JICAのレストラン

9月11日。

DSC00436_20160914201028de8.jpg

朝から快晴で、山妻・次女と自転車で白石神社祭に行く。
子供の頃はカラーひよこやくじ引きのうずら(生体)を持ち帰ったりしたものだが、当時(40年前)から続いている露店は射的やスマートボールぐらいで、無臭ニンニクパウダーや型抜きといった懐かしい露店には出会えない。

DSC00437.jpg

何か食べようにもオッサンがくわえタバコで小麦粉を練っていたりと、価格よりも不衛生さが気になって手を出す気になれず、次女のファンシー文具のくじ引き2回とべっ甲飴で終わった。

DSC00440_20160914201027e8b.jpg

来たからには参拝は欠かせない。

DSC00444.jpg

お昼はJICAのレストラン。
この敷地はその昔、市営バスのターミナルだったところで、役目を終えてヘッドランプが抜け落ちたバスが置かれていたのを覚えている。
道を挟んで向かい側の一文字咖喱店の場所には数軒の5~6の飲み屋が連なる平屋があったはずだ。
JICAから南郷通りまでの商店街は今では面影もない。
悪戯小僧が爆竹やクラッカーを買う河原商店(通称お焼き屋)で〔今日は風が強いから売れない!〕と断られたり、100円予算の遠足おやつをこの商店街で回って買うと袋一杯の量になった事などなど・・・。
昭和35年に完成した道営白樺団地向けに栄えた商業エリアは昭和52年、市民生協大谷地店の開店によって急速に寂れていく。

DSC00447_20160914201027e2c.jpg

DSC00450_20160914201026126.jpg

明るく開放的でオシャレな空間だ。
入口にはメニューごとに下げられた番号札を取れば良く、日本語がわからなくても不自由しない。
実際、外国人の客が多い。

DSC00451_20160914201133b73.jpg

ドロー・ワット(700円)
エチオピア料理で、特定のスパイスを利かせたハヤシライスのようなもの。
今月の「世界の料理」だそうだ。

DSC00453_20160914201133df8.jpg

フォー・ガー(650円)
土日限定、鶏肉のベトナム風ライス・ヌードル。
写真下に(Halal)の文字があった。

DSC00452_2016091420113387e.jpg

次女はかけうどん
なにか珍しいものを食べてやろうという好奇心を実行に移すのは10年後になるだろう。
子供というのは基本的に保守的なものだ。





関連記事
2016年09月14日 | Comments(4) | Trackback(0) | 飲食
コメント
No title
ながーい露天が非常になつかしかったです。僕もよくカラーひよこを買い、ミドリ亀を買ってもらった時は嬉しかったものです。ここ横浜では長い露天はトンと見かけません。
sena URL 2016年09月16日 11:41:37 編集
No title
全国的に露店が排除される流れにあると聞いていますが、この猥雑さが神社祭りの命かと思います。
昔から変わらぬこの雰囲気はたまらないものです。
funfunfun409 URL 2016年09月17日 06:25:38 編集
No title
私も白石神社のお祭りに行きました。
フルーツ飴って、今は色々あるんですね
久しぶりに露店を眺めたので、びっくり。
色々買ってみたのだけど、美味しかったです。

最近、私の大好きな「ホテルで自炊」バージョンの記事が、なかなかお出まししなくて、悲しいです。
特にラストに、残り物をうまく使ってしまうところが、アッパレでした(^^)
ゆり URL 2016年09月17日 18:18:25 編集
No title
子供の頃に目新しかったチョコバナナとリンゴ飴が健在でした。
〔チョコチョコチョコバナナ〕といった客寄せの掛け声が聞かれなくなりましたね。
出張自炊はすっかりご無沙汰です。
早起きしてお粥でも作ってじっくり味わってみたいものです。
funfunfun409 URL 2016年09月18日 22:34:27 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック