葬儀終了

慌しい3日間だった。
3日、仕事を終えて斎場に到着したのが17時。
遠くから来てくれた親戚の人達と四方山話をしているうちに通夜が始まる。

画像 012

通夜振る舞いのテーブル。
お通夜といえば、和室の卓袱台にオードブルや安酒の一升瓶が並び、夜も更けてくるとそのうち喧嘩が始まるといったイメージが付き物だが、新しい施設だけあってスマートだ。
自前の厨房施設があるので出される物も悪くない。

最後まで残ったのが自分と2人の従兄弟で、寝たのは2時前だっただろうか?
線香は渦巻き式の長時間保つやつで、誰かが番兵していなくても絶やす心配はない。

9時から告別式が始まり、10時半頃里塚霊園に到着。

画像 014

画像 027

早めの弁当と、中庭で捕まえた蝉。
前日が友引だったので大混雑していて、順番は44件中23番目。

画像 030

斎場に戻り、最後の挨拶。
使い慣れない言葉が多いので暗記出来ない。
人前で喋るのが仕事のようなものなので紙を見ずに何とか済ませる。

斎場側の段取りは完璧で、言われた通りに坦々と従えば順調に終るという按配。

家に祭壇が設けられ、担当者が帰ってやっと一息。

最後を看取り、骨も拾ったというのに実感が湧かない。
入院期間が1年半に及んだ所為なのかどうか、病院に行けばまだいそうな気がする。
関連記事
2013年08月05日 | Comments(1) | Trackback(0) | 家庭
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2013年08月05日 17:44:02 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック