そば切り 温

11月2日。

雨の中、呼人の高台(東網走市)の山中を走る。
道道683号と490号を繋ぐ「感動の径」という農道があり、その途中に小さな看板。

画像 1231

画像 1232

細い山道を100mほど入ると山小屋風の建物。

画像 1238

カラマツ材をタイコ挽きした柱で組み上げた店舗は完成まで2年半を要したそう。
内装や調度品にも木材がふんだんに使われていて、暖かく落ち着いた雰囲気。

画像 1237

品書き。蕎麦は2種類。

画像 1240

画像 1241

かしわつけもり(上)、もりそば(下)

店主が出てきて『美幌産の新そばです』との説明。
色はやや緑がかっていて歯応えがあり喉越しもいい。

店主は市役所を早期退職してこの道に入ったお方だそうだ。
手切りの腕といいツユの按配といい、職人技だ。

吹き抜けの薄い屋根から雨音が響き、窓越しの山林は霧に包まれている。
夢の中に出てきそうな雰囲気の中で手繰るのは実に心地良いものだ。

画像 1242

関連記事
2010年11月03日 | Comments(3) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント
宿は・・・
パソコン復活しました~

網走の宿は支配人の所でしたか?
よしき URL 2010年11月05日 21:13:33 編集
No title
緑がかっているのでキタワセですか?
蕎麦リエ URL 2010年11月06日 22:10:36 編集
No title
>よしきさん

私もPCが不具合でした。
支配人に2晩お世話になりました。
お世話になり過ぎてここには書き切れません・・・。


>蕎麦リエさん

現在、道内作付けの9割以上が「キタワセ」だそうですね。
色で品種の判別は難しいと思いますが、品種は聞きませんでした。
funfunfun409 URL 2010年11月08日 07:25:05 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック