竹老園東家総本店

本日より2泊の釧路出張。
釧路で泊るのは実に9年ぶりとなる。
楽しみにしていた「まるひら」が定休日だったので、老舗の蕎麦屋へ向かう。

P1000043.jpg

15時15分到着。
幣舞橋を過ぎてからはアップダウンが激しくて地図のイメージが霧散してしまった。
カーナビの助けがないと辿り着けなかっただろう。

P1000044.jpg

P1000057.jpg

庭園と座敷側の入り口。庭園には大仏像まである。
この御殿のような店舗は昭和2年に建てられたそう。

明治7年(1874年)初代が小樽で屋台の蕎麦屋を始め、その後函館で開業したものの同40年の函館大火で焼失し、釧路に移転。
ちなみに初代が函館で店を出す前に現在の「丸南本店」で修行していたという記録が残っている。

面白いのは厚岸町の「玉川本店」( 釧路の玉川庵との関係については不明)の初代も同じ頃に「丸南」で修行していたそうで、道東の初代同士が函館で顔を合わせていた可能性がある、と物の本に書いてあった。

P1000050.jpg

テーブル席は40人ほど収容可能で、大きなガラス窓からは庭園が一望できる。

P1000046.jpg

人気メニュー4品で割安な「蕎麦コース」 (2,700円)を注文。

P1000052.jpg

最初に かしわぬ抜き
少し肌寒かったので体が温まる。

P1000049.jpg

ダシが良く出ている。酒を飲みたくなる。

P1000047.jpg

箸と楊枝はテーブルの引き出しにある。

P1000051.jpg

蘭切りそば
上更科粉に卵黄をつなぎとして使ったもの。

P1000053.jpg

茶そば
色が鮮やかなのは東屋名物(?)のクロレラではなく抹茶で色付けしてあるから。
こちらは別に辛めのツユが出てくる。

P1000054.jpg

最後は そば寿司
甘酸っぱく調味されていて、意外と食べ応えがある。
蕎麦の量が少なかったので、これで丁度良い腹按配となった。

P1000056.jpg

やはりこうした店は軽く一杯やりながらノンビリ過ごしたいものだが、この場所じゃ無理だ。

画像 015

レシートはヌキ付コース!!




関連記事
2011年10月12日 | Comments(3) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント
                   v-217
釧路の魚のだしのラーメンの、合わなかったのが思い出でしょうか? 経歴書みたら平成17年、はやいな。帰ったあとその後酸欠事故あったし
芋たこ年金 URL 2011年10月13日 13:29:15 編集
No title
こんばんは。
自分も4月に行きましたが、コースは頼まず、昭和天皇が
お替りを所望したという「蘭切りそば」だけにしてしまい
ました・・・コースのほうがいいですね♪


釧路でしたら是非「三栄軒」にも足を伸ばして欲しかった
かも?
cartman URL 2011年10月15日 18:17:03 編集
No title
>芋たこ年金さん

今回は1軒だけでした。
スケジュールが立込んでいたので残念です。
次回はいつになることやら・・・。

>cartmanさん

再訪はないと思っていたのでコースにして正解でした。
北大通りの東屋が酒肴も出しているので良さそうです。
三栄軒、レトロっぽくていいですね。
funfunfun409 URL 2011年10月16日 11:34:51 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック