じゃずそば放哉

ラーメン1杯だけでは夕食には足りない。
ホテルの〔夜鳴きそば〕で補うのも少々辛いものがある。
〔おでん〕を想定してラーメンポットは持参したものの、余り飲む気にもなれないので、ここは〔じゃずそば放哉〕で完結させよう。前回

画像 026

夜メニューが書かれたイーゼルがもう1脚。
飲むには少し早い時間なので、客はいなかった。

ところで、普段用いる事が少ない〔イーゼル〕という単語を目にすると、決まってドイツの指揮者、H.イッセルシュテット指揮の〔運命〕連想してしまうので困る。

20110706004758993.jpg

学生の頃に諸井誠氏の〔交響曲名盤100〕という本を愛読していたのでLPを買おうと思いつつも〔運命〕は何度も聴いているから後でいいやと、先送りしているうちにそのままになってしまった。

091003-5.jpg

鋭い眼力が、当時テレビ放映されていた〔宇宙大作戦〕のDrマッコイと共通というのも印象に残った理由かと思う。

画像 027

今回はリーズナブルな〔ほろ酔いセット〕にした(1,500円)。

画像 030

お通しは煮物とチーズ系があると言われたのでチーズにしてもらった。
後で蕎麦が出るからこれだけでも充分だ。

画像 031

今回の卵焼きは味加減がやや濃い目。
選べる酒肴は他に6種あるが、自分は揚げ物よりも卵焼きを好む。

画像 032

もう一杯は〔男山〕にしてもらい、半分ほど空いたところで蕎麦を頼む。

画像 033

今回の蕎麦は以前よりも歯応えが増し、香りも一層楽しめたような気がした。
打つ人が違ったり、同じ人でも一定しないようだが、美味い蕎麦であることには変わりがない。
やや太打ちの田舎蕎麦系なので、軽めのツユは好みの分かれるところ。
関連記事
2013年02月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック