ごまそば遊鶴 里塚店

11月17日。
翌日からの仕事の準備で北広島に向かう。
里塚を過ぎると飲食店が途切れるので遊鶴(旧鶴喜)に寄る。

DSC00067_20151118194323815.jpg

お昼時で店は混んでいた。1人だったのでカウンタ席に案内される。

DSC00068.jpg

経営会社が一緒なのに店名を変えるには余程の事情があったと察するが、面倒なのは、新しい名前が咄嗟に出ない事だ。
〔ホレ、何だっけ?、前の鶴喜〕といった具合に。

店員に注文を訊かれ、〔ユウカクセットの天ぷらで・・・〕
〔あ、ユウヅル弁当で宜しいですね?〕

DSC00069_201511181943238b7.jpg

遊鶴セット(天ぷら)

盛りとかけが両方付き、この内容で790円という価格は確かに魅力だ。
しかも天ぷらは揚げ立てのようだし。
ツユはやや味醂が強めで、蕎麦は〔八雲〕を彷彿とさせる。

DSC00070_2015111819432225c.jpg

揚げ玉という名の天かすを入れてタヌキ仕立て。

この店は初めてだっただろうか? イヤ、待てよ・・・。
ギリギリ昭和の時代に、東北飯店の長男と美園店に行った事がある。
同い年で若かったからお互い〔・・君〕で呼び合っていた。
後に経営を引き継ぎ、今なお疎開地の匂いが漂う街外れで今夜も中華鍋を振るっている。
行ったらすぐに思い出して貰えるだろうか?などと、30年近くも昔の事をポツリ、ポツリと思い出しながら店を出る。
関連記事
2015年11月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック