スーパーウィンズ+航空自衛隊北部航空音楽隊 ジョイントコンサート

5月19日
教育文化会館で吹奏楽の演奏会。

DSC01311.jpg

今回は開演までの時間が無く、近くの大番で冷やしたぬき+中盛り券。
冷たいそばに生卵を混ぜるのは苦手なので黄身を小皿に除ける。
美味いものだ。

DSC01313.jpg

結構な客の入り。

18486348_754936551334743_8152070978266994458_n.jpg

チラシに出ていない曲が多くてかなりのボリュームと見た。

航空自衛隊北部航空音楽隊は青森県の三沢。年間の演奏回数は100回を超えるとか。
「パントマイム」のユーフォソロは道内出身者で岩見沢校の卒業生。

落ち着いたプロ集団の底力とスーパーウインズの尖り感がいい按配でマッチした第三部の合同演奏。
特に、超難曲の〔華麗なる舞曲〕は今年初の“鳥肌モノ”であった。

DSC01315.jpg


関連記事
2017年05月22日 | Comments(2) | Trackback(0) | 吹奏楽
コメント
自衛隊コンサート
5月1日に八戸で陸上自衛隊第9音楽隊・海上自衛隊大湊音楽隊・航空自衛隊北部航空音楽隊の合同コンサートがありました。航空自衛隊北部航空音楽隊が「アルメニアンダンス・パートⅠ」を演奏しました。いい演奏でした。上手かったです。さて、スーパーウィンズとの合同演奏はうらやましいなぁ。スーパーウィンズを生で聞いてみたいです。「華麗なる舞曲」は超絶技巧だらけの曲ですね。いつも、精華女子高等学校吹奏楽部のCDで聞いています。今回の合同演奏はどのくらい、上手でしたか?

それから、航空自衛隊北部音楽隊の制服の色と、スーパーウィンズの衣装の色、にていませんか?写真ではひとつの楽団のように見えます(笑)
よしき URL 2017年05月22日 13:15:40 編集
No title
航空は北部方面の括りで道内各地でも演奏しているようです。
バンドの存在意義と指揮者のキャラがそれぞれ反映された個別演奏でした。
〔華麗なる舞曲〕はアメリカ空軍軍楽隊の委嘱作品ですが、当時B.ボウマン氏が在籍しており、作曲者のスミス氏が「ユーフォがあの方ならこの程度は軽く吹けるだろう」といった逸話があるとかないとか。楽譜通りに吹くのは地獄です(吹けないけど)。
今回の演奏会に合わせた選曲でしょうが、こうした生演奏に接する機会はなかなかないものです。


funfunfun409 URL 2017年05月24日 07:16:03 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック