長寿庵 浦河町

3月12日。

12時過ぎに仕事を終え、街外れの懸案店に向かう。

画像 069

15時までの営業なのでハードルが高い店だ。
暖簾に〔本格手打ちそば〕とある。
入店すると左手の奥にガラス張りの部屋があり、そこが蕎麦を打つスペースのようだ。

画像 070

更科も出している。手打ちの作業は大変だと聞くが、これなら早く店仕舞いするのも当然かと。

十割は限定5食とある。店員に訊くと出来るそうで100円増しとの事。

画像 071

田舎そばの〔もり〕にしてもらった。
角が立ち歯応えも香りも充分。
つゆはやや甘く、それでいて鰹がしっかり効いている。
続いて出てきた蕎麦湯は白濁ドロリで嬉しい。
残りの葱を入れてじっくり味わうと、出張で荒れた胃の腑を優しくなだめてくれるようだ。


画像 073
関連記事
2015年03月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック