バリトンの清掃

画像 118

3月23日の合奏会場にて。
定演が10月なので、早く曲決めないとヤバいんじゃない?という情景。
一見関係なさそうに見えるが、手前左の楽器ケースに注目。

さて、Tbのオジサンがプラクティスミュートを付けて吹いていたので見せてもらうとYUPON製だった。

画像 119

画像 120

画像 121

ウレタン樹脂で吸収か・・・。一瞬〔自作〕の文字が頭をよぎる。
この手作り感が堪らない。


3月29日。

前日の夜、酒を買いに行こうとしたら財布がない。
早起きして事務所へ取りに行く。

画像 153

ついでに山岡家の朝ラー。

画像 154

当ブログで何度か登場しているBoosey&HawkesのImperial。
30数年前のモデルだが、本格的な清掃は多分初めてかと思われる。

画像 156

1・3番のバルブキャップが固着。何とか外し、本体を風呂に沈める。

画像 165

2番の緑青が固化していた。他のパーツと同様、重曹溶液に浸け置きし、Zippoオイルを垂らして爪楊枝で根気良く除去。

画像 164

昔のヴァルヴガイドは鉄製。この磨耗具合でおおよその履歴が判る。

画像 169

パーツを浸している間にボディのクリーニング。
補正管にも特製スワブを通す。

画像 170

画像 171

抜き差し管も通しておく。チューニング管が汚れていて、10回ほど通してやっときれいになった。

画像 168

画像 172

頑固な緑青を落とすのに1時間以上費やした。
デリケートなパーツなので無理は禁物。

画像 173

画像 174

メッキ部分のくすみにはBuzzのシルバークリーナー。

画像 175

フェルトが古いので、手持ちの中から適当に選んで交換する(左側)。

バラしてから組立て完了まで2時間。
ヴァルヴオイルを多めに注入し、管内全体に馴染ませて作業終了。

画像 176

オーナーは物を大事にする人なので状態が非常に良く、この先もしばらく使える。
ピッチは奔放だが、独特な響きは何物にも代え難い魅力がある。
関連記事
2014年03月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック