かすり傷を誤魔化す

朝晩の冷え込みが厳しくなってきた。
風邪気味だったので早く寝たら6時に目が覚める。
部活の娘を学校まで送り届け、軽く洗車をしてから作業に入る。
2代目トラヴィックのかすり傷のメンテ。

9年落ちながら、赤ボディ特有の褪色もなく、意地悪くチェックしないと気付かないほどのコンディション。室内も同様で、一体どうやったらこんな綺麗な状態を維持出来るのかと不思議に思うほどだ。
スーパーの駐車場にしても、わざわざ遠くの空いている場所に停めるといった事を続けなければこうは行かないだろう。

それでも、よく見ると髪の毛のような細いかすり傷がドア周辺に数箇所。
そのままでも目立たないのだが、せっかくタッチペンを買ったので数日前に何箇所か盛っておいた。

panelimg2_2013101419183766b.jpg

マスキング画像。
乗り降りの際に手荷物があると、簡単に傷がついてしまうものだ。

画像 110

ラッカー薄め液を染ました布で盛り上がった箇所を馴らそうと試みたのだが、簡単にはいかない。
コンパウンドで擦ると元々の塗装を削ってしまうので、この作業は諦める。

画像 112

ここでキズクリアー登場。

傷にタッチペンを少々盛り、ラッカー薄め液を染ました布で擦って目立たなくし、乾いたところでキズクリアーを施工。
傷補修の正しいやり方はあるのだろうけど、熱中し出すとトコトンやってしまう性分なのでやめておく。
目立たなくなればそれでいい。

panelimg_201310141918361f6.jpg

先週、カブさんから戴いたエンドマフラーを洗い、防錆処置。
ステー以外は錆なしの極上品。
使うのは何年先になるだろうか?。

関連記事
2013年10月14日 | Comments(2) | Trackback(0) | 車関係
コメント
No title
タッチペン。プロは爪楊枝を使うとか・・・神は違います!!
TUBA職人 URL 2013年10月15日 01:18:48 編集
No title
>TUBA職人 さん

調べると、どうやらそうみたいですね。
それらしく見えれば妥協してしまうという、B型の悪い癖・・・。
funfunfun409 URL 2013年10月16日 20:57:48 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック