ひのでそば

12月4日。
京王プラザで高校同窓会の幹事会兼忘年会。前回
軽い腹拵えが必要なのでどこに行こうかと迷いながら地下街を歩いていると、〔すき家〕があったので一旦足を止める。
若いカップルやスタッフが主体の店内で中年オヤジがカレーを食うサマも確かに絵になる。
しかし、年季の入ったオバチャンが忙しく立ち働くのを眺めながら熱々の蕎麦を手繰るほうが性に合っているし、殺伐感の質からして違う。

画像 001

天ぷらそば 380円。
ゴボウなのかオキアミなのか、確かに何かが入っているぞ、という程度の天ぷらではあるが、次第にふやけてくると、濃い目のツユにコク味が加わって誠に宜しい。

〔天麩羅〕の語源に諸説あるのはご周知の通りだが、油で揚げるものだから、天(あ)麩(ぶ)羅(ら)という字を当てたという説があるのを最近になって知った。

それはそれとして、後から来た女性客が〔天ぷらそばのネギ増し〕というのを注文した。
ツユを飲むペースを落として注意深く見ていると、ネギの量は1.5倍と見た。
次回はそれにしよう。

同窓会

会場は最上階の宴会場。
全国大会に出場したサッカー部の同期がパークゴルフを始めたと聞いて耳を疑った。
競い合うように燗酒を煽った結果、すっかり酔ってしまったので、予定していた蕎麦屋酒を断念して大人しく帰宅。
関連記事
2013年12月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック