愛車のリフレッシュプラン

今年で10年目を迎え、間もなく16万キロに達する愛車トラヴィック。

そろそろ買い替えを考えなければいけない時期だろうが、これといった代替車が見つからず、家計も厳しいのでトコトン乗り続けるしかないだろう。

車検と12ヶ月点検はずっとスバルで実施していて、今までにこれといった不満はない。
しかし10万キロを過ぎた辺りから、車検を通す以外に、長く乗り続けるための予備的なチェックも必要と思えるようになってきた。

VWのディーラーには「リフレッシュプラン」というのがある。
元々ボディ剛性が高い欧州車ならではの考えで、消耗品を交換しながら末永く乗り続けるという考えに基づくもの。
日本には元々そうした思想がなく、しかもトラヴィックはOEM車なので作業する側も場数を踏んでいないので歓迎されないだろう。

延長保証が終了して既に3年経過した事もあり、旧知のトラヴィックオーナーであるわかはなだ氏にお願いして外車を専門に扱うショップを紹介していただいた。

画像 538

(有)プロジェクトウェイの所在地は白石区菊水上町。
古い雑穀倉庫を改造した工場にはBMWと年代物のポルシェ。

画像 537

レーシングチームをやっていたそうで、完全優勝した事もあるとか。
「昔の話ですけどね」。

早速社長が同乗し、付近を走行して足回りのヘタリ具合をチェック。
「ハイ、大体わかりました」。

画像 540

画像 539


リフトアップして下回りの点検。

P1020422.jpg

何と、燃料フィルターからガソリンが染み出ていた。
翌日の未明、この部分からダダ漏れするという悪夢にうなされる。

左前輪ロアアームのボールジョイントが磨耗し、タイヤをゆすると5ミリほどカタカタ動くので要交換。
凹凸の多い道でハンドルを切った時のガタツキ感はここが原因だった。
ちなみにタイロットエンドは異状なし。

ショックをボディに固定する部分に挟むゴムも交換。
10万キロに達する前からヤケに硬くなったような感じがしたので、ショックが抜けたんじゃないかとビル足換装をお願いしたショップに訊くと「ビルシュタインは5万や10万走ったぐらいで抜ける事なんて有り得ない」という回答。
ショックが吸収する前に路面の凹凸がにモロに伝わるという症状は、どうやらマウントゴムの硬化が原因のようだ。

2~3月は出張続きで12ヶ月点検に出せなかったのでオイルとエレメント交換、予約を入れた翌日に突然動かなくなった後ろ右窓の点検、そしてPOLO山妻号の夏用ワイパーの替えゴムを取り寄せてもらう。

続く。
関連記事
2012年05月18日 | Comments(3) | Trackback(0) | 車関係
コメント
No title
ご無沙汰してます、たていしです。
うちの車も今秋で10年目9万キロですが、子供の進学や次の候補がなかなか無いことで、まだ暫く乗るつもりでございます。
5年ほど前ですが、私もわかはなだ氏の紹介でこの店でビル足にしました。
ビル足にしてから4万キロ程度なのでショック自体はまだまだでしょうが、足回りで気になるところが幾らかありまして、
これを見て、またお世話になろうかと考えてます。
たていし URL 2012年05月19日 09:42:02 編集
くるまねたです。
実は最近近所の中古車やにザフィーラのシルバーを発見!ちょい気になりますなー。
TUBA職人 URL 2012年05月20日 00:16:46 編集
No title
>たていしさん

大変ご無沙汰しています。
本日帰りに預けに寄ります。
作業自体は1日で終わるそうです。
この先何キロ走るかで整備点検の内容も色々だそうですが、今回は安全走行に支障が出そうな部分の交換、プラスαにしてもらいました。
乗り心地がどれだけ改善されるか楽しみです。


>TUBA職人さん

ザフィーラの新車は車輌本体で300万しました。
今は2~30万程度でも入手可能です。
今の車がダメになったら程度の良い中古探そうと思っています。
funfunfun409 URL 2012年05月21日 16:20:42 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック