三八飯店 西岡店

画像 003

7月9日の宴はキリンビール園。
普段飲む機会が少ないビールが美味くて仕方なく、加えてワインも2杯ほど空けてすっかり満たされてしまった。

予定していた蕎麦屋酒を断念して帰宅したのが20時過ぎ。
大人しく寝てしまえばいいものを、翌日代休を取ったものだから気が大きくなってまた一献。
どうしようもない・・・。
それでも翌朝は9時に起きた。

昼近くになり、それとなく山妻に「昼はどうするのか?」と尋ねると、あるものでいいんじゃない?と返し、続いていつもの決めゼリフ。
「オゴリだったら外食でもいいよ」

近所に開店・移転した2軒のどちらかにしようと考えていたのだが、結局〔あんかけ焼きそば〕に落ち着き、西岡方面に向かい、2ヶ月前に訪問した三八飯店に入店。

ゴトウビとあって満員。かろうじて空いたカウンタで待っているとテーブル席が空いたので案内される。

画像 010

あんかけとチャーハンセット (平日限定800円) 。

画像 011

焼け目のついた麺の香ばしさが食欲をそそる。
麺をあらかた食べ終え、残った餡と少々の野菜に薄味のチャーハンを混ぜ込む。
これは冷めていても美味い。
食べていると、昨年閉店した函館の〔汪さん〕を思い出してしまった。

ここのあんかけは醤油味が強めで、おそらく4店舗の中で最もニンニクが効いている。
若い店長の勢いが客を惹きつけるのだろう。

初めて「三八飯店」に行ったのは19歳の時で、ちょうど30年前の暑い時期だった。
当時所属していたバンドの練習か本番だったかで、チューバの先輩の車に同乗し、手稲店で浜ちゃんぽん を食べた。
あのボリュームで600円という価格に驚いた事、創業者らしき方と北島三郎のツーショットが額入りで飾られていた事、スープを飲み干すのに苦労した事、帰りに道路の段差で同乗者が一斉に「ウッ・・・プ」となった事、等々、今も記憶は鮮明だ。

画像 009

壁に店員の自己紹介が似顔絵付きで張られていた。
見ると、店長は今年30歳だと。

チョッピリ、年を感じる。


画像 012
関連記事
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック