ごんちゃんラーメン

本日から函館出張。

8時過ぎに家を出て、市内に入ったのが13時頃。
CDを車のHDDに入れる度に駐車したので普段より30分ほど余計にかかった。
最初の懸案店である吉川町の店に向かったところ、3年前に取材済みの店だったではないか!
記憶力の減退に憂鬱となりつつも、駅を通過して本日の第2懸案店であるごんちゃんへ向かう。

カーサンは私を見るなり〔なんでそんなに黒くなったの?〕
昨年の9月はもっと黒かったはずだから、覚えていなくても、そうした形で親しみを表してくれる方なのだと思う。
客が来ると、普段は肉のショーケースを前に鎮座しているとーさんは作り手。
そしてカーサンは語り部。

267.jpg

味噌が30円、塩・醤油が20円値上げした模様。

268.jpg

みそラーメン

269.jpg

穏やかなスープはとろみがある。脂と塩分を控えているので胡麻油を少々。
これはライスに合うだろう。

270.jpg

塩を注文しようとしたら、行儀悪さをたしなめるような表情をされた。
順序としては塩から入るべきなのだろうが、構わず注文する。

271.jpg

しおラーメン

さて・・・。やはり先に塩から食べておくべきだった。
これは次回の課題。
白菜をプラスし、2杯目だからという事でチャーシュを1枚減らし、その代わりに落とし卵、さらに、三升漬けのトッピング。

274.jpg

漬物まで御馳走になる。110年物の糠床だそうで、由来を聞いたが話が飛んで文章にまとめられない。
かなりしょっぱく、ここまで来ると禅境なのかと・・・。

スープを飲み終えた頃に、お茶まで御馳走になり・・・・。
普通はここまでしないと話していたが、自分は祖母に育てられたようなものなので波長が合ったのだろう。

店先まで見送っていただいた。
助手席の窓を開けて礼を言い、車を発進させる。
関連記事
2014年05月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック