りんさん

「十八番食堂」を出て、もう1軒寄ろうと近くの「中の橋食堂」に行くとやっていない。木曜が定休日だった筈だか・・・。

駅方向に進路を変更し、懸案の「春華亭」に向かうと函館温泉ホテル自体が閉鎖。
そういえば、大森町の蕎麦屋「丸京」も何時の間にか閉店したようだ。
燗酒とおでんの楽しみが消えてしまった。
漁火通りを走っていると、アレ、仙勝軒が。
函館で黒シャツの腕組ポーズは受け容れなれなかったのか・・・。

CIMG5425.jpg

湯川町のりんさん
昭和23年創業の老舗で、以前は若松町に店を構えていたそうだ。
13時半を回っていたので店は空いていた。

CIMG5419.jpg

CIMG5420.jpg

正油ラーメン 500円。

角の立ったストレート細麺がたっぷりスープの中に泳いでいる。
鶏ガラにカツオが香り、ネギの切り方といい、「かしわ」を啜っているような気分になる。
独創的というか、こうしたラーメンは今まで食べた事がない。

CIMG5422.jpg

餃子 500円。
ラー油をスープに入れると美味しいですよ、と奥さんが勧めてくれた。
外で餃子を食べる事は滅多にないけれども、ここの餃子は素晴らしく美味い。
下手に噛むと肉汁が周囲に飛び散るので注意が必要。

もっと早く来るんだった・・・。
函館は(自分にとって)ステキな店が多過ぎるもんだから本当に困る。

CIMG5426.jpg

関連記事
2011年01月19日 | Comments(4) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント
No title
遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。

函館にいらしてたんですね。

りんさんの餃子。本当に肉汁が飛び散ります。

りんさん、大将、グリル塩豚、そして蕎麦屋のみのやとそれぞれ個性が違ったお店が密集、共存した素晴らしいエリアです。

新陳代謝の激しい函館の外食産業ですが、老舗店は元気がいいようです。
在函館少年 URL 2011年01月19日 23:38:30 編集
No title
>在函館少年さん

こちらこそ宜しくお願いします。
駅前周辺は大体回ったかなという気がしますが、食堂系や蕎麦屋の昔風ラーメンまで範囲を広げると、何年経っても回り切れないのではないでしょうか。
出会えた嬉しさと行けなかった悔しさが半々といった調子で今後も食べ歩きが続くのでしょう。
funfunfun409 URL 2011年01月22日 17:43:07 編集
な、懐かしい・・・(喜)その二
汪さん、王さん(閉店)、りんさん、真マメさん(閉店)。

好きだった店は姿を消していきます。

街も様変わりしていくのですから仕方がありません。
思い出だけは空き地になったその場所に残って行くんでしょうね・・・・。
爆食王 URL 2011年01月26日 10:52:04 編集
No title
>爆食王さん

王さんの近くにあった「紅蘭」も是非・・・。
函館に行く度に懸案店が閉店していた、という状況が続いています。
味も風情も2度と蘇る事はないので、自炊は程々にして訪問件数を増やすようにしたいと思います。
funfunfun409 URL 2011年01月26日 21:56:15 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック