レストラン和家(棒二本館)

9月3日

DSC01990.jpg

この日の夕食は棒二森屋の和家

DSC01982.jpg

定位置から見える風景も来るたびに変貌する。キラリスが完成し、更地も埋まりつつある。

DSC01984.jpg

この寂れ感が堪らない。
客は自分の他に老婦人2人組のみ。食後のコーヒーを啜りながら雑談が続く。
厨房から中華鍋を煽る音が聞こえてくる。
普段なら帰り支度の時間なのに邪魔しちゃって悪いな~と思いつつ夕暮れの街並みを眺める。

DSC01985.jpg

定番の昔風醤油ラーメンチャーハン
セットが無かったので単品の注文となった。

DSC01988.jpg

DSC01989.jpg

ラーメンはもとより、ここのチャーハンも美味い。

棒二森屋が閉店を検討しているという話が広まったのは今年の6月。
築80年の本館は耐震強度が基準を満たしておらず、取り壊しとなる可能性が高い。
様々な人間が行き交う〔駅前〕。この単語に秘められた感傷的な雰囲気を留める希少な場所だけに、これが最後かもしれないと思うと淋しくなる。
関連記事
2017年09月15日 | Comments(2) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント
No title
郷愁を感じる作りでいいですね~。
また、ラーメンもチャーハンも
おいしいとは。
僕が函館に行く日まで残っていて
欲しい!
sena URL 2017年09月16日 10:04:58 編集
No title
間に合えばいいんですが。
古き良き時代の面影を残すデパ食はもう残っていないのかもしれません。

funfunfun409 URL 2017年09月19日 08:31:07 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック