マル米食堂

9月2日

DSC01972.jpg

国道と宮前通りの交差点に北ガスの大きな建物とタンクがある。
かつては駅前から宮前通り~湯の川まで市電が通っていて、バス路線に変更後も〔ガス会社〕の停留所名が引き継がれた。
地元の人が一様に〔北ガス〕ではなく〔ガス会社〕と呼ぶ理由。

DSC01973.jpg

18時24分。ずいぶんと日没が早くなった。

DSC01975.jpg

この日の夕食はマル米。土曜日なのに客は誰もいない。

DSC01977.jpg

DSC01978.jpg

印度カレーライスは自分でルウをかける。
このみすぼらしい店内に立派な食器、そして適度に辛い家庭風味のルウ。

DSC01979.jpg

ほどなくスープうどん

DSC01980.jpg

塩ラーメンより50円高くても、この落し卵に価値がある。

朝市にありながら観光客を寄せ付けない佇まい。
いつもの事だが腹も心も満たされた。寝る前に空腹で困る事は無いだろう。


2017年09月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

幸珍

9月2日。
この日は事務仕事なので時間に余裕がある。
産業道路を走り、昭和にある中国料理店に向かう。

DSC01970.jpg

開店と同時に駐車場が満杯となり、薄暗い店内はお客で埋まっていく。

DSC01971.jpg

客の大半があんかけ炒飯・麻婆炒飯を注文している。

初老の店主が中華鍋を操る動作に無駄がない。

DSC01968.jpg

炒飯 750円。

DSC01969.jpg

見た目は小振りだが量は多い。

蕎麦屋のラーメンは大体回ったので、炒飯巡りも悪くないかな? と思う。
2017年09月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

山岡家 万代店

国道沿い北洋銀駐車場並びの古い建物が壊されて更地になっていた。
〔鉄板焼 のきした〕の後に共栄食堂が入り、閉店してから噂を聞かないのでフェイドアウトした模様。

DSC01961.jpg

7月にオープンした山岡家万代店

DSC01963.jpg

この日9番目の朝ラー客という事か?

DSC01964.jpg

小刻みに値上げするから価格表示は邪魔という事か?

DSC01965.jpg

この店のスープはかなりアッサリ目。

これで旭川・北見・帯広そして函館も、宿から仕事先に向かう途中に赤い看板が目に入ってしまうという悩ましい状況。


9月7日

DSC02036.jpg

味を濃い目にしてみた。自分にはこれ位が丁度いい。
2017年09月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南

丸南本店 170901


DSC01951.jpg

今回の宿はスマイル函館。
この時期の連泊となると数か月前に予約しないといけない。
1昨年経営者が変ったかつての定宿は今や料金が1.5倍。未練も完全に消えた。
DSC01952.jpg

裏口から出たところ。道路が拡幅されてセンターラインが引かれた。

DSC01953.jpg

モッキリ屋はいつも大繁盛。

DSC01954.jpg

カウンタ席が空いているのを確認してから撮影し、厨房に挨拶して着席する。

DSC01956.jpg

焼鳥くわ焼き風
鶏自体の味が濃いので甘辛のタレに負けていない。

DSC01957.jpg

焼きねぎ三昧
ビジュアル感が素晴らしい。
ネギに乗せられた梅肉と蕎麦味噌、もう一つの野菜は・・・分からないので尋ねるとネギの青い部分。

DSC01959.jpg

〆にもりそば。
この日は2杯で出上がってしまった。軽で長距離走って疲れたわけでもないのに。


9月4日

DSC01993.jpg

宿の裏口より棒二方面を望む。

DSC01995.jpg

肉類が不足しているわけではないが、ここで夕食を終わらせたいので串かつを頼む。

DSC01996.jpg

続いて天ぬき

DSC01997.jpg

野菜不足を補うために海老と胡瓜の南蛮酢。適度な辛みもあって美味い。

DSC02000.jpg

最後はもりそば
ここに来ると飲み過ぎるのが難点だったが、今は2~3杯で足りる。
だから3日と空けずに通っても大丈夫だ。


9月7日

DSC02001.jpg

近くの空き地に放置されたままのローラー。
雨ざらしで軸も錆びていればそのまんま〔重いコンダラ〕。
この日だかの再放送で星一徹が大リーグボールの秘密を暴くシーンがあったそうだ。
年寄りなのによくぞあんなに足が上がるものだと驚いたものだった。

さて、仕事も大詰めに差し掛かり、今回3度目の丸南。

DSC02054.jpg

カウンタ席には仕切りがあり、向かいの視線を気にせずに酒食を楽しめるようになっている。ところが今回、僅かなガラス越しにオッサンと目が合ってしまいギクリとされられた。

DSC02047.jpg

天だね。この店に来たら揚げ物の注文は欠かせない。

DSC02048.jpg

いかの山椒炒め。 山椒の風味が程よく、熱いうちに食べるべし。

DSC02052.jpg

9時を回った。追加した酒が出て来てからもりそば

DSC02053.jpg

未だ早いですがどうぞ良いお年を・・・





2017年09月12日 | Comments(2) | Trackback(0) | 丸南本店

三八飯店本店


9月1日

DSC01948.jpg

前日車検で車を預けてたので軽自動車で長距離運転。

DSC01947.jpg

DSC01946.jpg

カーナビ替わりのスマホをセットし、前日届いたバッハのCDを聴きながら向かった。

車幅の狭さから来る横揺れと上り坂のパワー不足感は否めないが、慣れてくると大して気にならず、疲れを感じる事無く走行出来た。

DSC01949.jpg

出発してから3時間、お昼は長万部の三八飯店

DSC01950.jpg

あんかけ焼きそばとチャーハンのセット

見た目よりも麺の量が少ない。チャーハンの量とのバランスを考えるとこれで丁度良いのかも知れない。
1,000円分の満足度は充分。

ご無沙汰しているうちにスタッフがかなり入れ替わったようだ。
でもこの安定感は相変わらず。

浜チャンポンを最後に食べたのは何時だったろうと記憶を辿っても判然としない。 次回に注文しよう。

2017年09月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南

ホテルノースシティ

8月29日。

日増しに秋の色が深まる。
事務所の冷房温度が1度上がり、上着で歩いても暑くなくなり、寝冷えして肩凝りが再発したりする。

DSC01940.jpg

久し振りにノースシティのレストランで昼食。
8月からランチメニューが大幅に改変された。
日替わりが消え、和洋中700円からの構成となり、サラダやドリンクバーのコーナーが設けられた。

DSC01938.jpg

300円のサラダ+ドリンクバーで待つ。

DSC01939.jpg

担々麺 800円。
辛みは殆どなく、擦りゴマ風味が優先するマイルドな味わい。
レンゲが付いていなかったりと相変わらずだが、このレストランでラーメンが常設メニューとなった事を素直に喜びたい。

薄野蕎麦 縁(ゆかり)

8月28日。

諸事情で昼食が遅れ、街中の用足しが済んだ後に外食。

DSC01937.jpg

薄野蕎麦 縁(ゆかり)
ススキノ駅前通りのディープな歓楽街が途絶えた場所にある。

DSC01942.jpg

スタッフも女性で固めているようだ。

日替わりのとろろそばと豚天丼 (680円)というのを頼む。
限定20食で自分が最後だった。

DSC01936.jpg

豚バラの天ぷら3枚はいいが、タレの絶対量が不足していたので蕎麦ツユをかけ回して食べる。

近所にあった鴨川が閉店し、その後を継いだように思える。
ひょっとすると店主は鴨川にいた方かもしれない。
2017年08月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

サロンIG (共同施設札幌団地鉄工センター内食堂)


8月23日
4日間の市内出張。
昼間は相変わらず暑いが朝晩は涼しくなり、空も青みを増して秋の気配が着実に近づいている。

さて、お昼は恒例のサロンIG
メニューと価格に変更はない。

DSC01929.jpg

日替わり定食 450円。
かなりの数量を仕込んであるので2分と掛からずに出てきた。
一見シンプルだが、串カツの影にウインナーが隠れていたり、銀皿煮物の裏から揚げ餃子が出てきたりする。
ライスを大盛りにしてもらうべきだった。

8月24日

DSC01930.jpg

カツカレー 650円
12時前に到着したので空いている。店のオバチャンに訊くとすぐ出来るとの返答。
早速厨房の奥からカツを揚げる音が聞こえてくる。
揚がればライスと業務用のルウ。
深い皿でルウがたっぷり。満腹した。

8月25日

DSC01933.jpg

肉チャーハン 650円。
来るたびに多くの客が注文していたので気になっていた。
特筆すべきはチャーハンの美味さで、パラリ感が素晴らしい。
豚バラ肉もボリュームがあり、さすがは人気メニューといったところだ。
2017年08月31日 | Comments(2) | Trackback(0) | 飲食

久し振りにスピーカークラフト


仕事が忙しくて工作から遠ざかっていたが、先日NFJで良さそうな小口径のユニットを見つけたので3種類購入した。

DSC01903.jpg

ALTEC LANSING 3インチ(75mm)
1個980円。
一見磁石が小さくて心細いが、同社の2.5インチが良かったので期待していた。

20430120_793809274114137_7469358409664312679_n.jpg

P800-E準拠サイズの自作箱に入れたところ、最初から良く鳴るのでビックリ。
中高域の繊細さは2.5インチ以上。
このサイズとしては低域も普通に出ているが、聴いた感じではハイ上りの印象も。
以前作った8㎝用のTQWTに入れて見たところ、確かに低域は充分出るようになったが、中高域の魅力が相殺されてしまった感がある。
欲張って大きな箱に入れずに本来の魅力を生かした方がいいと思う。

DSC01894.jpg

続いては1個190円の激安ユニット(75㎜)。
安価なモニタースピーカーだろうが、F77G98-6のようなモッサリ感がなく普通に聴いていられる。

DSC01895.jpg

センターコーンを付けて様子見。

20374591_793809307447467_3940903378411291598_n.jpg

最後はPeerless PLS-P830985(64㎜)。
デンマークの高級オーデッオメーカーで使用しているユニットだそうで、現在は1個1,560円。キャンペーン価格の980円で1セット購入した。

20375838_793809370780794_2289157294509176180_n.jpg

こちらもTQWTに入れたところ、低音出過ぎ・・・。

DSC01877.jpg

籠った音しか出ず、吸音材の量を調整しても変わらないのでP800-E準拠サイズをまとめて作る。

DSC01876.jpg

木工ボンドはあまり使わずに床板用の釘を打ちつけているのだが、これがあると組んだ時のズレが最小限に抑えられる。

DSC01901.jpg

という事で、小口径はこのサイズに落ち着いた。
Peerlessは高域の伸びがいまいちでレビューに書かれているほどのものではない。ただしALTECと比較するとシンバルなどの質感が違う。
現状では高域が欲しければALTECを少し上げる要領で同時に鳴らしている。
エージングが進めばこれ1台で足りるようになるかも知れないが、ここはしばらく様子見という事で。
この落ち着いた響きはさすが、という感じだ。

味の三平

8月10日

世はそろそろお盆モードでかかってくる電話も少ない。
10時半過ぎに銀行に向かうと街中は観光客がやけに目立つ。
銀行2か所と郵便局も回り、スクニンブル交差点で信号待ちをしていると大丸セントラル方面から芳香が漂ってくる。時計を見ると11時5分前、行くしかないだろう。

DSC01854.jpg

店はほぼ満席、待ち客4名は団体さんだったので左端に座らせてもらった。
開店直後の一巡目で座れるのは久しぶりだ。

「次男」が昨年亡くなった。あの巨体と茶目っ気のある受け応えを見られなくなったのが寂しい。

DSC01855.jpg

醤油ラーメン

DSC01856.jpg

この店に通い始めてから35年経つ。その履歴性ゆえなのか、啜る度に胃の腑が喜ぶのを実感する。

後から来た年配の常連らしき客が「塩の長ネギ抜き」を注文。
こういうオーダーを聞くのは初めてだ。

滝波食堂

8月6日

DSC01838.jpg

この日は最後のラジオ体操だったので次女と参加した。
子供といっても未就学児ばかりで、20人分用意していた最終日のご褒美(菓子詰め合わせ)が余り、60~70年前に子供だった人達が分けて持ち帰る。

7時に出発し、高速で小樽へ。
駅前の有料パーキングに駐車し、三角市場へ向かう。

DSC01839.jpg

DSC01840.jpg

傾斜地を造成せずに無理矢理建てたような老朽施設で、戦後間もない頃から続いているそうだ。

DSC01848.jpg

お目当ては海鮮丼で評判の滝波食堂

DSC01845.jpg

DSC01846.jpg

DSC01847.jpg

3人がそれぞれ好きなものを注文する。

鮮度が良く、店員が何度もお茶を注ぎに来てくれたりして満足の行く朝食だった。
この店は開店が8時で、入店した5分前は空いていたのに食べ終えて出ると店横に待ち客がビッシリ。
薄暗いスペースに30人ほどいたのではないだろうか。 シュールな光景だった。

DSC01849.jpg

国道側右脇の船見坂。

DSC01852.jpg

改築後初めて入る小樽駅。改札口の真上がランプというお洒落な意匠。

DSC01851.jpg

バーカーキングで休憩する。サンデーとフロートが100円。
2017年08月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

手打ちそば もり吉

8月1日
この日も北見は暑かった。
前の晩は盛大に飲んだので朝から空腹状態。
自分は伍味八珍で塩ラーメンを食べたかったのだが、他の二人は暑いから涼しい所がいいと言う。

DSC01823.jpg

異論はないので北見市街地近くの蕎麦屋に向かうも移転したらしく、北進町を走って見つけたのがもり吉

DSC01823.jpg

主人の趣味なのか、店の中は足踏みミシンや蓄音機、茶箪笥といったレトロ雑貨が目に付く。

DSC01822.jpg

えび天おろしそば(大盛り)
暑い日に冷たいぶっかけを啜ると元気が出る。
ツユの量は足りてますか?と訊きに来たりと親切な店だ。

DSC01824.jpg

仕事帰りに立ち寄ったイトーヨーカドーでザフィーラを発見。
トラヴィックと併せても殆どみる事がなくなった。
2017年08月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

三幸食堂

7月31日
土曜から泊っていた長女が、1講目を休んだらアウトみたいな事を言うので乗せて朝早く出発。

旭川に着いたのが11時頃で、残念な事にふるきは定休日だった。

DSC01798.jpg

という事で、5年ぶりに旭川大学向かいの三幸食堂にて。

DSC01803.jpg

塩らーめんライス
空腹だったのでチャーハンも一緒に注文しようか迷ったが、長距離運転で眠くなると困るので断念。

DSC01799.jpg

塩より正油のほうが美味しい、野菜入れたほうが体にいい、という母ちゃんの勧めでこうなった。
お二人とも80近いんじゃないかな? 元気に続けてほしいものだ。

DSC01802.jpg

寄り道をしたので北見に到着するまで7時間を要した。
国道275号→旭川新道→旭川紋別自動車道の起点(比布北)から層雲峡まで走り、石北峠を越えて北見までというのが普段のルートなのだが、終点の瀬戸瀬インターまで利用すれば1時間短縮される。


2017年08月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道北

厚別区民祭り

7月29日

早朝から仕事で、帰宅してから2時間ほど昼寝した。

DSC01785.jpg

夕方に野外ステージがあるので物置からYEP-211を出して演奏可能な状態にする。

毎年恒例の厚別区民祭りは大盛況で、焼き鳥の煙が漂う。
集合時間ギリギリに到着して間もなく、ステージ袖で待機の指示があった。

DSC01787.jpg

ソフトケースは売っておらず縦置き出来ないという不便はあるが、目立つのがいい。

DSC01788.jpg

ステージより、この人出。焼き鳥やビールのチケット売り場には長蛇の列。

DSC01789.jpg

この日の演奏はアンコールも含めて5曲。ピッチに注意しながら吹く。
客席にどう聴こえるのかは確認のしようはないけれども、音が前に飛ぶ感覚が堪えられない。
いつもお誘い頂いている信濃中OBバンドの皆様に感謝!
2017年07月29日 | Comments(2) | Trackback(0) | 吹奏楽

そば天国松乃家 総本店

7月26日。

最高気温は27度だったが、実際にはもっと高かったような気がする。
行きつけの炭屋は昼営業が相変わらず休業中。3~4人ともなるとやはり規模の大きい店しか選択肢がない。

DSC01774.jpg

この日のそば天国は混んでいて10分待ち。

DSC01775.jpg

夏季限定の冷やしたぬき(大盛り800円)。
暑いさなかに冷たい蕎麦を手繰れる幸せ。
冷水でよく締めずに生温かいのを出す店も多いけれど、この店はそうした心配は無用。

7月27日

DSC01780.jpg

この日はえび天そば御膳 880円。
連れの1人が小食となったためむ、せいろ1枚を頂いた。これで実質大盛り。
そういえば、前からずっと店にいた先代の娘さんを見かけなくなった。
注文を取りに来たオバチャンに訊くと、お嫁に行かれたのかな?という回答。

7月28日

DSC01783.jpg

涼しかったのでいか天丼とそばのセットにした。
温かい蕎麦の時に忘れてならないのが天かす。
輪厚店では以前卓上に常備してあったのだが、現在は両店とも醤油と同様頼めば持ってきてくれる方式になっている。






2017年07月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

串鳥 北広島店

7月25日
相変わらず暑い日が続くものの、30度を切ると夜も過ごし易い。
この日から隣町へ5日間の通い出張。
北広島駅周辺のラーメンは回ったのでどこに行こうか迷う。

銀行に寄ったついでに串鳥のランチを食べる事にした。

DSC01768.jpg

どこでもやっているかと思って調べると、札幌市内4店の他はここ北広島店のみらしい。

DSC01767.jpg

券売機で食券を購入すると自動的にオーダーが流れ、好きな席に座って呼ばれるのを待つ。
2名のオバサンスタッフが切り盛りしている。
客は近所のオジサンやオバチャン2人連れといった普段着姿が目立つ。
夜営業特有の退廃感が漂い、居酒屋などへ集金に回った頃の記憶が蘇る。

DSC01769.jpg

上ヒレカツ定食

冷凍食材を揚げた惣菜だとしても、570円は安い。
キャベツとライスがお代わり無料で、これだけでも充分なのに卑しい性格が優先してしまい、両方お代わりした。
また来る機会があればカツカレーにしよう。

DSC01771.jpg

土用丑の日、夕飯はうなぎ。


2017年07月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

味の大王総本店、ラポ・ラポラ食堂

7月17日。
5月末から続いた出張がひと段落した。
休みを取って1泊の家族旅行。長女は東京遠征とディズニーで不参加。
土砂降りの中、国道36号を走って苫小牧に到達したのが11時半頃。

DSC01733.jpg

味の大王総本店でお昼。7年前

DSC01735.jpg

3人ともカレーラーメンで自分は大盛り。辛みスパイスを振ると旨みが増す。
客の殆どはカレーラーメンを注文していたが、隣の若いカップル客は別なものを食べていた。
ジロジロ見ると失礼なので確認出来なかったが、女性はメニューにないアイスクリームを食べていたという証言を山妻から得ている。

DSC01738.jpg

静内で買い物をして三石海浜公園オートキャンプ場に到着したのが15時過ぎ。

DSC01742.jpg

雨が上がっていたので外で焼き肉。

DSC01743.jpg

かれこれ9年振り。1歳だった次女は生意気盛りになり、愛車は代替わりした。

DSC01745.jpg

食事を終えて隣の温泉に行く。

寝る段になって寝具を確認すると毛布しかない。
ここを利用するのは3回目となるが、三石は寒い。

DSC01748.jpg

新冠のサラブレッド銀座。牧場ごとに仕切られた柵のなかで競走馬を放牧しているのだが、数頭が見えるのみ。

DSC01754.jpg

昼食で立ち寄ったウトナイ湖のラポ・ラポラ食堂味噌タンメン
食券購入の際、800円という価格を見て担々麺と勘違いしてしまった。

DSC01755.jpg

雨のせいなのか、一羽のみ。

DSC01758.jpg

山妻が白鳥と勘違いしたゴミ袋。

島松駐屯地 厚生センター食堂

7月10日
この日から自衛隊で5日間の通い出張。
昼近くに到着した頃には既に30度を超えていて、検問所では隊員が水撒きをしていた。

DSC01710.jpg

ミリオタでなくとも、こういうのを見ると心がときめくものだ。

DSC01709.jpg

〔食堂たんぽぽ〕という名称が変わったというご指摘を受けたので〔厚生センター食堂〕と訂正した。
どうやらラーメンが復活しているらしい。

DSC01708.jpg

醤油ラーメン 580円。
後から注文する客の定食が優先で麺が伸び加減。

7月11日
酷暑が続く。

DSC01712.jpg

この日のA定食は串カツ
味噌汁の具が冷や麦ほどの太さの麺が数本。

7月12日

DSC01713.jpg

この日もA定食で、ハーバーグ定食
ちなみに日替わりのA・Bはいずれも500円。
多くの客が定食を注文するので準備万全、出てくるのがい。

7月13日

DSC01716.jpg

家から持ち出したホースをフォークリフトのマストに固定し、風上から霧噴射して暑さを凌ぐ。

DSC01714.jpg

A定食のおにぎり付き冷やしたぬきうどん
出来れば冷水でキリリと締めてほしいものだが、パートのオバチャン達にそれを望むのは贅沢か・・・。
体が塩気を求めていたので皿に残ったツユを飲み干した。

7月14日

DSC01715.jpg

最終日は目玉カツカレー

金曜日のお約束? 去年もそうだった。
ワンコインとしては最高の内容を誇る。
2017年07月15日 | Comments(3) | Trackback(0) | 飲食

合奏170709

前日は明るいうちに帯広から帰宅し、10時間熟睡した。

DSC01702.jpg

炎天下での洗車は避けたいところたが、度重なる出張でこびり付いた昆虫の死骸を取らなければならない。
パネルごとにサッと洗ってすぐに拭き取る。

DSC01628.jpg

娘が吹いているOld Bessonの指掛け部分にサビ。
青錆は人体に有害なので革で保護する。

DSC01703.jpg

東京で演奏する事となり、飛行機で搬送するとなるとシャイニーケースでは不安。
キルティングで保護して収まるハードケースを使用。
このケースは自分が使う事になりそうだ。

DSC01704.jpg

18時から西区の〔チエリア〕で合奏。
打楽器群がほぼ揃ったのでそれに合わせて練習。

DSC01705.jpg

斜め前、ファゴット奏者の譜面。
〔深層の祭〕は、いきなりファゴットのソロから入る。

2017年07月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽

ラーメンこだま(移転)


7月7日。

DSC01667.jpg

お昼の時点で気温が35度を超えた模様。
幸い早く仕事を終えたので、後片付けを済ませて引き揚げる。

DSC01690.jpg

西14条木賊原通りの富士屋がラーメン店に変わっていた。
2年前に街中から西18条に移転したラーメンこだま。本日開店だそうだ。

DSC01693.jpg

見覚えのある夫婦が忙しそうに立ち働いている。

DSC01694.jpg

醤油ラーメン
厚い脂プラス背脂が特徴の豚骨スープ。

この通りにラーメンを出す店は意外と少なく、喫茶店と麺蔵ぐらいだったはず。
駐車場は4台程度か。よく通る道なので続いて欲しいものだ。

DSC01699.jpg

街中にて。

2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

ふじ膳(帯広地方卸売市場)

7月7日。

DSC01685.jpg

朝5時半撮影。いかにも暑くなりそうな空模様だ。
塩分補給の必要上、ふじ膳へ向かう。

DSC01686.jpg

これを楽しみにしていたのだが、食べられるのは10時から。

DSC01687.jpg

家族客が食べていた380円の朝定食(この日はカキとじ丼)でも良かったのだが、冷たい麺類にした。

DSC01689.jpg

冷しえび天そば
こうしたところだからツユも麺も蕎麦屋のようにはいかないが、朝7時前から冷たい蕎麦を手繰れるという贅沢な気分は格別だ。
少し時間があるので1階の売り場を見て回る。
2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

麺処たざ和 TAZATON

7月6日。

予報を下回ったものの、30度に迫る暑さだった。

DSC01684.jpg

屋台村。
街中は凄い人出で、通りすがりの居酒屋も客で溢れ返っている。

DSC01676_20170707195746965.jpg

時間的に空いているだろうと向かったのがたざ和
冷房が効いているだろうと期待していた店内は外よりも暑く、40度近くありそうだ。
スープを煮出しているので余計に暑いらしい。

DSC01677_2017070719574615c.jpg

冷たいビールを飲みたかったので晩酌セットにする。

DSC01679_20170707195745d6a.jpg

グイッと半分空ける。

DSC01681_20170707195745618.jpg

餃子5個は食べ応えあり。

DSC01682_20170707195744448.jpg

続いて豚骨ラーメン。これで夕食には充分だ。

店主は私を〔札幌から出張で来ている人〕と覚えていてくれて、近くススキノに九州豚骨ラーメン店(イシマル食品の麺?)が開店するという情報を得た。
夜からの営業らしい。

2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

山岡家帯広店

7月5日。

この日は酷暑の予報だったので朝から塩分を補給しておく。

DSC01663.jpg

バランスを考えればすき家・吉野家の定食がいいのだが、通い慣れた山岡家が手っ取り早い。

小銭があったので普段通り430円を入れてボタンを押しても食券が出てこない。
足りなかったのかな? と思って千円札を入れ、釣りを確認したら450円払った事になっている。

DSC01666.jpg

普通のラーメンはそのまま。

DSC01665.jpg

7月から一部メニューを値上げしたようだ。
価格据え置きで麺の量を減らしてみたり、小刻みに値上げすれば割高感を与えないだろうという考えにはどうも馴染めない。それにしても前回値上してから随分と早いな。

DSC01664.jpg

それはともかく、味濃い目。
豆板醤を入れて代謝の活性化を試みる。

2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

インデアン

7月4日
いつもの事だが、寝不足気味でスッキリしない。
ラーメンを食べに車を走らせる気が起こらないので夕食はカレーで済ます。

DSC01661.jpg

この日は西18条店のインデアンでチキンの大辛
普段なら激辛でも平気なのだが大事を取ってワンランク下げたところ、これがベストな辛さ。

20170704_171204361.jpg

薬味にはほとんど手を出さなかった。


7月5日
地元の人と話しているとインデアン話が出て、カツだけ大盛りの〔カツカツ〕とか、裏メニューがあるらしい。
〔大盛りの大盛り〕を注文するとルーが足りないとか、地元民の情報は勉強になる。

DSC01673.jpg

インデアンのカツ中辛、カツあと乗せ
カツカレーはカツがルーの上に乗っているのが普通だが、フォークを置かない店なので見た目の配慮もあって上からルーをかけるようにしたのだろう。
ルーと一緒に煮込むチキンやシーフードは別として、ハンバーグなら同じ注文が可能かも知れない。
5段階で2番目の中辛はやや物足りないのでホットオイルをかけ回す。


7月7日

今回は6泊で長かった。
この日は最高気温が35度を超し、外にいると黙っていても汗が吹き出てくる。

DSC01696.jpg

最後の夜は〔まちなか店〕で締めよう。
店に入ると鼻腔をくすぐるカレーの匂いが一層好ましく感じられる。
裏メニューを覚えて親近感が増したのだと思う。

DSC01697.jpg

インデアンのシーフード辛口

DSC01698.jpg

素揚げした茄子とピーマンが美味さを引き立てる。


7月8日

この日も予想最高気温が35度。
7時頃には28度を記録していたはずだ。
ずっと冷房の効いた場所なので救われたが、もし屋外で仕事だったら発狂していただろう。
蕎麦の「一粒」が満員で2組待ち。こうなるとインデアンしかない。
持ち帰り客の受け渡しでホール担当の2名が忙しそうだ。
食べる客も順番待ちがいて捌くのも大変だか、すぐに座れた。

DSC01701.jpg

インデアンのハンバーク辛口、後乗せ。

2日続けて充分に睡眠が取れたので食が進む。
順調に行けば明るいうちに帰宅出来るだろう、



2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食
 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック