はま寿司 札幌月寒店

開店直後で激混みだった前回から半年が経過し、客足も落ち着いた様子なので、タイヤ交換を終えたPOLOを運転して再訪してみる。
それでも駐車場は満杯で3組待ち。
平日の昼間とあって1人客が多く、3分ほどでテーブル席に案内された。

007_20131031153955785.jpg

それほど空腹ではないのでサイドメニューから入る。

008_20131031153955d5b.jpg

マグロの竜田揚げ(105円)。ポテトフライよりもお得感がある。

009_20131031153954372.jpg

鴨そば(262円)。
ダシが効いており、脂が表面を覆っている。
柚子片まで入っていて、そこらの蕎麦屋で食べるよりも美味い。
熱々のつゆを飲んだら汗が噴き出した。

011.jpg

特製漬けマグロの塩ラーメン(294円)。
切り身の下側が加熱で白くなっている。
マグロがスープに何かを与えているわけではない。
普通に美味い塩ラーメンといったところ。
出来たらすぐに運ばなければならないので従業員も大変だ。

010_20131031153954928.jpg

カキフライの軍艦

この店は揚げ物もいいようである。
マヨネーズが多いのもこの店の特徴。〔○○マヨ〕が回っているのを見ると量が多くて手が出ない。

012.jpg

ウニは1貫。不自然にキュウリで胡麻化すよりはずっといい。

013_20131031154230d3e.jpg

結局これだけで腹が一杯になってしまった。2人で1,413円也。

やはり、注文してから出てくるまでの速さは〔魚べい〕、サイドメニューの充実ぶりは〔はま寿司〕だ。

014_20131031154212b60.jpg

こういう単純な意匠を見るといじりたくて仕方がない。


020_20131031154211cfe.jpg
2013年10月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | 寿司

タイヤ交換

10月30日。
代休を取得し、例年より早くタイヤ交換を済ませる。
昨年はギックリ腰をやったので、入念に準備体操をしてから作業に入る。

001_201310311135060a2.jpg

トラヴィックの前輪。
ディスクパッドは車検引き渡し時に交換済みだが、ローターがかなり摩耗している。
走行距離が少ないせいか、整備記録を見ると一度も交換された形跡がない。
来年9月の12か月点検まで持ってくれればいいが・・・。

002_20131031113506d25.jpg

表面の錆ブラシで落とし、汎用グリスを多めに塗っておく。
LEONISのホイールはかなりキツいので、こうしておかないと来春に苦労する。

2010年12月に購入したMICHELINも4シーズン目となるが、今冬は何とか持ちそうだ。

005_201310311135067ef.jpg

内側も洗っておく。
高圧洗浄機で大抵の汚れは落ちるものの、細かい部分は手作業となる。
前期純正ホイールの辛いところだ。

006_20131031113505113.jpg

夏タイヤを乾燥させている間に空気圧のチェック。
4本とも1.8前後まで落ちていたので、スタンドで給油したついでに2.3まで補充しておく。


015_2013103111350564a.jpg

続いて山妻のPOLO。
走行33,000キロでもパッドの残量は充分。ローターも問題ないようだ。

017_20131031113505a4a.jpg

同じドイツ車ながらブレーキダストが少ないので高圧洗浄機だけで済む。
こちらも近所のスタンドで給油ついでにエア補充。



2013年10月31日 | Comments(2) | Trackback(0) | 車関係

Z-ONE 北海道オフ開催

10月27日。

集合場所の三笠道の駅に到着したのが13時過ぎ。
時間があるので隣のイオンで時間を潰し、10分前に向かうと既に2台停っていた。
1台、また1台と集まり、今回は全部で7台が集合。

画像 229

手前から〔紅の猪~前期SL〕、〔moemasa~後期S〕、〔私~後期C〕、
〔たていし~今年前期LからCX5に乗り替え〕、〔カブ~後期S〕、
〔南8条~後期S〕、〔Abe~ザフィーラ〕。
※ 敬称略
前期は1台のみとなった。発売から12年、やはり時の経過を感じさせる。

画像 231

各車ごとの微妙な違いを見学しながら語り合うメンバー達。

画像 236

唯一、OPEL ZAFILAの Abe号。
北海道のオフ会で本物の(笑)ザフィーラが参加するのは多分これが初めて。

画像 234

moemasa号は珍しいポーラーシーブルー。
後期のホイールは掃除が楽で、この雰囲気もいい。

画像 237

オカルトグッズに埋め尽くされた紅の猪号。
ご本人はあくまでも面白半分。効果に期待している風でもなさそうだし、実際これといった効果はないらしい。


晴天だったが風が強くて寒い。
それでもあっという間に時間が経過し、遠くから来たり、家族連れのメンバーが中座していく。

画像 239

この期に及んでカブ号の後期アルミを、紅猪号の前期と交換。
密かに狙っていたのだが、先日色々頂いたので言い出せなかった・・・。

販売終了から9年経ち、次第に数が少なくなる中でもオフ会。
しかし、これだけ集まれば来年も可能だろう。
みんな決して若いとはいえない年代になった事だし、次回はもっと暖かい時期に開催したい。
2013年10月30日 | Comments(2) | Trackback(0) | 車関係

かあちゃんのラーメン屋、松龍

10月27日。

昼過ぎに三笠で車のオフ会があるので12時前に家を出る。
札幌は雨だったが、江別を過ぎてから晴天になる。

004_201310280925137ef.jpg

上幌向国道沿い、かあちゃんのラーメン屋
スーパーハウスに褪色した暖簾がはためく。
旭川方面に向かう際に気になっていたものの、昼時ではなかったりして素通りが続いていた。

001_20131028092512960.jpg

スーパーハウスを連結したような細長い店舗の右奥が厨房で、客席スペースは10人座れる対面式テーブルが2台。
奥行きが1間半で鰻の寝床の様相。
しかも品書きの左側に〔うな重〕がある。
先客も後から来た客も味噌ラーメンを注文していた。

数分後、呼ばれて配膳台に行き、その場で支払いを済ませる。
ここはセルフ方式の店だ。

002_20131028092512295.jpg

醤油ラーメン 500円
生姜の風味が香る昔風で、ややしょっぱめ。

003_201310280925122cd.jpg

厨房に西山の暖簾があったが、表の暖簾は小林製麺だったので見た感じからしてもそうだろう。
歯応えが良くて美味かった。


さて、そのまま岩見沢方面に向かい、右折して農道を走ると左手に三井グリーンランドの観覧車が見える。
こんな所に飲食店があるのだろうかと不安になり始めた頃、右手に幟が見えてくる。

005_20131028092511049.jpg

松龍
壁に貼られた新聞記事を見ると、食肉卸・加工をしている会社のようだ。

006_2013102809251114d.jpg

客は家族連れが3組で、それぞれが盛大に焼肉をやっている。

008_201310280926288a3.jpg

ラーメン 550円。

010_20131028092628f81.jpg

豚骨でしっかりダシが取られ、味が濃い目で美味い。

009_20131028092700ca6.jpg

麺は〔業務用4食入り〕の1.5玉分で中細。西山かな?
〆で注文する客には1玉分で供するのだろうか?

ラーメン客が自分一人というアウェイ感もさることながら、こんな田園地帯にポツンと店があり、しかも繁盛している情景はかなりシュールだった。






喫茶たんぽぽ

21日より恵庭市内の某駐屯地へ通いの出張。

補給所ではなく補給処と書く。支所は支処。
普段〔お食事処〕という用い方しか知らない民間人にとっては違和感が伴うものだが、検問を通ってから中の人達と仲良くなればどうでもよくなる。

画像 161

21日は座学。
教場は土禁になっていて、廊下でスリッパに履き替える・・・のではなく、

画像 159

外靴用のスリッパ。
隊員は革の半長靴が基本で、きつく縛った紐を解くのが面倒なのでこうしたスリッパを用いる。

画像 163

お昼は厚生センター。意外と狭い。
駐屯地の規模からして食堂は2ヶ所あるだろうと踏んでいたが、工場や検査場といった大きな建物が多いだけで、人の数はそれほどでもない、らしい。

画像 164

21日お昼はAランチ(500円)。
飯の量がポークチャップの貧弱さを補完してくれた。

画像 160

後ろの大きな木箱は、戦車のエンジン格納用。
ちなみに90式戦車だとエンジンだけで約3トンあるらしい。


10月22日。

画像 167

7時過ぎに到着。やや左に小さく見えるのが中央に位置する通信塔で、国道36号を走っていると島松の山間部辺りから時々見る事が出来る。

画像 168

講習風景。作業開始前点検の実演中。
工場勤務の隊員も多く、テストハンマーの使い方も上手い。
やや右側、水色の作業服を着ている受講生は「技官」。

画像 169

この日のお昼は味噌ラーメン(580円)と小ライス(100円)。

熟年夫婦っぽい2名にオバチャン3名という布陣。
鍋でブレンドされたスープを別のオバチャンが味見をし、それから野菜を炒めるという手の込みよう。

画像 170

注文が多い定食類が優先されてかなり待たされたが、果たしてスープは予想していたよりも相当美味かった。

10月23日。

001_2013102515033190e.jpg

隣接敷地の奥に林があり、見る度に紅葉が深まっている。

003_2013102515033189a.jpg

009_201310251503305bc.jpg

歴代の戦車とミサイル。

ところで、どこの駐屯地でも毎日一定時刻になると〔日課号音〕というラッパの音があちこちのスピーカから響き渡る。

メモした内容は以下の通り。

○08:00 後方支援隊の歌(日替わりらしい)
○08:10 ラジオ体操(自衛隊仕様)
○08:15 国旗掲揚(全員気を付け!)
○12:00 昼食
○13:00 午後の課業開始(曲の前半が正露丸と同じ旋律)
○14:00 会報(指示・伝達を行う目安の時刻とか)
○17:00 国旗降下(全員気を付け!)

録音で済ませる所もあるそうだが、こちらの駐屯地では吹き手が何人かいて、交代でマイクを前に生演奏。
音を外したりピッチが奔放だったりと、最初は聴くのが辛かったが、そのうちに慣れる。
信号ラッパの調性は普段聴き慣れているB♭ではなく、G~Aのようだ。
大学時代の友人がここに事務官として勤務していて、その辺を訊こうと思っていたものの、ついに会えずじまいだった。

016.jpg

この日は醤油ラーメン(550円)。
ちゃんとダシを取ってあり、化調控えめ。
しかも脂がやや多めというのが嬉しいではないか。


10月24日。

017.jpg

受講者のチャリ。
こんなオンボロでもちゃんと所有者を識別出来るプレートが付いている。
厚生センターへの買い物で2、3回借用した。

015.jpg

昭和28年建造の工場。
上の窓部分は明かり取り用。

014.jpg

場所柄いかにも、という貼り紙。今回最も目を引いた1枚。

018.jpg

最終日はAランチ 500円。
結局これが一番早い。
ザンギの量に参った。
2013年10月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

家ラーメン

10月19日。

前日の21時頃、携帯にメール。
バンドの団員からで、「今、札幌ですか?」
「そうだよ」と返して続きを待ったものの音沙汰なし。

そういえば、19時頃に生牡蠣を肴に飲んでいる風の画像がFBにアップされていたのを思い出した。
札幌の住民に「今、札幌ですか?」というメール内容と生牡蠣がどうしても繋がらず、「どうしたの?」と再び送り、そのまま寝てしまった。
翌朝確認すると、「バンドのメンバーと飲んでいるので来れないか?」というメールが入っていた。謎のメールから1時間も後に。


さて本題。

山妻が所用で出掛け、長女が次女を連れてプール教室。
お昼を頼まれる。

画像

商品名が〔昔食べたあの・・・醤油ラーメン〕
製造元は室蘭製麺で、生協宅配のトドック限定商品
他に塩味もあり、割とアッサリしているので好みの味にしやすい。

1玉110gなので、5人だと8玉必要。
珍しく長女も家にいるし、次女も1人前食べるようになったので丁度良い分量。
大鍋2つに分けて茹でた。低加水の細麺で2分。

画像 126

出来上がり。
麺が伸び易いのが難だが、中々美味いラーメンだ。

画像 127

この後、次女を連れて近くの公園に行く。

画像 129

画像 131

紅葉はまだ10日ほど早いようだ。


がんてつ 札幌駅西口店

強調文10月15日。
仕事で東京から来た2名をお出迎え。

001_20131017153011b3a.jpg

西口の〔根室食堂〕。

005_20131017153011c69.jpg

東京と違って鮭の刺身が感動的に美味いらしく、追加した。
内地人には馴染が薄いザンギやメフンも注文し、こっちも二合徳利を3本ほど空け・・・。
精算を済ませ、麺狂上司の案内で近くのラーメン店へ行く。

006.jpg

醤油 730円。

殆ど記憶はないのだが、帯広系統の豚の香りが漂うスープだったのかと。
飲んだ後のラーメンは1年ぶりか?
失われたグリコーゲンを補うにはもってこいだ。
濃いスープをほとんど飲み干したものと思われる。

かつ平


厚別西のディスカウントストアで買い物を済ませると11時を回っていた。
家には誰もいないので、付近で昼食を済ませる事にした。

画像 119

11時29分。店主が暖簾を出している最中に到着。
なんだかんだと4年ぶり。
旭川方面へ向かう時は国道275号を通るのですっかりご無沙汰だ。

自分のすぐ後に常連らしきオッサン客が数名、立て続けに入店する。

画像 113

〔かっ平〕なのか〔かつ平〕なのか、それはともかく『かつぺい』という読みには違和感を覚える。

画像 114

塩ラーメン

麺はやや少なめに感じるのは単に腹が減っている所為か?

画像 116

スパイシーな挽肉にも三平らしさが漂う。

画像 117

鉄火(大辛)

画像 118

表層の辛い部分を掬ってから、赤味噌が香るスープをじっくり味わう。

「2杯も注文してくれたので辛さをサービスしましたけど、食べるのを見てると全然辛そうじゃありませんでしたね」

そんな事はない、汗が吹き出て目に染みるほどだった。

かすり傷を誤魔化す

朝晩の冷え込みが厳しくなってきた。
風邪気味だったので早く寝たら6時に目が覚める。
部活の娘を学校まで送り届け、軽く洗車をしてから作業に入る。
2代目トラヴィックのかすり傷のメンテ。

9年落ちながら、赤ボディ特有の褪色もなく、意地悪くチェックしないと気付かないほどのコンディション。室内も同様で、一体どうやったらこんな綺麗な状態を維持出来るのかと不思議に思うほどだ。
スーパーの駐車場にしても、わざわざ遠くの空いている場所に停めるといった事を続けなければこうは行かないだろう。

それでも、よく見ると髪の毛のような細いかすり傷がドア周辺に数箇所。
そのままでも目立たないのだが、せっかくタッチペンを買ったので数日前に何箇所か盛っておいた。

panelimg2_2013101419183766b.jpg

マスキング画像。
乗り降りの際に手荷物があると、簡単に傷がついてしまうものだ。

画像 110

ラッカー薄め液を染ました布で盛り上がった箇所を馴らそうと試みたのだが、簡単にはいかない。
コンパウンドで擦ると元々の塗装を削ってしまうので、この作業は諦める。

画像 112

ここでキズクリアー登場。

傷にタッチペンを少々盛り、ラッカー薄め液を染ました布で擦って目立たなくし、乾いたところでキズクリアーを施工。
傷補修の正しいやり方はあるのだろうけど、熱中し出すとトコトンやってしまう性分なのでやめておく。
目立たなくなればそれでいい。

panelimg_201310141918361f6.jpg

先週、カブさんから戴いたエンドマフラーを洗い、防錆処置。
ステー以外は錆なしの極上品。
使うのは何年先になるだろうか?。

2013年10月14日 | Comments(2) | Trackback(0) | 車関係

信濃中吹奏楽部OBバンド 第5回 定期演奏会

10月13日。

マンボウさんが所属するバンドの演奏会に行ってきた。
第2回の記事。

画像 084

今回は娘と一緒。高校ブラバンの定演で同じ曲をやるらしい。

駐車場所探しに苦労したが、神秘的な手法ですぐ近くに停められた。
ほぼ満員の客席も、なんとか後ろに2席確保。

第1部

・序曲「バラの謝肉祭」
・天国の島
・マンタ・スクランブル
・空の回廊

第2部
・ブルースカイカーニバル
・サマータイム Brass Rock
・サムシング
・サザンオールスターズ・ヒットメドレー
・ジャパニーズ・グラフティーXVⅢ(アニメヒーロー大集合!)
・踊りあかそう
・カーペンターズ・フォーエバー


画像 083

第1部はOBが中学の頃の顧問、松岡先生の指揮。
お馴染みの「バラの謝肉祭」の他はポップス調の曲が多く、個人的にはラストの「空の回廊」が一番良かった。

画像 085

いよいよ第2部。
副指揮者の斎藤氏がお話していた通り、このバンドの醍醐味は「第2部」。

「サマータイム Brass Rock」では何故かサーカスの「Mr.サマーサイム」の伴奏が始まり、後ろからサーカスならぬ「パーカス」が歌いながらステージへ。

画像 090

うわっ!TUBA職人さん・・・。歌わせても上手いし、「ジェジェジェ!」がキマる。
こうしたコント仕立てはいつ見ても楽しいものだ。

画像 092

ユーフォ奏者憧れの「サムシング」。普段はトロンボーンを吹いていらっしゃる方だろうか?

画像 097

恒例、マンボウ氏 ソロを吹く2013、、、、と、今回は鬼太郎バージョン。
札幌ラーメンコンシェルジュの意外な一面・・・。

画像 102

ハイノートヒッターの助っ人氏。「遥かなる影」でフュルーゲルホルンを吹く。
ハーブ・アルパートの吹き方そのまま!

松岡先生が赴任以前にバンドの礎を築いていただいた当時の顧問が見えていたり、転勤で札幌を去る団員に花束が贈呈されたりと、やはりこのバンドならではの歴史を感じさせる。
一言で表せば「感謝の念」。
ホール全体が温かい雰囲気に包まれる中、いよいよアンコール。

皆さん、お疲れ様でした。


画像 103
2013年10月14日 | Comments(2) | Trackback(0) | 吹奏楽

一時停止の取締まり

近所の小学校付近にて。
割と交通量の多い道だが、脇道が急勾配で、坂を上がってくる車のために一時停止となっている。
見えない場所にミニパトが隠れていた。



1名乗車。
これが普通車で2人乗っていれば、車軸が完全に止まってないとか何とかで追跡され、違反切符を切らされる可能性が高い。
私自身、出張先の帯広で完全停止せずに捕まった経験がある。
〔ブレーキの効きが甘かったですね~〕
当地でパトカーが街中で信号無視したのを通報されて新聞沙汰になったすぐ後の事なので言い返してやろうかと思ったが、そこはグッと堪えてサインした。

さんぱち 東北通店

今日は次女の参観日。
開校時に6年生だったので1年間しかいなかったが、母校というのは懐かしいものだ。
児童数は当時と変わらないものの、第2次ベビーブームの頃(30年ほど前)に増築され、学年2クラスが3クラスに分散されて1クラス20数名。
机の配置も扇形になっていた。

狭い教室がジジババ達でゴッタ返すだろうという予想に反し、見学者は10数名だった。

画像 071

授業が終わってから体育館で吹奏楽部の演奏。懐かしい。
隣接学区の中学校の吹奏楽部も数曲演奏。

11時50分に終了し、お昼は久し振りに近所の〔さんぱち〕。

画像 077

約10ヶ月ぶりとなる。

週末とあってかなり混雑していた。
各メニューの価格が端数を廃して見易い。

画像 072

お子様ラーメン300円
土曜割引、通常は450円。
この孔の空いた蓮華、味の三平で挽肉を掬うのに使いたいものだ。

画像 075

昔風ラーメン 700円

画像 074

味噌ラーメン 700円


割り箸が樹脂製になり、5人いたスタッフが3人になり・・・。
どの業界も大変だが、昔からいるここの店長は以前と変わらず笑顔を絶やす事はない。

妻と次女は実家に行き、帰りは月曜になるそうだから、明日か明後日に秋メニューの辛いヤツでも食ってみようか・・・。

合奏 131006

10月6日。

天気が良かったので白石区の川下公園へ行く。
遊具で一通り遊ばせてから公園内の施設〔リラックスプラザ〕へ。

">020.jpg

名物? 2階の〔健康歩道〕。2か所ある。

021_20131007165942877.jpg

次女が指差す尖った石が痛いのなんのって・・・。
手摺に掴ってヒイヒイ言いながら歩き終えると汗が出る。

帰宅してから昼寝をし、悪夢にうなされた所為で楽器を積み忘れて3kmほど走行し、慌てて戻る。

022.jpg

この日は常任指揮者の下での合奏。参加者22名。

今回は第2部をA.リードの曲で固める事で大筋決定。

025.jpg

J.A.コーディル 〔吹奏楽のための民話〕
第1部ので時間に余裕があれば入れる予定。
割と単調な曲なので、飽きさせずに終えるのが意外と難しそうだ。


023.jpg

ネリベル〔トリティコ〕

こちらは確定。
下のFとかEをスタッカートで鳴らす場面が多い。
AMUSEのユーフォは4番管の抜けも良く、〔ガツン!〕という感じでTb並みに決まるのが気持ちいい。
ノンコンペよりも鳴るんじゃないかと思う程で、こうした楽器に慣れてしまうと、Bessonに戻った時に苦労するかも知れない。


024.jpg

2013年10月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽

ミニオフ

札幌在住で後期トラヴィック(Sパケ)オーナーのカブ氏がこの度降りる事となり、ストックしていたパーツとマフラーを譲ってくれる事となった。
昼過ぎに〔さとらんど〕の駐車場に向かう。
ご本人とお会いするのは9年前の砂川オフ以来。

画像 042

殆どお話した記憶がないものの、彫の深い男前で〔柔和な伊達邦彦〕と覚えていたのですぐに思い出した。

画像 043

マイナーチェンジ後はアルミの形状が異なる。
ホワイトボディに英国Vauxhall仕様が良く似合う。
GMの世界戦略で発売された車なので資本提携したメーカーごとにグリルが異なり、10年前は好きなのを取り寄せるのが可能だった。

画像 044

テールレンズがクリアタイプなのも後期型の特徴。

7万数千キロと距離は伸びておらず、外観も内装もきれいだ。
後部片側のドアロックが効かなくなったりと、小さなトラブルが出始めているようだ。
10年を過ぎると大きなトラブル時にどう対処するか、予算も含めて次車をどうしようかという事案が現実味を帯びてくるのは私も同じだった。
でも私の場合と違って距離数が少ないし、〔次もトラヴィック〕というオーナーは多いから解体業者直行はというのは残念だ。何とかならないものかと思う。

ジャッキアップしてマフラー外しの作業開始。
センターとエンドは2年前に交換したばかりだそうで、ほとんど新品同様。
エンドはすぐに外せたが、センターは今回も鬼門だった。
用意した16ミリのソケットがショートタイプだったのでネジが邪魔して入らず、カブ氏のプラグ用ソケットを借りて何とかボルトを緩めたものの、触媒との接合部が固着していて離れない。
スキル不足を痛感して諦める。

しばし談笑の後、お別れ。

画像 045

目を引くのがバンパー。
エアロ仕様のSパッケージは、段差や冬道の凹凸でフォグが簡単に割れるので、カブ氏はシーズン時にバンパーごと交換。

マフラー手前のプチプチはルーフキャリア。
ウチの車庫でも、付けたまま入りそうだ。

ワイパーはオペルアストラ用。拭き残し対策用に最初からアームを曲げてある。

画像 046

Z-ONEメンバー謹製のATプレート。もちろん非売品。
前述のオフ会で抽選があり、私はグレー色を引き当てた。
黒一色のSパケには合わないので他のメンバーに譲ったのだが、その時欲しいと思っていたのがまさしくコレだったのを、今書いていて思い出した・・・。

自分が知る限り、今年に入ってこの車から決別するのは3人目。
諸般の事情で降りる事になったマニアックな先輩諸氏は、かつての愛車に注いだ愛情を、凝りもせずに同じ車を乗り続ける私に、惜しげもなく託してくれる。
良き車に出会い、素晴らしいオーナーに出会えた、と今回も実感する。
2013年10月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 車関係

冷やしおでん


10月2日。

画像 006

この日は早起きしたので朝ラーメン。

帰ってから、久々の出張自炊。
とはいえ、宿に戻ると何もしたくない事が多いので、材料は日曜日のうちに買ってある。
街中の〔ダイイチ〕でダシ入りのおでん2パックに見切り品の大根、そして酒。

画像 004

かつら剥きと面取り、実質的な作業はこれだけ。
あとは中身を全部鍋に入れ、酒と白だしを加えて弱火でじっくり煮込む。
これが1昨日の仕事。

画像 024

ダシの染みた大根がしみじみ美味い。
食べ終える頃に豆腐を入れ忘れたことに気付いた。

画像 028

21時半になるのを待ってレストランで〔夜鳴きそば〕。
おでんというのは、すぐに腹が減るものだ。
2013年10月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 出張自炊

よし栄寿し

10月になった。
今日から金曜まで屋外の仕事で、早朝に目覚めたら雨が降っている。
無風だったから少しはマシだったものの、先週の天気予報を鵜呑みにして防寒着の類を用意しなかったので寒さを防ぎようがなく、軽く風邪を引いてしまった。朝風呂も良くなかったようだ。

初期の風邪なら〔熱いの〕で体を温めれば何とかなる。

画像 010

画像 012

今回も昭和テイスト溢れる帯広八丁堀の〔よし栄寿し〕。

画像 016

手始めは燗酒にツマミの刺身という、いつものスタイル。

店主と2人きりで四方山話を楽しんでいると、斜向かいのスナックのママが来て、お客用に〔チラシ〕の注文。
長い付き合いなので1,000円で出していると聞いたが、シャリも具も多く、盛り付けに気を使うので採算割れらしく、その店にしか出さないそうだ。

燗酒の2本目が残り少なくなったので、いつものように品書き中最高価の上寿し(900円)を頼み、お茶にしてもらう 。

画像 018

30分も居ただろうか。満足まんぞく・・・。
次回の帯広出張までお元気でおられる事を願う。


画像 023
2013年10月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 寿司
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック