音場型共鳴管システム②

12月29日。

自宅の駐車スペースは縦列2台分で約17畳ある。
氷点下の外気と大して変わらない状況で鳴らしてみた。

DSC00021_20151229172759b0c.jpg

使っていないミニコンポを出し、奥の壁から1mほど離して設置。
確かに4.2畳の部屋よりは臨場感が増した。
先に書いた通り、単独~少人数の演奏でのリアル感は大したものだ。
〔生音を聴いているような〕感じには及ばないが、2台のスピーカーからというのではなく、微妙な位相のズレが影響し合って周囲の空間が混然と響いているという印象。
音楽ホールのモヤッとした空気感が出ているように思う。
天井が高ければ音場感が更に増すに違いない。
家屋の標準的な高さは2.4mで、地下室と駐車場は1.9m。
50㎝のハンデはかなりのものと見た。最上部四方に50ミリ程度の穴を空ければ変わるのだろうか?

DSC00025_201512291727597d8.jpg

良かったものを並べてみた。
バルビローリ卿のブル8(ライヴ)が良かったなぁ~。

DSC00020_2015122917275997c.jpg

2時間近く聴いて凍えたので山岡家の朝ラ~。



関連記事
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック