Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル 第九ロット最終版

嗚呼、1台あればいいのに、ついポチってしまった。困ったものだ。

画像 053

参考記事

North Flat Japanという会社がこのアンプをチューンアップして販売しており、ヤフオクで出品する度に数分で売切れてしまうそうだ。
従来品との違いに興味を感じていたのと、1ロットを販売する度に数百台が完売するという人気、3,990円という価格、そして今回で終了というプレミアム感に平常品心を失ってしまった。
まあ、予備用として買っておくのも悪くないのだが。

主要部品であるICチップのTripath TA2020-020が払底しつつあるのと、輸入元である中国の会社と取引を続ける上で何かあったらしい。
その辺の事情はHPで参照してもらうとして、改良を続けた結果がどんなものなのか、少なからず興味を感じていたのも事実。

外見は全く変わりなく、ACアダプタの接続部分がグラつかない物に交換されている。中身の部品交換については全くの門外漢なので触れようがない・・・。

画像 056

素人目には唯一、NFJ Editionの刻印で判別可能。

比較視聴した結果、音がよりクリアになった。
従来品が薄曇りとするとコチラは快晴なり。
音量を上げても詰まり感が解消されなかったのは古いNS-10Mの所為ではなかったようだ。
音源の情報をそのまま再現する。良くも悪くもこれがLepai LP-2020A+の特質なのだろう。
NFJストア別注モデルはその無色透明さを毎回推し進めてきたと思える。
自作や改造を得意とする方々にとっても色々参考になっただろう。
ACアダプタを500円とすれば、従来品との価格差は約1,500円。
仕入れ価格は驚くほど安いだろうが、僅かな価格の違いでも私のような耳でも違いが判るのだから大したものだ。
だからといって従来品がダメだという事では決してない。
私はオーディオマニアではないので、この無垢な再生音に飽きるかも知れず、そうなったら再びミニコンポに戻ればいい、というスタンス。
ただし、サブウーファーは欠かせない。

さて・・・。

そのサブウーファーを自作して1週間も経たぬうちに、ビビリ音が発生するようになった。
木工ボンドでガチガチに固めたので修理のしようが無く、困った困った。
自慢したのも束の間、門外漢はこれだから困る。お恥ずかしい。

画像 050

近所のハードオフで購入したヤマハのNX-SW77という機種。
値札が付いていないので店員に調べてもらうと1,500円だと言う。

〔1,000円なら買ってもいいんですけどね〕と言って3m歩く。
〔じゃあ1,000円でいいですよ、単品なので売れなかったんです・・・〕

調べると、2001年に発売された5.1chホームシアターのウーファー部分。
電装部分は不要なので取り外し、9mのコンパネをカットして貼る。
試しに聴いたところ、低音は出るものの音がダンゴになって不自然。
純正品のアンプがあればもっとマシな響きになったのかも知れないが。
このスピーカユニットを流用し、サブロクのコンパネ1枚で再びケルトン方式を作りたい。
次はもっといいサブウーファーが出来るだろう。

関連記事
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック