ネバネバーダ

前回の旭川出張の後半(4月26日の晩)から右の奥歯が腫れ出し、まともに食べられない状態が10日間以上も続いた。
ブログを書かなかったのもそのためで、体重が3キロほど減った。
ずっと食べていないのに一向に腹が減らないという感覚を味わうのは生まれて初めての事だ。
幸い痛みは治まって普通に食べられるようになったが、胃腸と同時に頭の働きまでもが鈍くなってしまい、何もやろうという気が湧かない。

P1020323.jpg

こんな時は納豆を食うに限る。
何かの手助けになるかと思い、小泉武夫先生の著書を持参した。

2009年の講演より

「ネバネバーダ」はNHKテレビの「男の食彩」で紹介されたりして結構知られたレシピなのだそうだ。

P1020317.jpg

材料はこれだけ。但し後片付けが大変。

P1020318.jpg

P1020319.jpg

P1020320.jpg

長芋を摩り下ろし、納豆とナメコを刻み、それに卵を3個を落として充分に撹拌する。

味付けは化学調味料と好みに応じて醤油適宜とあるが、味の素はないので、納豆の醤油パックと醤油で間に合わせた。

P1020321.jpg

お椀にドロ~リと流し込み、刻みネギをたっぷり乗せて一味を振る。

P1020322.jpg

美味いか?と問われると返答に窮する。
淡白な味なので、卵の生臭さが気になれば刻み海苔を入れるとか、アイヌネギの醤油漬けを刻んだものを混ぜ込むとか、応用範囲は広そうだ。

P1020324.jpg

2杯目は鰹パックを一袋。

焼酎のお湯割りをチビチビ飲っているうちにまたお代わりしたくなったので、やはり「美味い」という事なのだろう。
酒肴に良し、どんぶり飯にかけてカッ込むのも良し。


丼に7分目ほど残ったネバネバーダは冷蔵保存して朝食にする。


5月9日

買物公園沿いのラルズは19時30分に閉店するので、1時間前までに入店すれば刺身や惣菜の半額シール争奪戦で勝てる。

P1020334.jpg

目鉢マグロのお造りが127円だった。
小切りにして納豆と和えるという方法もあったが、マグロだけで楽しみたい。




関連記事
2012年05月09日 | Comments(2) | Trackback(0) | 出張自炊
コメント
たいへんでしたね。
腫れた原因はわかりましたか?
よしき URL 2012年05月09日 20:37:24 編集
No title
>よしき先輩

歯医者に行けなくてアレなんですが、リンパ腺も腫れたので過労気味だったと思います。
funfunfun409 URL 2012年05月09日 21:16:16 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック