自作スワブ(最終章)

今日は家族が先に里帰りしたので、ずっと地下室で過ごした。
楽器を吹いたりCD聴いたりと、誰にも気兼ねせずに自分の世界に浸り、年の瀬なのでユーフォニアムも分解掃除する。
夕飯までやや時間があるので、本年最後の工作。

スワブに関しては苦節4年、こことかこれとか最近ではこことか、チンタラと工夫を重ねたものの、曲った管を通すのに向く、伸縮性と柔軟性が両立した素材が見つけられず、何かいいモノはないものかと探していた。

画像 344

百均で売られているグラスファイバーのハンドモップというかクロス。
商品名を知らないので『イソギンチャクみたいなヤツ』と呼んでいる。
車のインパネの埃取りに使っていたが、伸縮性の素晴しさに着目。

バラしてみると、「触手」は1本の紐を強く縒り合わせた状態になっていて、1列分の長さは2メートルに達する。

画像 345

バルブケーシングの内側から補正管に通す事も出来る。
但し、角の部分で擦れて糸クズが出るので汚れを取った後は水洗いが必要。
両端を結ぶと直径1mの輪。4回畳んで紐で縛ってみた。
実はこれで完成。5分とかからない。

画像 346

画像 347

柔らかいので大した抵抗なしに入ってくれる。
管の内面ではキツキツなのでブラスセイバーに匹敵する拭取り効果があるはずだ。

画像 349

内径が半分程度のマウスピースも通るが、メッキが傷付くのでこれはやめておいたほうがいい。
今まで手付かずだった本体バルブ周りのややこしい補正管も全て掃除する事が出来た。
実に気分がいい。

画像 348

2本(4メートル)束ねてバルブケーシング用(左)。
これはチューバにもそのまま使える。

紐が切れて中に詰まると面倒なので、両側から引っ張れるようにした。

紐は工事現場で垂直を出すのに使う〔下げ振り〕用。
強度は抜群で、管の内部が濡れていてもくっつかない。

画像 006

赤い錘は釣具店で購入。
カラーシンカー ナス 1号。
関連記事
2011年12月30日 | Comments(2) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント
イソギンチャク布
なるほど、なるほど。ん~、良い事を知りましたよ。
紫蘇ラーメンは、まだ試せずにおりますが、この方法での楽器掃除は、新年早々にやってみますね~。(暇ですし)

よいお年を~。
vosstuba URL 2011年12月31日 08:31:35 編集
No title
>vosstubaさん

こういうのは素材が決め手ですね。
これがあればフレキシブルブラシは不要です。
カー用品と同じく、管楽器のメンテナンス用品どれも高過ぎます。
良きお年をお迎えください。
funfunfun409 URL 2011年12月31日 12:42:35 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック