P-800E準拠、SV-101/105φ準拠

「断捨離」「モッタイナイ」の案分が難しい。

ユニットは1組だけ残し、以前使っていたコンポやグライコ等々をハードオフに引き取ってもらう。一山400円だった。

DSC00140_20170506085056b7c.jpg

DSC00141_20170506085055597.jpg

使っていない箱も処分。ご近所に薪ストーブの家があるのでこちらでカットして運んだ。
ホームセンターでカットした時の余りも加えると大きな段ボール4箱分!
何らかの形で役立ててもらえるので悔いはない。

サブウーファーの導入によって小口径から低音を稼ぎ出す必要を感じなくなり、箱を作る意欲がかなり減退した。
フルレンジ1発で完結させるとなれば多分12㎝のJSPになると思うし、後は8~10㎝の範囲で入れ替えて聴き比べをするという楽しみが残っている。
そうなるとエンクロージャーの板を厚くするといった事が必要になるが、手持ちのユニットで聴覚上の不満はさほど感じないのでお金を掛けるのは先の話になるだろう。



という事で、残ったユニット2組を生かす取り組み。
当ブログではお馴染みのダイトーボイスF120C85-1、秋月のF77G98-6。

朝から部屋に籠もり、昼食も摂らずに2組作成。

DSC00143_2017050608505520e.jpg

F77G98-6はFostexのP-800E、F120C85-1はコイズミ無線のSV-101/105φの寸法にそれぞれ準拠。
さて、昨年試したF77G98-6の高域改善だが、どうした事か効果が著しい。
箱を替えたからなのか両面テープが落ち着いて硬化した所為なのかは判らないが、「フィンランディア」の冒頭部分に至っては低音弦の弓が擦れる音までしっかり聴きとれるようになっている。30年来聴き続けているCDなのに今まで気付かなかった。


いっぽう、F120C85-1の後部開放型は邪魔になって防寒着の収納箱と化した。
12㎝用としては小さいような気がするが、スビート感があってよろしい。
見た目は貧相だが黒抄紙コーンは解像度が高い。カタログスペックを超えた魅力がこのユニットにはある。

要するに、意地の悪い聴き方をしなければいいのだ。

可変ローパスフィルター

ダラダラと試行錯誤が続くサブウーファーの話。

LP-168HA(現在はLP-168S)は重宝しているものの、帯域調整が効かないのと音量調整が上手く行かないのが難点。
共立のWP-903LPFを通したり、パッシブウーファーのコイルを外して通してみたり、果てにはグラフィックイコライザを使ったり・・・。
電源やスペースを無駄に増やす結果となり、満足しているとは言い難い。

何かいいものはないかとAmazonを漁っていたら、カーステ用のローパスフィルタが4月2日現在で送料込み1,060円。
スープカレー1杯分の価格なのでポチり、某大陸から10日で到着した。

DSC00081_20170413103752d80.jpg

電源は不要。ピンプラグで音源とアンプの間に通すだけ。
固定用のネジ穴が上側なのはカーステ仕様ならでは。

DSC00080_20170413103751cda.jpg

帯域は40~150Hzとなっているが、測定機器が無いので本当かどうか判らない。
でもしっかり効いている。手持ちスピーカーの種類に応じて調整可能だ。
ゲインも正常。LP-168HA側の音量を予め上げておいて、こちらで調整すれば使い勝手が増す。

DSC00083_20170413103751798.jpg

両面テープで接着して使う。

注意しなければならないのは、LP-168HAがサブウーファー専用アンプとなってしまう事で、通常出力側にウーファーを接続してもほとんど音が出ない。

サブウーファー出力付きのアンプと専用のスピーカーといった「資産」の保有が前提となるものの、LP-168HA自体は3,000円程度なので、この機器とハードオフの安い大口径ユニットを組み合わせれば総額5,000円程度で手軽にパッシプ式サブウーファーシステムが完成する。

音質に拘るならそれなりの投資が必要となるが、プアオーディオ派の私にしてみれば満足出来るレベル。
小口径のフルレンジから無理して低音を引き出そうとしても限界がある。
低域はサブウーファーに任せておいて、フルレンジの箱は無難にバスレフ又は密閉型と割り切って色々な種類を楽しむのが方向性としては幸せだろうと思う。

PIONEER S-Z91V


久しぶりにハードオフのジャンクコーナーを見て回る。
狙いは大型のスピーカー箱で、メジャーで寸法を測りスマホ電卓で内容積を割り出す。
高積みの商品を測るのに脚立を借り、隣のスピーカーに手を伸ばした時にヨロケて落っこちそうになった。

DSC00189_201702242139577d0.jpg

今回購入したのは30年前の3ウェイタイプで、PrivateというPIONEERのセパレート型ミニコンポシリーズのもの。

DSC00190_20170224213956908.jpg

裏に〔S-Z91V〕と書かれたシールが貼られ、1985~86年頃の物らしい。
これが1組で540円!
スピーカ線を接続してチェックしたところ、スコーカもツィーターも音が出た。

購入の動機は、
①ウーファーのエッジが布製で硬化しておらず、しかも23㎝の大口径なのでサブウーファー用途に向いている。
②昨年友人より譲り受けたFOSTEX FE207の活用法を考えていたところ、1992年頃に発売されたE202というエンクロージャーがあったのを知った。同じ22リットルなので転用可能。
③奥行きが浅めなので車載用工具箱などに再利用しやすい。

試聴したところ、ウーファーの口径が大きい分低域の余裕感が魅力。
ただし、イイ感じで鳴らすには音量を上げなければならず、4.2畳の狭い部屋には向かない。

DSC00192_20170224213956544.jpg

という事で当面はスピーカーの置台兼用のサブウーファーとして活躍してもらおう。
口径が大きい分自然な響きになってくれるのがいい。


ところで、Privateといえば中森明菜が出演していたCMを忘れていけない。

1985~86年頃のCM。
定価が214,800円。



1988年の上級機種 Private A5。
明菜がボティコンで踊る。今見るとバブル世代には堪らない映像だ。


後面開放型エンクロージャー ②

再生音が生々しく臨場感も加わる共鳴音は嫌いではない。
でも側板が長かったせいか癖が極端なので、座布団用のウレタンスポンジを詰めてみた。

DSC00001_201612302006162ae.jpg

後方開放型は吸音材の入れ方次第で音の変化が顕著なのが面白い。
色々やってみたところ、アーチ状に覆うこの方法がいいようだ。
密閉状態でも、適度に放出されているから共鳴管の利点は生きている。

DSC00002_201612302006175c8.jpg

高域が足りないような気がしたのでミニコンポのネットワークとツイーターを付けてみた。

ところが、たいした変化は見られず、音に張りが無くなったようなので外す。
コイルが悪さをしたのだろうか?

DSC00009_20161230200617d20.jpg


穴を開けてしまったので、ツイーターを別系統にして音量調整出来るようにした。

DSC00011_20161230200616b71.jpg

聴き出したら止まらない。ストレスなく朗々と鳴るのが素晴らしい。
出ないとされる低音だが、低~中域がしっかり鳴るので不足感がない。
苦心して使えるようにしたサブウーファーは基本的に不要で、高域を補う目的で残してあったALTEC 2.5もお役御免。

バンドで演奏する曲のデモ録音など、解像度が求められる時にTangBandを使う以外、当面はメイン使用となりそうである。
ステレオ初期のワルター/モーツァルト40番や、ジャズ喫茶で流れる生々しい響きなど、忘れていた感動が蘇るようだ。

DSC00013_20161230200615a50.jpg

久しぶりに「黄金のトランペット」を引っ張り出す。

後面開放型エンクロージャー ①

JSP方式 P1000Kサブウーファー化の続き。

DSC00006_20161230165722488.jpg

グラフィックイコライザ→Lepai LP-2020A+→パッシブウーファーのローパスの順に通し、色々いじっているうちに当面使えそうな目途が立った。
グライコがあるのでユニットの特性に合わせて低域の量感・質感も自由に調整出来るようになったのがミソ。
スピーカを購入する際、特に小口径の場合は最低共振周波数(fo)を重要視していたが、カタログデータ上で低ければいいというものではなく、低音に関しては、凡そ100~300Hz辺りの帯域が重要だというのをやっと理解出来た。
ハードオフで540円のグライコに感謝。

少し賢くなると、それまで予定から外していた平面バッフルや後面開放型の自作も視野に入ってくる。

※平面バッフルはコチラ、後面開放型はコチラ

DSC00156.jpg

ダイトーボイスの12㎝フルレンジ、F120C85-1
低音不足を解消しようとJSPに入れてみたのだが、どうやら似合わないという結論に達し、物置の肥やしになっていたユニット。
元々出ない低音を出そうと細工するよりも、スッパリ諦めてサブウーファーで足してやればいい。

広い空間を必要とする平面バッフルはどう見ても自分の部屋には不向き。
平面バッフルの四方両端を折り畳んだ後面開放型なら出来そうだ。

10年以上前に通販で2回買ったワイン5本入りの木箱、あれなんかピッタリだろうと思い付き、物置を探したのに見つからない。
母親が不要の食器なんぞを入れたまま車庫の奥にしまい込んだ可能性が高い。

ネットに出ていた計算式によれば、F120C85-1の最低共振周波数(fo)160Hzを生かすには相当大きな箱を作らなければならず、狭い部屋では非現実的。
16㎝フルレンジで700×900の作例があったので、それを参考にして間口300、高さ500とした。
物置の棚と棚の間隔が46㎝。よって側板(奥行き)は22.5㎝に確定。
ダメ元で作ってみて、本当に駄目だったら穴を塞いで収納箱にすればいい。

平面バッフルも後面開放型も、板が薄いと共振して音が濁るらしい。
プアオーディオ派は高価で硬い板材を買えないので、スピーカの振動を板に伝えない工夫をする必要がある。

DSC00157.jpg

片面接着の硬いスポンジが税込み100円。これが良さそうだ。

DSC00158_201612301657215e2.jpg

5ミリ巾程度にカットして板に貼っていく。
M4ボルトを使用。スピーカのネジ穴をドリルで広げて振幅がネジ山に引っ掛からないように目論む。
隙間がない程度に密着すればいいのでナットは手締めで充分。

DSC00162_201612301657203ca.jpg

完成したので早速聴いてみる。
あっけらかんと鳴って実に心地良い。
確かに低音は出ていないが、ずっと聴いていても物足りなさを感じさせない。

DSC00164.jpg

ただし共鳴によって音にかなり癖が出るので対策が必要。

(続く)

初めてのバスレフ自作 その他

JSP2セット分の余りでバスレフの箱を作ってみた。
バックロードホーン→TQWT→JSPという履歴で今更何を?という感じだが、色々やっているうちに何が何だか訳が解らなくなってくる。
F77G98-6の他にも小口径の在庫が2種類あり、処分するなら一度聴いてからにしよう・・・というのが表向きの理由。
ホームセンターでカットして貰えば隙間の無い箱が出来上がる。
4.2畳の狭い部屋なのでスピーカー径は8~12㎝あれば充分。

DSC00133.jpg

という事で、径の異なるユニットを色々と試せる造りにした。
サイズはFOSTEXのFE87用に準拠した4ℓで、F0値は90Hzに設定。

DSC00132_20161227093411284.jpg

バッフル受け部分を直径90㎜空けたのだが、F77G98-6の角が干渉。
これでは密閉出来ないのでジグソーで四角くカットし直す。

DSC00135.jpg

出来上がり。
箱鳴りの兆候が見られたので吸音材を詰めた。
F77G98-6のモッサリした音は相変わらずだが、まぁこんなものだろう。

容積が広い分、中低域の量感はタップリなのでユニットを選べばもっと小さな口径でもいい結果を出せそうな気がする。
例えばNFJのこれとか、FOSTERのこれとか。


DSC00145_20161227093410166.jpg

一旦は諦めたP1000Kのサブウーファー化だったが、物置にイコライザがあったのを思い出した。
中高域をカットして低域だけ残せばローパスと同じような効果が得られるだろうと目論んだが、そう上手くは行かない。
色々調整し、ローパスアンプの音量をイコライザ側で微調整可能になったのが唯一の収穫。

DSC00146_2016122709341000e.jpg

LP-168HAのトーンつまみとイコライザの調整で何とか聴けるようにはなった。
お金を掛けずに、JSP特有のスッキリした低域だけを残せる術はないものか。

FOSTEX P1000KでJSP

さて、次はFOSTEX P1000K

DSC00120_201612242202402d5.jpg

DSC00121_20161224220240406.jpg

DSC00122_20161224220239b9e.jpg

内容積は230×230×356で19ℓ弱。
同サイズのFOSTEX-FE103Enを見越して作ってみたものの、1個5,000円を軽く超える。プアオーディオ派には遠い夢か・・・。

P1000Kは元々低音が出やすく使い勝手もいい。
JSP特有の濁りの無い響きは格別だ。

ここで、サブウーファー用途を思いつく。

DSC00124_20161224220239cf0.jpg

DSC00125_2016122422023900d.jpg

以前ジャンク購入のサブウーファー(ONKYO SL-07)のローパス部分を箱に入れ、通したところ、ボンヤリした音しか出てこない。
そこで、共立のWP-903LPFを通してみたところ、確かに低音は出るもののドロンとした響き。一度JSPを知ってしまうと使い物にならない。

DSC00123_20161224220238eaf.jpg

TQWTの箱は物置へ。

Tang Band W3-881SJFでJSP

定演も終わり、しばらく土日の仕事もないのでスピーカー自作の虫が騒ぎ出す。

DSC00110_20161218192309362.jpg

スピーカーターミナル10個セットをAmazonで購入。679円。

DSC00102_20161218192310231.jpg

板取図。
JSP方式2組だと相当余りが出るのでバスレフ1組分を追加した。
それでも1枚の半分近くが余る。


先ずはTang Bandの8㎝ユニットW3-881SJF。
内容積は210×210×276で約12ℓを確保。

DSC00111_20161218192309d62.jpg

バッフルと同サイズをジグソーで抜いて鬼目ナットで2箇所留め。
こうすれば機密性も充分。

最低共振周波数(fo)をどの辺に設定するかが悩ましいところ。
カタログでは下が100Hzなので50Hzとした(特に根拠なし)。
ダクト径が30φなので計算式に当てはめると22㎝程度の長さとなる。

DSC00112.jpg

予想通り、スッキリとした空気間のある低音が出るのはJSPならでは。
欲を出し、ダクトを半分にカットしてfo値を70Hzに上げて見たところ、聴いて判るような変化は見られない。
いくらJSPといえども8㎝のスピーカーに過大な期待をするのは考え物。

一晩エイジングした結果、低域がやや伸びるようになった。
さすが評判の高いユニットだけの事はある。

F77G98-6の高域改善

DSC00012_201611232101257b6.jpg

1個300円、2個以上同時購入すると250円という低価格、しかも優れた周波数特性で自作派に大人気の8㎝フルレンジユニットF77G98-6
かくいう私も今までに10個以上購入し、現在8個の在庫がある。
実際聴き続けても耳が疲れないし、BGMとして聴く分には充分だと思う。
ネットを検索するとFOSTEXのP800-Eに入れたりトールボーイのエンクロージャーに入れてメイン使用というケースも見かける。
当初は8㎝とは思えぬ中低域の豊かさが気に入っていたものの、ヴォーカルよりも管弦打楽器の響きを楽しむ音源が多いという事もあり、高域の物足りなさが理由で常用から外れてしまった。
周波数特性はあくまでもカタログ上の事であり、8㎝のフルレンジにツイーターを別付けする訳にはいかない。

昨日、何気に検索していると「万年青年」のつれづれ散歩というブログがヒットし、興味深い記事があったので紹介したい。

つまり、サブコーンを自作して取り付けたところ、このユニットの弱点である高域が著しく改善されたそうである。
拝見すると素材さえあれば誰にでも作れるので自分も挑戦してみる事にした。

DSC00020_20161123210123cea.jpg

友人から譲ってもらったFOSTEX FE207。
口径20㎝で高域をカバーするのは無理なのでセンターにホン型のサブコーンが取り付けられている。

Webmaster氏はこの方法からスタートしたものの目立った改善が見られなかったようで、極めて独創的な「平面式」のサブコーンを思い立つという慧眼。

DSC00011_20161123210124fea.jpg

3日前に使い終えた入浴剤の容器を素材にする。

DSC00013_20161123210124b3a.jpg

紙で30㎜の型を取ってハサミで切り取る。
スポンジ素材の両面テープがあったので5㎜角にカットしてスピーカーのセンターキャップに一点留めしたところ、コーン紙と接触したので両面テープを重ね張りした。
FOSTEX P1000K用のTQWT箱でF77G98-6用に作ったバッフル板が残っていたので取り付けてみたところ、どうも目立った変化は見られない。

DSC00019_20161123210123faa.jpg

スチール製で重く、しかも両面テープが2重張りで振動の伝達効率が悪かったんだろうと察し、直径を25㎜程度にしてみたらシンバルの響きが良くなる等、高域の伸びが明らかになった。
ただし、音量を絞ると元のまま。

DSC00022_20161123210236d6c.jpg

そこで、厚さ0.1㎜のアルミ缶を使ってみる。

DSC00025_2016112321023546b.jpg

底の部分がカップ状になっているので30㎜でもコーン紙に干渉せず好都合。
結果として、やっただけの改善は見られた。
この方法、今後広まる可能性がある。

ただし、情報量や解像度が向上したわけではなく、同じ8㎝のTangBandとの開きは埋めようがないのも事実。
現状の箱ではこのユニットの能力を生かし切れていない可能性も大きいので、サイズに見合ったJSPを試作するなどして素性を見極めた上で今後の使途を考えてみたい。


ラジカセのスピーカーを転用してみる②

DSC00683_20161103205512f13.jpg

今までの工作で余ったベニヤ材から17㎝四方を2枚切り出し、ホールソーとサークルカッターで穴あけ。

DSC00684_20161103205511572.jpg

不覚にもスピーカー用の穴が大き過ぎた。
こういうのは端材などで練習するべきなのだが、それをしなかった。
薄いベニヤ材を裏から充てる事にする。

DSC00685.jpg

隙間を木工ボンドで埋め、乾燥を待ってJSPに収める。
中域が前に出て悪くはないが、高域の繊細さは期待したほど伸びていない。
低域はJSPのお陰でかなり頑張っているものの、締まりがない。
10数年経たジャンク品ラジカセなのでスピーカー自体が古くなっているせいもあるだろう。
ただし、エンクロージャーのお陰でラジカセ本体で聴くよりもずっといい音で鳴っているのは間違いない。
何万円もするラジカセなら、もっとマシなスピーカーを使っているだろうと踏んでいただけに残念な結果となったが、こんなものだろう。
とまれ、これでラジカセのジャンク品に手を出さずに済む。

DSC00686_201611032055112b9.jpg

取り付け穴は76㎜。
以前音場型共鳴管システムを作った時に使用したF77G98-6と一緒なので付けてみる。
スピーカーがこれ1組だけなら常用してもいいが、やはり物足りない。

DSC00687_20161103205511e9c.jpg

という事で元に戻した。
やはりALTEC 2.5"の澄んだ中高域は魅力的だ。
複数のスピーカーを組み合わせるのはある意味イコライザーで調整するのと同じようなもの。
1組で全てを満足させてくれるスピーカーは難しい。

ラジカセのスピーカーを転用してみる①



寒風の中、早めのタイヤ交換。
ギックリ腰の再発に怯えながら2台分を済ませた。
ずっと記事にしてきたのだが、新たな発見もないので今回は無し。
FBにアップしたら3分後にコメントがあり、同じくタイヤ交換の最中にヤッてしまったという同志が1名。
続いて、3台済ませてリタイヤというギャグをくれた方が1名・・・。
作業中は中腰の姿勢が続くから、タイヤを抱えていなくてもやってしまうものだ。

DSC00671.jpg

さて、久しぶりにハードオフに行くとジャンク品のCDラジカセの中に音の良さそうな物を発見。
MD読取不能・操作ボタン不良で540円だったので即買い。
同じ物がもう1台、こちらはMD編集不良で1,080円。欲しいのはスピーカーなので手を出さない。

DSC00672.jpg

パナソニック RX-MDX3
コブラトップという愛称があるようで、裏を見ると98年製造となっている。
メーカーが多機能・高音質を競ったバブルラジカセ時代の延長上のモデルで、CDは問題なく動く。

DSC00678.jpg

ラジカセタイプは現在SONY D-3000があり、これに勝る物はない。
筐体を捨てるには忍びないがスピーカーの取り外しにかかる。

DSC00673.jpg

裏のネジを全て外すと簡単に分かれる。

DSC00674.jpg

抵抗値も記されていない。中国製っぽい。

DSC00675.jpg

埃だらけだったので軽く掃除し、計測すると7.5㎝程度のフルレンジ。
ウレタン製のエッジは大丈夫だ。
ネットで取説を調べると最大出力が5×5Wとなっていた。

DSC00680_20161029205732930.jpg

現在の布陣。
スペース節減のため逆さにするとスピーカーの位置が丁度良くなった。
低域は指向性がないので高さを選ばない。

DSC00681_20161029205732c0c.jpg

セレクター2個で単独・複数と8種類の聴き方が出来、重宝している。

さて、外したスピーカーだが、JSPに入れてみようかと考えている。
ALTEC 2.5"の澄んだ中高域はキットの箱があればいいかなと思うようになってきた。

DSC00676.jpg

ラジカセのスピーカー、どんな音で鳴ってくれるか楽しみだ。
続く。

ALTEC 2.5"ユニット対応 NFJ謹製エンクロージャーキット

このところ、ALTEC 2.5"(64㎜)のJSPをメインに聴く機会が多い。
小さなスピーカーながら耳に刺さらず、澄んだ高域と情報量の多さは1個290円(現在490円)とは思えないほど魅力的だ。
音量を上げれば当然割れるが、狭い部屋では必要充分。

発売元のNFJでこのユニット専用の自作箱キットが売られており、0.7ℓ故に低音は出ないものの、レビューを見た限りでは評判がいいようだ。
3組分の手持ちがあるので、興味を感じて箱だけのキット1,980円をポチリ。

DSC00092.jpg

手前ビニール袋の中はスピーカーターミナル。
吸音材やインシュレーター、紙やすりまで入っているので、自前で必要なのは接着剤のみ。

DSC00093_201607251151142fd.jpg

組立図面は入っていない。
そのうちAmazonで〔作ったけど写真と違う〕とか〔接着剤も入っていないとは不親切〕いったマイナス評価も出て来そうな気がする。

圧着するハタ金はあった方がいいが、少し経って型が安定したらレンガを2つ乗せて圧着。

DSC00094_201607251151133d6.jpg

吸音材をU字型にするとイイというのを後で知った。
もう遅いので上面と側面3つに切り貼りする。


DSC00102_20160725115113bc1.jpg

マニア心をくすぐる?NFJ謹製のスタンプ。手押しとの事。

一夜明けて早速再生。
バーン!という感じで勢い良い音が鳴る。
このサイズで良くぞこれだけ豊かな響きを出すものだと。
ただし低域は出ない。

DSC00100_20160725115114713.jpg

JSPと比較すると低域も音場感もJSPのほうが勝る。
その辺は折込済みなので、単体で完結させるならアンプのToneツマミで調整すれば量感は確保できる。

これを元に自作を考えるなら、やはり容量の大きな箱がお奨め。
容量が大きいと内声部が充実する。
低域をサブウーファーで補うという手もあるが、そこまでするかどうかが悩ましいところ。
ポートを塞ぎ、ツイーターとして大きめのフルレンジと共用するのもいいかもしれない。



FX-AUDIO- TUBE-01J

真空管のラインアンプ(プリアンプ)が4,480円で売られているというので買ってみた。コチラ

真空管といえば中学の時に廃品回収業の家にせっせと出向いてはゴミの中からゼネラルや三洋のAMラジオを見つけ出して100円で譲り受け、切れた管球を補完して合って鳴らして遊んでいたのを思い出す。今でいうリビルト。
その店は今も続いており、オヤジが生きているのを先日確認した。
何度かジュースを御馳走してくれた母さんはお元気かどうかは分からない。

家庭用ラジオでは(トランジスタと比較すると)温もりや緩さといった表現が似合う真空管方式だが、オーディオの世界となると話は違ってきて、実際に聴いてみないとその差は理解出来ないんじゃないかと思う。

売り出した途端に注文が殺到する人気商品にもかかわらず、在庫があった。

DSC00696.jpg

DSC00001_2016070309543256a.jpg

非常にコンパクトで中華アンプよりも小さい。
真空管の光は白っぽく、しかも下部しか光らないので雰囲気はいまいち。

DSC00002_20160703095432f9b.jpg

Lapaiの片方に接続し、同じスピーカーをその都度接続し直して比較試聴。

自分のような駄目耳でも変化はしっかりと感じられた。
倍音が豊かになって漂う臨場感・空気感が違う。
これを通していないと音が薄っぺらく感じられるほどで、骨太な響きがする
ジャズトリオなんかを聴くとシンバル類の繊細さが一層増し、ヴォーカルも生々しい。
飲み代1回分の投資でこの違いだからコスパは非常に高いと言える。

20160665.jpg

現在はALTEC LANSING 2.5"のJSP方式がメイン。とにかくクリアな高域が素晴らしい。
不足がちな中低域はP1000KかW3-881SJFのJSPで補い、7:3の音量割合で聴いている。

ダイトーボイス F120C85-1のJSP(左)は結局ミスマッチでミニコンポ用のスピーカに戻した。
箱を処分してしまうのは勿体ないのでサブウーファーに転用しようかと考えている。

ALTEC LANSING 2.5"(64mm)用JSP方式とバックロードホーン自作


自作関連で参考にさせていただいているとうちゃんの雑記帳に倣い、例によってカラマツの12㎜合板でコンパクトなJSP箱を作る事にした。
他の小口径ユニットでも使えるよう内容積を7ℓ程度とし、当初は180×180×220の予定が、FD値を60程度にしたらダクトのほうが長くなってしまう事に気付き、慌てて板取図を書き直して内寸170×170×250で7.225ℓに落ち着く。

5月21日。
この日の最高気温は28度。昨年8月以来の暑さが何とも心地良い。
車を出し、ガレージを開放して工作する。

DSC00388.jpg

今回も床材用の釘で固定。接合面に木工ボンドを薄く塗って打ち込む。
目立たないしスクリューでガッチリ固定されるので手間が掛からない。

DSC00387.jpg

バッフル受けには鬼目ナットを2か所。
穴を通す際にベニヤが剥がれてしまい、コルクを貼って密閉性を確保。

DSC00390.jpg

完成早々、木工ボンドが乾くのを待ちきれずに鳴らしてみた。
ダクトは内径30φ、箱ギリギリの23.8㎝でFD値は62.9Hzの計算。

低域はTQWTの時よりもスッキリしている。
再生音としてはこちらの方が好ましいのだが、欲を言えば低域から中域にかけてもう少し濃さが欲しいところ。
繋いでいたLP-2020Aのトーン調整で低域を上げると濁ってしまい、JSPを作った意味がない。

そこで、ミニコンポ(ONKYOのFR-X7)とLP-168HAで聴き比べてみたところ、LP-168HAがバランス的にもいい。
ALTEC LANSING 2.5"には高域がユルいアンプが似合うようだ。
煌びやかなLP-2020Aで聴くと耳が疲れる。
JSPは超低域が出ても、ユニットによっては低~中域に物足りなさを感じる傾向にある。
容積の大きさと関係あるのだろうか?



DSC00391.jpg

次はバックロードホーン。
3×6材1枚でJSPとBHが1セット分賄える。

DSC00396.jpg

作業中、LP-168HAでアンナ・モッフォの歌曲を聴いていた。
ソプラノはもとより、オーケストラの響きも素晴らしい。

DSC00392.jpg

組立が終わり、圧着して一休み。
30分ほどで固着したようなので側板を打ち付けて完成。
図面は自作スピーカーで遊ぶ様の小型モデル、5oathに準拠。

DSC00394.jpg

BH特有の鳴きが耳障りで低域は大して伸びないものの、特性のフラット感はJSPを凌ぐ。
昨年最初に作ったBHの感激が蘇った。
とりあえず一晩鳴らしてから吸音材を入れる予定。


ALTEC LANSING 2.5"(64mm)


NFJのカタログを眺めていたらスピーカー切替器が安く売られていたので2個購入した。

DSC00298.jpg

中華アンプを2台使っているのでスピーカー4セットまで使える計算。
裏側で見えないが、スピーカー1台分がソケットで取り外し出来るので便利。

DSC00291.jpg

以前から気になっていたALTEC LANSING 2.5"(64mm)。
1回の注文で9個まで→6個まで→4個までとなり、6月10日をもって取扱い終了。1個290円という価格だったので後学という名目で併せて注文した。

DSC00292_20160506132003865.jpg

チープさが際立つ外観。フチ子さんも不満気だ。
わざわざ合板をカットして箱を作る気になれない。
専用の箱も売られているが、下が190Hzなので低域を出すにはJSPかTQWTが向いているだろう。

DSC00289_20160506132003644.jpg

今回、8㎝フルレンジ専用のTQWT箱を作る事にした。

DSC00290.jpg

床板用の釘がいいようだ。

図面はこちらから拝借したのだが、承諾伺いのメールを出そうにもHOME画面が文字化けして見つけられない。この場をお借りしてお礼申し上げます。
この箱は8㎝対応となっているが、ALTEC LANSING 2.5でもスピーカーの取付け位置さえ間違えなければ問題ないと思う。

DSC00293_201605061320022f9.jpg

箱が完成したので早速取り付けてみると、このサイズからは考えられない堂々とした鳴りっぷり。
中高域が繊細で、低域に至っては先日購入したダイトーボイスF120C85-1よりも量感がある。
だからといって、大きな箱でずっと聴き続けるようなものではない。
サイズに見合った箱で、パソコンの両脇など近い距離でバランスの良い再生音を楽しむ用途が向いている。
工作好きな人なら買っておいて損はないだろう。

DSC00299.jpg

当初の予定通り、TangBand W3-881SJFを入れた。
右隣の箱より一回り小さいものの、低域は充分。

ダイトーボイス F120C85-1

出張やらギックリ腰やらでここ半月ほどプアオーディオとはご無沙汰。

今のところFOSTEX P1000Kを入れたTQWTがメインとなっている。
ミニコンポのスピーカーを流用したJSPは、良く言えば刺激の無い音で鳴ってくれているものの、エッジが硬化していてメリハリが不足気味。

普段聴きする分には不満はないのに、ネットで色々見て回っていると試してみたいユニットが次から次へと出て来るものだ。

DSC00265.jpg

12㎝のフルレンジ、ダイトーボイス F120C85-1
つい先日、もう新しいユニットは買わないと書いておきながら、物欲を優先してしまった。
4月25日現在で税込1個1,711円。コイズミ無線の通販で購入。

中学生の時、近所のゴミ回収屋から譲り受けた真空管ラジオ(三菱とかゼネラルとか)やテレビのスピーカーを思い出す。

12㎝の割には最低共振周波数(fo)が160Hzとかなり高めなのがポイント。
コイズミ無線のカタログに2.7ℓの専用エンクロージャーSV-101/105φというのもあったが、果たしてどんなものだろう?
見た限りのユーザー評価は〔低音は出ないけど音はいい〕そうである。
ならばJSPの箱で低域を引き出せないものか? というのが購入動機だ。

DSC00268_20160430174642d6d.jpg

JSPの場合、12㎝の推奨容積は21~30ℓ。
後で13㎝も対応出来るようギリギリ広げて29ℓを確保した。
ツイーターはそのままにしておく。

DSC00274_20160430174642cb1.jpg

ミニコンポ用とネジ穴がぴったり適合。内部から取り付ける。

最初はダクト長を70Hz付近で調整したところ、やはり低域が伸びていない。
しかし中高域の充実感は噂通りで、音源を選べばそのままでも聴いていられる。

DSC00272_20160430174642dfc.jpg

特にピアノの響きが素晴らしかった。ジャズトリオではウッドベースの響きが実に生々しい。

DSC00275.jpg

ここで実験。
紙筒をカットし、44.7Hzに設定してみたところ、低域がグンと伸びた。
呼び水としてはこの辺が限界か?

マグネットが貧弱なうえにコーンの振幅も小さく、元々foが160Hzのスピーカーなでこの変化は予想外。
超低域は望むべくもないが、バランスよくしっかりと鳴lり、オーケストラもちゃんと聴けるようになった。
正にJSPの面目躍如といったところか。

これからエージングでどう変化していくのかが楽しみだ。

DSC00276_201604301746417a8.jpg

※ 5月1日追記

一晩鳴らし続けたが、音に変化は見られず。

欲を出して共振周波数を少し上げてみた。

DSC00288.jpg

FO値の3分の1程度までが目安というのをどこかのブログで見たのを思い出し、52.6Hzに設定。
低域の迫力が若干増したような気がしたものの、歴然とした差とは言い難い。
それでも通常のバスレフ並みには出ているのではないだろうか?
開閉可能にしていた側板を接着して密閉度を上げれば少しは変化が見られるかもしれない。

※ 2016年12月追記。
後面開放型エンクロージャーで鳴らしてみました。コチラ




FOSTEX FE207

FBに旧知の友人より画像付きのメッセ。
未開封のスピーカーがあり、有効活用してもらえるなら譲ってくれるとの事。
その日のうちに自宅へお邪魔し、3頭の犬と遊んでもらった。

友人は或るホールの音響担当をやっていた経験からスピーカーも幾つか作っている。
マンション暮らしを機に、今はステレオ装置そのものがないそうだ。

12801262.jpg

同梱の説明書には1988年とあったので相当古いものだ。
それが未使用の状態で自分の元に来るとは・・・。緊張する。

12801263.jpg

エッジは透けて見えるほどの布製なので劣化の心配は無い。

12801264.jpg

FE207のエンクロージャー容積は35リットルが推奨。
手頃な設計図があればBHで作ってみたいけれども、最低共振周波数が40Hzなら低域を伸ばす工夫は不要だろうし、そもそも4畳半のスペースでは20cmフルレンジの能力が生かせない。推奨箱で作ったとしても置き台が必要になるし。
誰かに譲りたくても大部屋でガンガン鳴らせるような知人はいないし。

活用の場があるとすれば、指向性を必要としない多目的用途に向くエンクロージャーという線。となると上面取付けのJSPが最適か?
例えばお寺の講堂などの施設で使って貰えるなら友人の厚意が生きる事になるだろう。

高校・大学が一緒で、結婚披露宴で友人代表の挨拶をしてくれた友人。
歌姫の奥さんとも30年以上前からの知り合いだ。
そんな環境で育った息子は、現在売り出し中のプロ指揮者。
来月、札響で振る。


EPSON001.jpg

TQWT+FOSTEX P1000K

DSC00102_20160402104518704.jpg

バッフル板をジグソーでカットし、ネジ穴を合わせる。

DSC00103_201604021047471ca.jpg

低域の伸びもJSP方式と遜色なく、バランスも良いのでメインになりそうだ。
見た目も悪くないので塗装も考えよう。

DSC00101_20160402104518e2c.jpg

あとはJSPをどうするか。
とうちゃんの雑記帳を参考にしてユニットを正面付けにするという方法もあるし、TangBandのW3-881SJFで新たにちゃんとしたJSPを作ってみるのも悪くないし、バックロードホーンに再挑戦する可能性もある。

自作する際に使うユニットの周波数特性というのは意外と大事で、不足する帯域を補うエンクロージャーとの組み合わせが重要だという事が、今頃になってようやく理解出来たような気がする。

新しいスピーカーを買う予定はないので、当面は今ある物で未経験のエンクロージャーを作る事になるだろう。

TQWT

年度末で何かとせわしい。
大学に進む長女が自活する事になり、鍋釜類や身の回り品をリストアップ中。
普通の鍋でも飯を炊けるのに、炊飯器は不要とは言えない。
親としてはバランスの偏りが心配だが、自分なりに工夫して過不足なくやってくれるだろうと期待している。

さて本題。

以前から気になっていたTQWTを作ってみた。
計算方式も確立されていて1日で作成可能。箱の容量が同じでもスピーカーの径が変えられるのも魅力だ。
作例や板取図も多くて迷ったが、TQWTについての適切な説明もあり、8~12㎝のスピーカーに対応可能なVIC`S D.I.Yさんの板取図で作る事とした。

itadori.jpg

3×6の12㎜厚1枚で2台分取れるようになっているが、900×1800規格だと高さが3㎜不足する事となる。
自分で切るにしても1カットにつき3㎜の損失を見ないといけない。
910×1820なら何とか間に合うギリギリサイズなので注意。

20151126_20160328092249fec.jpg

1台分を並べてみた。
巻尺のあたりがスピーカーの位置。
今回はカット料込で2,024円也。この他にM4の鬼目ナットを購入。

20151128_20160328092249583.jpg

ジグソーで切り出してバッフル枠とする。これだけ広ければ組立後に吸音材の調整も可能。

20151130.jpg

完成。
ユニットはTangBand W3-881SJF。
吸音材はスピーカー下の三角部分に熱帯魚水槽用のフィルター1枚のみ。

接着剤が半乾きなのと、側板が仮留め状態による空気漏れなのか、低域が思ったほど伸びていない。
それでも締まった響きが好ましい。
隙間をきちんと塞いで鳴らし込めばそのうち低域も出るようになるだろう。


(4月1日追記)

取り外し可能だった側板を接着し、ガッチリ締め付けて一昼夜。
結果、低域の伸びもそれなりでバランス良く鳴っているのだが、JSP方式を知ってしまうと、もっと低域が欲しくなる。
普通に聴く分には今回のTQWTで充分な筈なのに、中途半端な欲が出てしまうので困る。






スピーカーユニット交換


20151126_201603231509219be.jpg

今年最初に作った音場型共鳴管システム第2号
F77G98-6を1個入れてみたところ、低域不足はかなり解消された。
8個まとめ買いしてあったので全て入れ替えてみる。

20151128_201603231509215f4.jpg

自在錐練習用の板が残っていたので寸法を決め、ジグソーでカット。
意外と時間はかからなかった。

20151129_20160323150921684.jpg

高域のキレがやや落ちてしまうのはF77G98-6の特性なので致し方ないか。
2個ずつにしておけばバランスが良かったかも知れないがやり直すのも面倒。
中華アンプのトーンコントロールで調整する。

臨場感を発揮するのに必要な部屋の面積・高さは不足しているものの、スピーカーを作る上でタブーとされる共鳴音がむしろ心地良く、レンジは狭くても中域が充実しているので聴きやすい。

外したF02406HOが8個残った。場所は取らなくても気になって困る。


お次はJSP

20151131_2016032315092157b.jpg

ONKYOミニコンポ付属のDV-7をJSPの箱に入れてみようと思う。
FOSTEX P1000Kよりも径が一回り大きく、中域の豊かさは勝るが高域の伸びはイマイチという印象。

20151132.jpg

バラしたところ。
ツイーターの磁石が大きくて百均で買った一合升に収まらない。
前面に40㎜の穴を開けてツイーターは中付けにする。

20151133.jpg

ダクトの邪魔にならぬよう、ネットワークはスピーカー端子付近に取付けた。

20151135.jpg

箱が大きくなった分低域は出るものの、それ以外は元の時と大して変わらない。
しかも、ツイーターを付けると上面開放型にした意味がない。
これはP1000Kに戻した方が良さそうだ。

FOSTEX P1000K

2月27日。
山妻と同様、風邪が完全に治り切っていない感じが続いていて耳のほうもイマイチ。
奥の方でゴソゴソするので、土曜日もやっている耳鼻科に問い合わせると、耳掃除だけなら初診料も含め1,000円前後との事。

12745739_541482646013469_764607856621023889_n.jpg

モニターで中を見せてもらうとケシ粒大の耳垢が2~3個見える程度で、吸引して終了した。
ここ1か月ほどの症状を説明し、一応聴力と鼓膜の検査もしてもらう。
徐々に音量が増すテスト音が4種類で、外耳(耳たぶの裏側)でも実施。
それから空気圧で鼓膜を押したり引っ込めたりの密閉度検査。
プリントされた結果、〔高音は普通ですけど低い音の聴力が落ちてますね~、内耳リンパの流れが悪くなってるのかな? 薬出しますから様子見ましょう〕。

20~30代に耳を酷使したので普通の人よりも早く衰えても仕方ないけど、願わくば一時的な症状で済んでほしいものだ。

DSC00053_20160228202858fad.jpg

この日は本番前最後の合奏。
真後ろで鬼のように吹くチューバ2本の聴こえ方がイマイチだったが、症状は改善されているようだ。

スピーカが届いているので、中断していたJSP方式の再開。

DSC00054_20160228202857718.jpg

ついに天下のFOSTEX・・・、感慨もひとしおだ。
2月初めに注文した段階で1個1,944円。
発送が遅れるとの事で、それから2週間後に準備が出来たというお知らせ。
別のショップで1個1,544円に値下げされていたので注文し直した。

DSC00057_20160228202857231.jpg

箱の容積は186×186×550で約19ℓ。
ダクトは内寸3㎝の紙筒が21㎝でF0値は41.1Hz。
低音が過剰なら適宜カットし、好みのバランスに持って行く。紙筒なら加工しやすい。これは耳が治ってからの話となる

DSC00058_201602282028570b8.jpg

TangBandのW3-881SJFと比較すると2センチの余得は確かに感じる。
明らかに中域の情報量が増した。
JSP方式がちゃんと機能しているのかどうかを確かめる術はないが、電気増幅された淀んだ音ではなくスパッと出るのが心地良い。
この音ならサブウーファーの助けは不要。

箱を大きく作ってあるので次はもっと大きいユニットで聴いてみたいものだ。
ところが12~14㎝クラスで安価なユニットとなると選択肢が無きに等しい。
プアオーディオといっても、自分の場合はミニコンポを上回れば充分なので当分はこれでいいかと思う。

DSC00060_20160228202856117.jpg

ユニット3種類で試したところ、ダクトの長さを決める時にユニットのFd値にそれほど拘る事もないように感じた。
自分の場合は40~50Hzの範囲内で15㎝と20㎝の2種類あればいい。
100Hz以下になれば楽器の判別など不可能だから、通常のバスレフよりも自然な低域が出せればJSP方式を実感出来た事になる、と見ている。

JSP方式スピーカ

前回は明らかに失敗作で、無駄に大きなバスレフになってしまった。
バッフル面が正方形でない事や空気漏れの可能性以外にも失敗の原因があるのだろうが、とりあえずセオリー通りに作ってみる。

留意点として、
①空気漏れを起こさないよう真面目に作る。
②バッフル面を正四角形とする。
③2台分を3×6合板1枚以内で収める。

本来の奥行きのある形状は置き場所に困りそうなので今回も縦長型。
ダクトを底に持っていく方法もあるが、JSP効果を優先してスピーカが真上の無指向性タイプにしようと思う。

JSP板取図2

板取り図。
容積は最大30ℓ。計算上は14㎝のユニットまで対応可能な実験箱。

先ずはTangBand W3-881SJFで作ってみる。
箱の容積は内寸186×186×330で約11.4リットル。
背圧を最大限に生かすため中付けとした。

20151126.jpg

東急ハンズで見つけた紙筒。
内径3㎝の1m物が164円と、同サイズ塩ビ管の3分の1と安い。
接着・加工が容易。
紙管の外寸は33ミリ。32ミリのホールソーを使うと隙間無く収まった。
念の為シーリングテープを巻いておく。
18㎝から2cmずつカットし、12cmで落ち着く。

20151127.jpg

しかし、中域の抜け感は相変わらずで按配がよろしくない。

20151128.jpg

F77G98-6を入れてみると、こちらのほうがバランス良く鳴る。
高域の張りはイマイチだが、1個250円のスピーカに期待してはいけない。

20151129.jpg

手頃な板材を探してリフレクターを付ける。

20151131.jpg

翌朝、再びTangBandを今度は外付けにしてみた。意味の無い事だが。

密閉度も問題ないはずだが、どうも期待していた程の鳴りではない。
ダクト長が中高域を支配するわけでもないだろうし。
容積を大きく作ってあるので、注文した10㎝フルレンジが到着したら一応試してみて、それでもダメならこの方式は諦めよう。

※ 2月18日追記

朝起きて聴くと普通の音になっていた。
ずっと微熱が続いていたので耳が変になっていたというのが原因。
中高域がキンキンするので吸音材の投入とポート長の再調整を次の休日に予定している。



大型テレビ用2Way3スピーカー

DSC00255_20160206195943a70.jpg

ススキノにて。
雪祭りが始まった。
用足しのついで大雪像を見る事だって出来るのに、単に寒いという理由で地下街に直行する。そんなものだ。

DSC00272.jpg

硬めのスポンジを入手したのでクリーニングボールを作る。
手前の大玉2個は太いチューニング管用。
普段からこれを通すようにしていると大掃除に時間がかからない。

さて本題。

自作派の諸先輩ブログを眺めていると、秋月電子通商で面白い商品を見つけた。

秋月TVスピーカー

更に調べると、2001年当時のパナソニック製プラズマテレビ(50インチ)の専用付属品だったらしい。
テレビが100万円近くもして相当売れ残ったのだろう。
2本で1,500円と特価品。物欲に負けて買ってしまった。

DSC00260_20160206195942fed.jpg


DSC00262_20160206195941d7d.jpg

サイズは幅100x奥行85×長さ61で重量が2.2㎏。
早速蓋を外してみる。

DSC00266.jpg

右からフルレンジ8㎝(12Ω)、8㎝(8Ω)、5㎝ツイーター、ネットワーク。
エンクロージャーが3:7の割合で仕切られ、両端のダクト径も違う。
しかも8㎝フルレンジの抵抗値も異なる、という具合。
これはスタッガード(スタガード)方式といって、種類の異なるユニット又は容積を同一エンクロージャー内に収める事で特性をフラットに持って行こうというもの。
テレビの横という限られた容積で低域を工面すべく凝った設計となったのだろうが、こうした仕組みの実物は滅多に見られるものではない。

DSC00267_20160206200118c73.jpg

8㎝フルレンジは裸でもいい音がする。そのうち活用法が見つかるだろう。

元通りにして聴いたところ、高域控えめの低域重視でいかにもTV向き。
こもって聴こえるのは見た目の影響もあるだろうし、15年前の物といえども未使用の新品なので一晩エージングしてみる。
翌朝、期待していた程の変化は見られなかった。
大きめの箱に収めればもっと楽に鳴ってくれるのだろうが、このままでもBGM用途としてなら充分使える。

DSC00276_20160206200117481.jpg

M4ボルトを4本で固定するようになっている。
裏板を当てて壁に中空アンカーを埋め込み、天井際に設置してみた。

DSC00274_20160206200117b4b.jpg

次作の材料一式。

BHをバスレフ化

昨年秋にBH(バックロードホーン)作った時、これでスピーカーの自作は当分必要ないだろうと思っていた。
しかし、ヒョンな事から音場型スピーカ(8㎝×4個で16㎝相当の低域再生力)を作り、やはりというか中域に物足りなさを覚えるようになる。
フルレンジ一発の場合、口径10~13㎝が向いているという話をよく目にする。
聴く環境によって色々あるのだろうが、自分の場合にも当てはまるのだろう。
素人設計の拙さがあるにしても、情報の宝庫である中音域を豊かに鳴らすにはユニットのサイズを大きくするのが手っ取り早い。
BH向きの10㎝用スピーカーは高価だし、ド素人を自覚しているので冒険は慎みたい。
他に何かいい方法はないかと検索を続けていると、候補に挙がったのがJSP方式
詳細は開発・販売会社のHPを見ていただくとして、スピーカ径に応じたエンクロージャーの容積やポートの計算式までも公開している事に好感を持った。
重低音というと、何やら無駄に鈍重なイメージを持ってしまいがちだが、自然でクリアな低域が出るらしい。

DSC00225.jpg

DSC00226.jpg

内部の仕切りを撤去したところ(下)。
吸音材の調整用にと側板をネジ留めにしたのだが、こんな展開になるとは・・・。
ホーン開口部を封鎖した場合、内容積は11.9ℓだった。
JSPの場合、8㎝ユニットは10~13ℓ必要なので丁度範囲内。
ちなみに必要な内容積は、ダクトや吸音材を含めてもいい事になっている。

ホームセンターで購入した内径25㎜の塩ビ管は2mが1本732円。
吸音材は熱帯魚水槽の濾過フィルターを使う。
共振周波数(Fd)は11.9ℓの場合、2.5㎝のダクト長さ12㎝×4本で56.4Hz。

DSC00227_20160131211701b5c.jpg

内径25㎜の塩ビ管の外径は32㎜で、ホールソーセットに32㎜径があるので都合がいい。

DSC00228.jpg

取付したところ。

DSC00229_20160131211700e75.jpg

下側はこんな感じ。

さて、早速鳴らしてみたところ、低域が見事に出ない。
一晩鳴らし続けて翌朝聴いても同じだった。

ポート長を短くし過ぎたのかもしれない。
文系的表現を用いれば〔呼び水〕にすらなっていないようだ。
しかも板の厚さを考慮していないので実質11センチ程度というありさま。

DSC00231.jpg

買い足すのが面倒なので4㎝分切って延長してみる。

何という事でしょう、ダクトを伸ばしただけで低音が蘇りました・・・
と、サザエさんもびっくりの変わりようだ。
15㎝のFd値は51Hzと、僅かな差でしかないがこの変化は非常に大きい。

出過ぎ感のあったBHの時よりも軽くなり、バランスは確かに良くなった。
でもJSPを自作された方々のような〔音程感のある低音〕という風でもないので通常バスレフの範囲内と思われる。
困った事に、低域から中域にかけての響きが薄まってしまった。
思い付きの変造はロクな事がない。

という事で、満足のいく結果は得られなかったものの、何となく次の目標が見えてきたのが収穫。

※2月1日後記。

低域は出るものの、中域が痩せたままでショボい音に変化はない。
エージングの段階はとうに過ぎており、ダクトの径や長さ以外にも原因がありそうだ。
必要容積が通常バスレフの2倍以上なので、ユニットの駆動力や箱の形状など、方程式を成立させるのは思ったほど簡単ではないのかも知れない。

音場型共鳴管システム 第2号②

DSC00082_20160116200839996.jpg

壊れたスピーカの開口部に手持ちの安いスピーカを付けるといい感じだ。
位相が逆でも低域が増しているのを実感する。

ここに1号機からF77G98-6を移設して低音不足を解決する事を思い付く。
追加注文のF02406HOは第1号機に付ければいい。

20160115_100825720.jpg

さて、この日は検診と免許の更新で仕事はお休み。
3~4年前に出張先で一時停止義務違反で捕まり60分講習。
警官は「ブレーキの踏みが甘かったですね~」、完全停止しないとダメらしい。
それはそうと、バリウム検査の下剤が講習の最中に効き始めて腹がフツフツと煮えている。

20160115_103035606.jpg

1月16日。

DSC00096_2016011620083837b.jpg

第2号機の穴を拡張する作業。
隅にコースレッドを打ち付けて固定し、サークルカッターで抜く。

DSC00097_20160116200837800.jpg

雑になってしまったが見えない部分だからまあいいか。

DSC00098_20160116200837ce3.jpg

1号機には薄いベニヤを上貼りしてF02406HOを移植。

DSC00099_20160116201058e7c.jpg

試聴したところ、第2号機の低域不足が予想以上に改善され、ヒョロ長い筒とは思えないような低音がしっかりと出て安心した。
複数接続すれば出力が落ちる筈なのに、F77G98-6は凄いな。
一方、第1号機は以前との変化が感じられなかった。

自分の好みでは中低域に余裕のある第1号機となるが、第2号機のクリアな響きも捨て難い。
先輩のM氏はYAMAHA NS-1000Mを愛用していると聞いていたので、低音豊かな1号機が向いていると思われる。

手土産持参でパイセンM氏が昼過ぎに来訪。
比較試聴の結果、第1号機を使って貰う事になった。
アンプが故障した際に購入したLepai LP-2020A+を常用しているとの事。
トーンコントロール付きなので問題ないだろう。

帰宅後、FBに紹介されていた。

さっそく持ち帰って聴いてみると、笑っちゃうくらい良い音!
キース・ジャレットのうめき声がリアルです!(そこか! 爆)


悪くない評価を頂けて何よりだ。
Webmaster氏には重ね重ね感謝!

934109_956938024395663_6308621134972701932_n.jpg

〔リアルな音場感〕を得るには部屋の広さや高さといった条件が必要になるが、場所を選ばずに独特の音場感を楽しめるのがこのスピーカーの良さでもある。
しかも設置台が不要なので自由に移動出来るのもいい。

DSC00110_20160117221153f87.jpg

開口部と天井の隙間が僅か75㎜。
塞ぐと共鳴管独特の混然とした響きが失せてしまう。
もっと出したくてカットを考えたが、とりあえず50㎜程度の孔を開けてみようかと思う。

音場型共鳴管システム 第2号①

年末に作成した第1号は、時としてスピーカーの存在感を忘れてしまいそうな響きが新鮮で心地良い
自作バックロードホーンと比較した限りでは高域のキレが及ばないものの、豊かな中域がそれを補い、なんだかんだとメイン使用状態が続いている。

完成後にFBで紹介したところ、コップのフチ子収集家としても有名な高校同窓会の事務局長が興味を示してくれた。
Webmaster氏と同じ寸法・ユニットで作れば狭い部屋でもそれなりの音場効果が得られると思うのだが、70FB02BC が12月29日現在でなんと493円。
結局F02406HOを8個注文し、大晦日に到着した。
完成したら聴き比べて気に入ったほうを使ってもらう事になっている。

DSC00055_20160113195034d28.jpg

外付けするには端子が邪魔するので通すスペースを確保しなければならない。
許されるのは2㎜。うっかり広くしてしまうと密閉度が損なわれる。

DSC00056_20160113195033d48.jpg

そこで、端子を固定するステーをカットしたら何とか入りそうだ。

DSC00060_201601131950335c8.jpg

板材は今回も木目が美しいカラ松合板。ただし反りが多い。

DSC00061_20160113195032b30.jpg

竹ひごダボの準備。反りを抑えるのが役目なので長さは25㎜程度。

DSC00066_201601131950325c8.jpg

仮止めして隙間に木工ボンドを注入し、はた金で固定。そのまま一晩。

DSC00068_201601131950314f6.jpg

翌朝、先ずはスピーカーの取り付け。

DSC00070_20160113195203943.jpg

配線はシリ・パラ接続。
シリアル/パラレル(直並列)接続の略で、コチラに説明図が出ているのでご参照の程。

早く終わったので最終組み立てをし、はた金で締め付けて昼まで待つ。
本当は乾くまで待つべきなのだが、どうしても待てないものだ。

DSC00073_201601131952024ef.jpg

やはりというか、低音が不足気味。
コーン紙の振動具合からしても、エージングで改善されるとは思えない。

download_20160112_101136.jpg

一方、家族は精力的に物見遊山に興じている。
こっちは清貧に甘んじているというのに美味い物食いやがって。

せっかく独りなので2階の居間に一式を持ち込んで臨場感の実験。
広さは18畳・天井は2.4m。壁から1mほど離して聴くと確かにそれらしい響きがする。
2セットを比較した限りでは、高域に伸びがある第2号が空気感で勝る。
低域も豊かで聴き続けても疲れない1号機と煌びやかな再生音の2号機。
欲を言えば、それぞれの特長を互いに加味出来ればほぼ互角となり、あとは聴く側の好みという事になるだろう。

DSC00081.jpg

安ワインを飲みながらCDを色々聞いたりしているうちにアクシデント発生。
部屋を移動中、コードが足にもつれて左側のスピーカを倒してしまった。

DSC00079.jpg

衝撃で2個分のエッジが潰れた。修復は不可能だろう。
すぐに追加注文をする。
週末まで間に合うだろうか・・・?

続く。




音場型共鳴管システム②

12月29日。

自宅の駐車スペースは縦列2台分で約17畳ある。
氷点下の外気と大して変わらない状況で鳴らしてみた。

DSC00021_20151229172759b0c.jpg

使っていないミニコンポを出し、奥の壁から1mほど離して設置。
確かに4.2畳の部屋よりは臨場感が増した。
先に書いた通り、単独~少人数の演奏でのリアル感は大したものだ。
〔生音を聴いているような〕感じには及ばないが、2台のスピーカーからというのではなく、微妙な位相のズレが影響し合って周囲の空間が混然と響いているという印象。
音楽ホールのモヤッとした空気感が出ているように思う。
天井が高ければ音場感が更に増すに違いない。
家屋の標準的な高さは2.4mで、地下室と駐車場は1.9m。
50㎝のハンデはかなりのものと見た。最上部四方に50ミリ程度の穴を空ければ変わるのだろうか?

DSC00025_201512291727597d8.jpg

良かったものを並べてみた。
バルビローリ卿のブル8(ライヴ)が良かったなぁ~。

DSC00020_2015122917275997c.jpg

2時間近く聴いて凍えたので山岡家の朝ラ~。



音場型共鳴管システム

バックロードホーン自作の過程で試しに購入したF77G98-6が2個余っていたので、正月休みにFOSTEXのP800-Eに入れて聴いてみようと思っていたところ、まさかの入荷待ち(12月20日現在)。

現時点でスピーカーを新たに作る気も起らないのだが、それでも何か面白い用途があればいずれ、という軽い気持ちで自作関連のサイトを見て回ったところ、独創的なスピーカの研究・開発で知られるバスレフ研究所のWebmaster氏が実験機として作成した〔音場型共鳴管システム〕というのが目に留まった。

4方から放出された再生音が部屋の至る所に反射してリスナーの耳に届く。
実はホール(演奏会場)でも同様の事が起こっていて、楽器の殆ど全てが無指向性だから、最終出口のスピーカーを似たような状態にすればその場の音場に近い状態を得られる、というもの。

作成までの経緯や寸法、配線図等は氏が主宰されているスピーカー再生技術研究会でも紹介されている。詳細を確かめたい方は上記の2サイトを参照されたい。

費用は1個200円のフルレンジと杉の端材を使い、かなりの低コストで収まったそうだ。
そうした清々しい姿勢にも共感を覚えて作る気になったものの、2014年当時200円だった70FB02BCは今年の12月20日現在で370円と倍近くに跳ね上がり、送料も(北海道は)1,100円と高いので手が出ない。
せいぜい宅飲み2回分程度の金額でしかないんだけどね・・・。

廉価で似たようなものはないかと秋月電子通商を探すと、F02406HOというのがあった。見たところSONYのCD電蓄に使われていたものと同じようなタイプかと推定されたのでこれが狙い目か?
でも買ってしまうとF77G98-6が2個残ったままとなり、そうなると放っておけず作らずにいられなくなるのが目に見えている。

DSC00271_201512282257432f6.jpg

結局6個注文し、これで8個揃った。

DSC00270_20151228225743e10.jpg

今回も道産カラマツ材の12㎜合板を使う。
コンパネとは違って木目があり、しかも安い(税込1,274円)。
スピーカの外形寸法が8㎝なので95㎜幅とし、8枚取る。
余りは台座に使う。

DSC00005_201512282257428ff.jpg

F77G98-6は内側から取付けるタイプらしく、外から押し込むにはキッチリ71㎜。
こうした部分はいい加減で済まされないから不要のベニヤで練習する。

DSC00006_201512282300007e3.jpg

練習2回目でうまく収まった。ピンボケのサークルカッターが見える。

DSC00007_20151228230204160.jpg

20㎝飛ばしでスピーカの穴を4個。
地下室は部屋の天井が低く、最上開口部の低域が上手く抜けないと困るので上端のカットを想定し、取り付け位置を850、1,150、1,350、1,550とした。

DSC00008_201512282300004f5.jpg

先にスピーカを取り付ける。キッチリ収まるので密閉工作は不要だろう。

DSC00010_2015122823000006a.jpg

ドリルで穴を開け、木工ボンドを塗って竹ひごのダボで固定。

DSC00019_2015122823020328d.jpg

朝9時から作業を開始して夕方に完成した。
木工ボンドが乾くのを待たず、早速聴鳴らしてみる。
最初酷かった低音ボーボーと箱鳴りは一晩のエージングで大体収まった。
懸念していた高域の不足感もない。
F02406HOに未練はあるものの、大して不満を感じさせないバランスの良さだ。
8㎝×4個で16cmに相当の低域特性を得られるそうだが、1個250円のスピーカーがこれほど豊かに鳴り響くのには恐れ入る。

さて、このシステムは聴く部屋を選ぶようで、Webmaster氏の12畳部屋ではその音場感に驚愕した一方で、6畳間ではさほど効果を感じなかったそうだ。

天井が2mに満たない物だらけの4.2畳でどれほどの効果を得られるのか疑問だったが、CDを7~8枚聴いた結果、以下の事が判った。
●狭い部屋でホールや教会の音場感を得るのはやっぱり不可能。
●ピアノやチェロの単独演奏は、スピーカを隣接すると臨場感が増す。
●ジャズのピアノトリオやカルテットは、50~60年代の録音が一層生々しい。

録音時のマイクロフォンと演奏者との距離が影響しているのだろう。

〔音場感〕に限定すれば大体こんなところ。ただし、四方乱反射による微妙な位相のズレが心地良い残響と奥行き感を生み出すので、これに関しては聴く側の好みとなる。
意外にも昭和40年代の歌謡曲が良かった。
浅丘めぐみの〔芽ばえ〕なんぞは40年代標準の残響が立体的に増幅されて感涙モノ。

(続く)

バックロードホーン自作 ⑥

このシリーズもやっと今回で最後となる。

30年以上一緒のバンドで吹いている人がいて、仮にボンさんとしておこう。
冬の寒い時など作業服のドカジャンなんかを普通に着込んで練習に来るようなタイプで、その雰囲気からは理学博士で国公立大の准教授という風には絶対見えない。
定演音源のCD化はボンさんの役目で、イコライザ調整とか色々やってもらっている。

ひと口にオーディオ好きといっても色々あり、詳しくは聞いていないがボンさんの場合は博士だから理論から構築するタイプなので無駄がない。
ハードオフも味方にしてキチンとして物を作り上げるタイプ。
要らなくなったものをヤフオクで処分しているそうで、儲ける事など全く考えない人で、その分野の落札者諸氏からは大いに感謝されているそうな。

先日、バックロードホーンを自作した話をした。
中域が物足りないので8㎝に替えてみたいと話したところ〔そのクラスなら安くていいのが多い、例えば台湾のTangBandとか。色んな種類があるから試してみたら面白いよ〕。
〔8㎝ねぇ~、人間の口の大きさというのが一つの基準になるかも知れんな〕
人の口か・・・何とも含蓄のあるご指摘である。

前段が長くなってしまったが、知らない事に興味を持つのはいい事だ。

バックロードホーンに向くスピーカとなると、やはり磁石が大きくて駆動力が強いタイプがいいようだ。
Fostexはいささか高い。いい音が出ればそれに越した事は無いのだが、ミニコンポと中華アンプが基本のプアオーディオ派としては釣り合いが取れない。
価格も再生音も要はバランス。1個2千円台となるとやはりTang Bandか?

調べると W3-582SCとW3-881SJFというのが良さそうで、価格はW3-582SCが共エレショップで1個2,263円、W3-881SJFはコイズミ無線で同2,649円となっている(2015年11月現在)。
セットで5,000円を超してしまうが、ネット上での評価はW3-881SJFが良さそうなので注文してみた。

003_201512042018021ae.jpg

ヤマト便で到着。
緩衝発泡剤が山ほど入っている。そのうち利用法が思い付くだろうと捨てずに取っておく。こうして狭い部屋はさらに狭くなる。

008_20151204201802917.jpg

磁石がデカくてずっしりと重く、妙に期待感が高まる。

017_201512042019038f3.jpg

ソニーD-2010のスピーカは元に戻して保管。次の出番はあるのだろうか?

010_20151204201801cec.jpg

F77G98-6用に作った台座には通るものの、箱本体は10ミリほど足りない。

013_20151204201801224.jpg

ドリルで穴開けし、ジグソーで削る。
中心点がズレていたのを思い出した。こうした恥ずかしい事もネタにする主義なのでブログも10年続いている。

014_201512042018005d8.jpg

四隅をカットしてお洒落にし、取り付け完了。

015_20151204201800570.jpg

空気室は果たして広いのか狭いのか?
今更直しようがないので、この箱はこれで行くしかない。

ネジ止めして初めて聴いたのが12時過ぎ。

〔ん~、とりあえず満遍なく鳴ってるみたいだけど、期待し過ぎたかな?〕
特に、中低域の鳴り具合がミニコンポ付属スピーカに劣っている。
参った、またイコライザ通すか市販キットを買うか・・・。
ずっと聴き続けだっので少々疲れを覚え、鳴らしたまま居間に戻る。

変化の兆しが見えたのは夕食後で、例えばクナツパーツブッシュ指揮ワーグナーの楽劇≪ヴァルキューレ≫ 第3幕冒頭の雄叫びはガツンと来るし、ジョージ・ロンドンの声も艶が出てきた模様。
他、N・Kコールのヴォーカルなんかも深みがあってヨロシイ。
自分の念力が通じたかのようなエージングは手応え充分で、そのまま一晩鳴らし続けた。

翌朝、中域不足も解消され、低域も必要十分。高域の尖り感もなく、なんとも上品な響きだ。もっと良くなるだろう。

これぞまさにビギナーズラック。
4,900円の中華アンプ+ベニヤ板スピーカーが、ミニコンポを超えた。
しばらくこの組み合わせで聴き続けられそうだ。

028_2015120420190362b.jpg

久し振りに模様替え。ユニットを斜め角にすると聴く場所を択ばないのがいい。

サブウーファーの修理

特に欲しい物もないのにハードオフへ行く。
ジャンクコーナーにアクティヴではない(ローパンアンプが入っていない)ウーファーがあった。音出し確認済で1,620円也。
既に2つも持っているのに、ローパスのコイルが入っているようなので興味に惹かれて買ってしまった。
コイルを巻いて自作した方のブログを拝見すると結構手間が掛かるらしい。

DSC00170.jpg

ONKYO SL-07というモデルで、検索してもヒットしないので古い物だろう。

DSC00171.jpg

3段階調整のツマミで帯域を替えられるのだろうか?

DSC00172.jpg

裏の仕様では25~150Hzの再生域。

DSC00175.jpg

裏蓋を開けると果たしてコイルが付いている。しかも2つという贅沢さ。
専用のスピーカーユニットはONKYO W-1810B。端子が2か所ある。

DSC00181.jpg

Lepai LP-168HA(下の黒いアンプ)のローパスアンプは上の帯域も出てしまうので、100Hz以下しか通さないというWP-903LPF(上)を通している。
ローパスフィルターを3つ通している事になるから当たり前なのだが、超低域しか出ないので邪魔にならずにイイ感じだ。

ところが、ボリュームを上げるとパタパタという異音が発生。
スピーカの取り付けネジが緩んでいたので締め直しても同じ症状。
これはスピーカ本体しかないと思い、外してみるとウレタンのエッジが劣化して裂けていた。
指で引っ張ると簡単にボロボロ落ちてくる。

DSC00179.jpg

さすがはジャンク品。
補修用のエッジを買って直すまでもない。
床に落ちた断片が床に粘着してシンナーで擦らないと取れなくなるし。

そこで、以前購入したPIONEERのサブウーファーが同じ16㎝径なので、1つ外して流用する。

DSC00178.jpg

直付けするとコーンが接触するので12ミリのベニヤ材を間に挟み、木工ボンドで隙間を埋めて取り付け完了。
今のところビビリ音もなく使えている。
むやみに音量が必要な音源は持ち合わせていないし、味の素を耳かき1杯程度の隠し味で充分なのでしばらくは使えるだろう。
もう1台のサブウーファー、ヤマハのNX-SW77は処分する。ただしスピーカは勿体ないので外した。
スピーカーは、近所に工作好きな少年でもいれば喜んで譲ってあげるのだが、いたとしても親が気味悪がるかも知れない。
こうして余計な物がどんどん増えていく・・・。

 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック