遊仁 浦河町

3月11日。
昼になっても気温が上がらない。

画像 105

18時30分。
目的地は宿から250メートル。
浜風が強く、軒先のスルメになったような気分で〔親不孝通り〕を山側に進む。

画像 112

居酒屋 遊仁
店には30代後半と思しきマスターと母親がいた。

画像 108

薄暗くて、いかにも田舎町の居酒屋といった独特な温もりを感じる。

オススメは以前雑誌で紹介された〔ボリボリラーメン〕との事で、その記事を見た客が注文するそうだ。
ちなみにボリボリは〔ナラタケ〕の通称。

画像 109

醤油ラーメン 650円

見た目の黒さとは対照的なまろやか系で、よく味わうとダシを丁寧に取ってあるようだ。
訊くと、薪ストーブでじっくり煮出しているらしい。

画像 111

やや細めながら腰が強い麺。
小さい鍋を使ったのか、茹で汁の雑味が混じっていたのが唯一残念。

画像 107

チャーハンやあんかけ焼きそばといった食事メニューも豊富なので、迷った時は夕食を済ませる事も出来る。




関連記事
2013年03月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック