ピストンフェルトの交換

5月18日。

札幌コンベンションセンターで宮城県と地元高校の合唱部が札響と共演するというので行って来た。
地元校のほうは部員が10名を切っていて、エキストラが30人という驚くべき編成だったが、その中に長女も入っていた。

画像 007

イベントが終わって外に出ると雨。 駐車したイーアスまでジャケットを被って向かう途中、〔変なオジサン〕と次女に何度言われた事か。

画像 009

さて、長女が使っているOld Bessonのフェルトがヘタってきたようなので交換する。

テーブルや椅子の脚に貼るフェルトで代用可能だが、モノとしてはやはりベッソンのウレタンフォーム製が一番のようだ。

現在のモデルと比較しようがないものの、昔のベッソンは寸法が微妙に違うような気がする。
厚いと通り穴が狭くなって音の抜けが悪いような気がするので、もっと薄くて衝撃吸収性に優れた素材が何処かにないものかと思う。
コチラから遡れば過去の履歴を辿ることが可能。
無駄な事を繰り返しているようだが、諦めない事が肝要。

画像 010

グレー色が新品。4セットで税込み1,728円也。
厚みは変わらないものの、古いほうは伸縮性が弱っている。
当然ながら、取り替えるとポコポコと心地よい。

画像 012

シャイニーケースも1年経つとあちこち塗装が剥がれて渋味が加わった。
関連記事
2014年05月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック