食事処 とらや


洗濯物を乾燥機に突っ込んで仮眠しているうちに寝てしまい、起きて朝茶を啜っている段になって突然思い出した。
熟睡した爽快な気分が消し飛んでしまった。
慌ててフロントに行くと、カウンタの内側に置かれた籠にきちんと畳まれていたのでこっそり持ち帰る。

画像 044

今回最高齢の受講者。
操作にキレがあり、身のこなしも若々しければ70歳でも現役で仕事が出来る。
羨ましい限りだ。
若い頃(半世紀前)に“カミナリ族”だったそうで納得。
孫の成長を楽しみにしている好々爺だった。
我々の世代は暴走族で通っていたが、現在は“珍走団”という呼び名もあるらしい。

さて、帰りは産業道路を湯の川方面に走らせる。

画像 061

花園町にある 食事処とらや
感覚的には日吉町で、通りから少し奥まった場所なのでヨソ者は見付けづらい。

画像 055

画像 057

間口は狭いが奥行きのある店で、カウンタは10席ほど。
オバチャンが一人でやっているようだ。
風呂帰りの老夫婦が丼物を食べていた。

画像 058

塩ラーメン 550円

画像 059

やや太目のストレート麺は日の出製麺。モッチリツルツルでいい按配。
透明なスープも味わい深くていい塩梅だ。
チャーシュも程好く醤油が染みていて美味い。

画像 060

暑くて汗をかいた事もあり、残さず飲み干す。

始めて40年位になるそうで、後継ぎがいないし店も古くなってきたので自分もそろそろ・・・という寂しい話。
残念な事に、こうしたお店は大抵似たような状況だ。

関連記事
2013年09月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック