fc2ブログ

大安食堂 静内

昼過ぎまで浦河町で仕事をし、後片付けを終えて静内に入ったのが15時頃。
普段は通過するだけの街なので、明日からの仕事場所やラーメンを出している店の下見をしておく。

P1010438.jpg

P1010423.jpg

大安食堂。 (だいやす)と読む。
国道から駅へ向かう途中、商店もまばらな場所で独特のオーラを放っていた。
美人の奥さんに訊いて向かいの広い駐車場に停める。

P1010426.jpg

こじんまりした店だ。
奥さんがお茶を出し、「タバコは吸いますか?」「イイエ」。
久し振りに新聞を斜め読みしていると店主と思しきオッサンが入ってきて、そのまま厨房に消える。

P1010431.jpg

醤油ラーメン 550円

スープは薄口ながら、独特の香気がある。
見た目よりも多目のラードかも知れない。

P1010436.jpg

最初はちょっと物足りないかな?と感じていたのだが、やがて昆布ダシの旨味が押し寄せてくる。
化学調味料のクドさがないだけで実はかなり濃厚、そして充足感がいつまでも後を引く。
こういうのは初めてなので少なからず感動を覚えた。

スープが約半分の時点で、小3位の男の子が「ただいま~」。
そして私と別の客に「いらっしゃいませ」とそれぞれ深々と頭を下げる。
その声を聞いて美人の奥さんが厨房から顔を出したので、
「息子さんですか?」
「え?」
「いや、今の子」
「・・・孫です」
「ハァ・・・」

続けたかったが、ほどほどにしないと化調よりもクドくなるのでヤメとく。

P1010437.jpg

この町にいる間にまた行く事になるだろう。仕事場からも近い。


3月19日。

後片付けを終えた頃には薄暗くなっていた。
家に着くのが19時半頃になる予定。
松葉は昨年閉店したので、途中で寄るべき店が無い。

静内のスタートが大安食堂だったので、最後もここにしよう。
カアサンに良く似た娘さんも店に出ていた。
カウンタにオッサン客が独り飲んでいる。前回もそうだった。
どうやらカアサン・娘さんと話をするのが楽しいらしい。

画像 426

塩ラーメン 550円。

最初に書いた独特の香気というのは、どうやら玉ねぎとニンニクのようだ。
塩にすると昆布ダシの濃さが一層引き立つ。
食べ終わってもしばらくは胃袋を優しく撫でられるような充足感が続く。
寄り道をしてでも啜りたいラーメンだ。

画像 427

3月17日、日高自動車道 富川IC―門別IC間5.8キロが開通。



関連記事
2012年03月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック