FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

宝来食堂

最終日は昼で仕事が終わる。
付き合い飯を「かきあげそば」で済ませ、以前から気になっていた店に立ち寄る。

画像 009

宝来食堂
場所は海岸町15-3。函館駅に最も近い踏切手前にあり、犬を飼っている。
何十年も前からやっていそうな外観だ。
カウンタや奥の小上がりはおろか、店全体がモノで埋め尽くされている。
客席はテーブル3脚に椅子12脚。
入口近くに腰掛けると足元にはペットボトルのキャップが詰まったビニール袋。
雑然というよりも乱雑と形容したほうが正しい。
近くの会社に勤める知人が「ほとんど出前専門」と言ったので合点が行く。
何度も出入りしている爺さんが店主なのだろう。声を掛けられなかった。

画像 006

達筆な品書きは、店のオバちゃんによると何度か食べに来た本州の書家が筆耕してくれたそうだ。この中に「関東麺」というのがある。

画像 007

塩ラーメン(450円)。
「薄口の一般的な函館塩ラーメン」という予想が見事に覆された。
豚骨・鶏ガラ・野菜の旨みが渾然と溶け合うスープは「昭和苑」に近く、好みがはっきり分かれるラードの芳香がノスタルジックな気分を一層囃し立てる。
大き目のチャーシュも柔らかくて美味い。

画像 008

硬めに注文した麺はやや太め。
店中くまなく探したが、麺屋を特定出来るカレンダー等を見つけ出せなかった。


最後の最後でヤラレた。思いもよらぬ「サヨナラホームラン」。
釣りの50円玉を握り締め、複雑な気分で店を後にし、札幌へ向かう。

画像 010

「オイ、人サマを尻で見送るとは何事だ!」
「コラッ、断りもせず尻を撮るとは何事だ!」


※ 2018年6月追記。

20180433.jpg

久しぶりに前を通ったので撮影。
訪問して2~3年後に閉店したような記憶がある。


関連記事
2008年09月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。