ふじ膳 (帯広地方卸売市場内)

2月14日。

前日は夕食をカレー1杯で済ませ、早々と寝たので朝から空腹を感じる。
寝る前に焼酎のお湯割を3杯飲んだたけなので、山岡家の朝ラーメンで豆板醤を処方するほどでもない。

画像 012

向かった先は、朝ラーも可能な帯広地方卸売市場内のふじ膳
食券を渡し、見晴らしの良い窓際の席に座る。

画像 014

芽室町方面を望む。街中にいても広大な空を実感出来るのも帯広の魅力。

画像 013

自分は8番目の客だったようだ。

画像 018

寿司の朝定食は、づけマグロの山かけ丼 。

一見すると白身魚の醤油漬け。鮮度にいささか心配なしと非ずか?と疑いつつ食べてみるとしっかり歯応えがある。訊くとびん長マグロだったので納得。

追加注文した握り3貫の左側はサメガレイだと教えてもらった。
カレイ特有のクセを感じさせないのがいい。

海老の出汁がしっかり出た味噌汁も美味かった。
頭の味噌を啜っていると不覚にも〔ピチュッ!〕という音が静かな店内に響き渡って焦る。

ホテルのバイキングも悪くはないが、1,000円払って人がごった返す中でトレイ片手にウロウロするのも疲れる。
早朝の市場ならではの活気と清々しさに包まれ、職人が按配した寿司で腹一杯。
どこぞの朝市では決して得られない充足感がある。
関連記事
2014年02月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 寿司
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック