合奏に参加


2月20日。

DSC00341.jpg

カラヤン晩年の優秀録音を見つけた。
1,899円の中古ながら未開封の新品。
カラヤンの音盤は数枚しか持っていない。
本当のクラシックファンはカラヤンなんぞ聴かないといった風説がまかり通っていて、自分もそれに乗せられてしまったクチ。
そろそろ没後30年になろうとする今でも膨大なディスコグラフィがいつでも入手可能だから、録音の良い物を集めてみようかと考えている。

さて、この日は信濃中OBバンドの練習。

DSC00344.jpg

会場の本堂が通夜との事で隣の幼稚園に変更。
指揮者がいないので輪になって吹く。参加数17名。

DSC00345.jpg

今回は娘も参加させてもらう。
昨年のうちに進路が決まり、これから長い人生の中でも今が最ものんびりした数か月となるのではないだろうか?

治ったと思っていたバカ耳の具合は相変わらずで、ベルの中に異物が入っている疑念を拭い切れず、お湯を注いでみたが何も出てこなかった。
およそ100Hz以下の低域が聴こえないという症状で、アクビをすれば一時的に元に戻る。
音量のコントロールが効かなくて早々とバテてしまった。
後で娘に聞くと、終始デカい音で吹いていたそうな。
関連記事
2016年02月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック