コプラッシュ 60のエチュード(トロンボーン)

P1050111.jpg

Kopprasch 60 Etudes for Trombone

輸入版は2冊に分かれていて、ヤマハでは各1,200円だった。
全音から日本語版が出ていて、60曲が1冊にまとめられていて1,600円。

このエチュードは音大の入学試験に用いられる事が多いらしい。
ちなみに全60曲で音大の1年生程度、受験時には前半(30曲)をこなせる実力が必要という話だ。

P1050112.jpg

3・4曲目。
当然の事ながら、非情にも難易度は増してゆく。
現在の練習時間がこの先も同程度と仮定して、音大を受験出来るレベルに達する頃には多分還暦を過ぎているだろうし、60曲目をクリア出来るのは70過ぎ?
でも加齢による体力・知力の低下を考慮していないから、その前に位牌になっている可能性のほうがずっと高い。

前回紹介したRochut のMelodious Etudes for Tromboneと同様、Youtubeを検索すると多くの方が自身の演奏をアップされているが、日フィル首席奏者の箱山芳樹氏による全曲演奏のCD(2枚組)も販売されている。


さて・・・。

この教則本買ったついでに楽器売り場を徘徊していると、スライドグリスのジェルタイプが売られていたので買ってみた。

P1050114.jpg

グリスは2種類持っていて、軟膏タイプは指が汚れるし、リップスティック型はグリスが硬いので結局指を汚すし、出勤前の練習時に寝呆けて唇に塗布した事がある。
ブラバンの長女は何故か筆箱に入れていて、スティック糊と間違えたらしい。

P1050115.jpg

湾曲したシリコン質の細い穴からジェルがピロッと出る仕組みになっていて、ジェル自体は柔らかいのに粘度が非常に高い。
抜差し時の抵抗感もいい按配なので密閉度も高いと思われる。
普通の楽器なら演奏中に抜けるような事もないだろう。
関連記事
2013年02月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック