鳥辰


DSC02150.jpg

定演が迫り、どうしても吹けない部分があるので楽器を持参した。

DSC02154.jpg

98までの2小節がソロ部分で、指定のテンポが138。
本番10日前の時点で115がやっと。この部分の旋律は自分だけなので相当ヤバいのだ。

DSC02149.jpg

宿の6階より、20時頃の駅前周辺。
空気の入れ替えで窓を開放すると、豚丼なのか焼き鳥なのか香ばしい匂いが流入してくる。
もっと練習すべきだったのだが、誘惑に負けてしまった。

DSC02156.jpg

よし栄寿しの閉店で足が遠のいていた八丁堀界隈だが、大通側の隣地に近寄り難い雰囲気の焼き鳥店がある。

DSC02172.jpg

相当古い店構えで、中が覗けないので気後れしていた。
中は相当広く、テーブル4客とカウンタ席で詰めれば20人位は楽に入れそう。

細身の老店主が熾った炭の前で串を並べ、奥さんが注文取りと配膳。

品書きを見ると串焼きは一律400円で、精肉は3本、つくねは2本という具合。
他に若鳥半身焼きや一品料理、おにぎりなども揃っている。

DSC02163.jpg

燗酒の二合徳利を注文し、胡瓜味噌でゆるりと。

DSC02165.jpg

レバー豚ロース。昔ながらの皿盛りというのが嬉しい。

DSC02164.jpg

DSC02160.jpg

それにしても年季の入った店だ。
店主が手を休めたのを見計らって尋ねると、自分は2代目で店の歴史は80年を超えるそうだ。
函館の菊水小路にある鳥辰はトリシンと読み、ここも戦前からの店だが多分無関係と思われる。

安いし美味いし若い奥さん?も親切だし、すっかり気に入ってしまった。
この店ならカウンタの隅でくつろげる。
関連記事
2017年10月12日 | Comments(2) | Trackback(0) | 飲食
コメント
無題
テーブルの年季のはいり方に加えて
椅子がなんともしぶいですね~
sena URL 2017年10月13日 14:59:35 編集
No title
当時のままかと思います。
椅子は座布団がないので長居出来ませんね。
2日後に再び向かうと貸切営業で入れませんでした。
funfunfun409 URL 2017年10月14日 08:00:24 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック