fc2ブログ

味の三平

今日は午後から隣町へ行くので、午前中に雑用を済ませる。
昼から銀行の用事で外出し、4プラの交差点に差し掛かった時、大丸藤井ビルからいつものニンニク臭が漂ってこない。風向きがいつもと違うようだ。
事務用品を買いに2階へ行ったものの、やはり気になるので買い物をせずに4階へ直行。

画像 420

ちょうど客が入れ替わった時で、タイミング良く座れた。

「鉄火の一番辛いやつ!」

画像 417

旅行本を見ていた隣の若い客に「味噌」が運ばれ、目の前の容器を指差し、
「コレ、何でショ?」

「辛味噌です、お好みでどうぞ」
上からそのまま麺を持ち上げているのを見て、
「あ、味噌が沈んでいるので下から掬うといいですよ」と眼鏡の兄さん従業員。

画像 418

理想とする硬さではなかったが、この弾力感はやはり三平ならでは。
音を立てて啜ると咽るので、静かに口に運ぶと熱辛の限界一歩手前。
これが何んとも心地良い。
サウナの灼熱に順応するのに近い。

先客も、後から入った10数名も、今日の客は皆「味噌」を注文していた。
シューマイを一緒に注文する客は3割前後。どうでもいい事だが。

画像 419

今回も水なし。
決して、昔よりも辛さがダウンした事への当て付けではない。
この店で最初に食べたのが鉄火麺で、連れて来てくれた先輩に、
「十割鉄火は水無し」
というな教えを守っているだけの事。
だから、鉄火でなけれぱ普通に水を飲んでいる。
眩暈と耳鳴りでどうなる事かと思ったあの日から、かれこれ30年になる。

画像 436

ゴム飛び。

どう見ても走り高跳びなので、山妻がお手本を示す。
当然自分もやらされるハメになる。
このトシになって何故、女子供の「ゴム飛び」なのか?
右の太腿が攣ってしまったではないか。



関連記事
コメント
命がけ
お父さんのゴム飛びは、命がけ
ですね。ヒヤリハットです。
よしき URL 2012年03月24日 00:16:04 編集
No title
>よしき先輩

こうした慣れない事をする際はKY(危険予知)のセンスが必要になります。
funfunfun409 URL 2012年03月25日 18:31:10 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック