十八番食堂

CIMG5408.jpg

出稼ぎは本年も函館からスタート。
アイスバーンは豊浦を過ぎた辺りで融雪剤大サービスのビショビシヨ路面となり、ウオッシャー液の残りが心配になる。
今日は汪さんが定休日なので、懸案店に向かう。

ガス会社から旧市電通りを宮前町方面に右折し、蕎麦屋を左折して進む。

CIMG5418.jpg

住宅街の中に堂々とした店構え。
但し、中はそれほど広くはなく、カウンタ6席と4人がけテーブルが2脚。
入って正面の壁のメニューにはそば・うどん類。
アレッとおもってキョロキョロしていると厨房の奥さんが「こっちにもありますよ」。

CIMG5416.jpg

ホウ。「ラーメンというのは、塩ですか?」「ハイそうです」。

CIMG5413.jpg

ラーメン 450円。
年季の入った小さな丼に並々と・・・。
かすかに生姜の香りがする食堂系ラーメン。
どこの麺だろう。

CIMG5415.jpg

厚いチャーシュが2枚入っていて、これも美味い。
これで450円とは・・・

CIMG5411.jpg


2013年9月31日閉店
創業が昭和37年なので51年の歴史。
関連記事
2011年01月19日 | Comments(4) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2011年01月20日 03:09:55 編集
Re: 懐かしいです。
>非公開コメント主さん

以前、函館出身で東京住まいの方から「紅蘭」を懐かしむコメントを頂いたことがあります。
厳密には色々定義があるようですが、いわゆる「函館ラーメン」はこうした大衆食堂や蕎麦屋で今後も生き続けていくのでしょうね。
この庶民性も函館の大きな魅力のひとつです。
funfunfun409 URL 2011年01月22日 19:32:55 編集
な、懐かしい・・・(涙)その一
函館は中華食堂と大衆食堂の街でした・・・・・。

この店は懐かしくもあり思い出したくない悲しい思い出もあります。

元気かなあ・・。
爆食王 URL 2011年01月26日 10:46:33 編集
No title
>爆食王さん

以前電停があった付近が狙い目だったりしますね。
店の方は思ったより若かったので2代目でしょうかね。
「悲しい思い出」って、3杯目断られたとか?
funfunfun409 URL 2011年01月26日 21:53:54 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック