かど屋

年度末でせわしい。
事務所には新任・退任の挨拶が後を絶たない。

所用でお昼は外食となった。
うなぎの〔かど屋〕は昭和32年創業の老舗で、現在の店舗は昭和46年に移転したそうだ。

いかにも会社の重役といった客が目立つ。

利根川を意味する〔坂東太郎〕を札幌で食べられる店はここだけとか。
完全予約制との事で願いは叶わなかった。


20151126_20160401084056d12.jpg

待つ間に、きも串・ひれ串・うな串
仕事中なのでノンアルコールビールも注文。

20151127_20160401084056849.jpg

うな重(一尾)

タレは軽めで山椒は不要なほど。
炭火の香ばしさといい軟らかさといい、やはり専門店でしか味わえない鰻だ。
しかし、スーパーの肉厚鰻と袋タレも美味いと言わなければ片手落ちになるだろう。
事実、家族と共にする食事ほど美味いものはない。

15時過ぎまで軽く酔ったような気分が続く。
関連記事
2016年03月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック