第4回 旭川ユーフォニアムミュージックキャンプ

5月3日。

前日の興奮が冷め遣らぬ中、Brian Bowman氏のCDを3枚続けて聴いているうちに旭川に到着した。

画像

特に前日演奏した Fantasia Originaleは過去に2度の録音があり、前日の分と併せて聴くと色々と興味深い。
そんな考えをヨソに、大人しくなったな・・・と横を見ると口をポカンと開けて夢の中。

画像 051

10分前に到着すると、何名かがウォーミングアップをしていた。
早いもので、この時から5年も経つ。
今回も旭川市街から30キロ弱の〔21世紀の森〕にあるロッジが会場。

画像 052

翌朝の炊事当番を決めるクジ引き。
クジを宿泊者数よりも多く作ったらしく〔アタリ〕は封筒の中・・・。

画像 053

今回はレッスンではなくアンサンブルからスタート。
初見が苦手な私には相当辛いものがある。
しかし、各地から集まったユーフォ愛好家の音色を感じることが出来、いい刺激になったと思う。

AMUSEのユーフォニアムに興味を持った参加者が数名。
その完成度の高さに驚いていた。
〔ヤ○ハよりもいいんじゃない?〕と言う人もいた。
この楽器の持ち味を感じ取ってくれたのだろう。

今回も日帰り参加。
街中の〔すき家〕で夕食を済ませて台場の辺りに差し掛かった頃に雨が降ってきた。
少々疲れも出始めたので深川から高速に乗り、札幌まで一気に疾走した。
関連記事
2014年05月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック