一徳

さて、次は吉川町へ向かう。
カーナビに電話番号を入力して表示された店名は「食事処 一徳」。
この方の情報。
北ガスから跨線橋へ右折してコンビニから左折するとすぐ、という場所なのでカーナビに頼る事もないのだが、音声で100メートル程手前から右折しろという指示。
踏切を越えてすぐに左折し、太い道を突っ切ると看板が見える。

画像 038

13時30分。
店の人は小上がりやカウンターに残った食器を下げて後片付けに没頭していた。

画像 030

手堅いメニュー。

画像 035

正油ラーメン(400円)と半チャーハン(300円)。

ラーメンは生醤油?が突出してダシの由来が判らず、あまり好きなタイプではないが、チャーハンは美味い。
素朴なのがいい。
今度来る機会があれば、塩ラーメンとチャーハンにしよう。

廃止された市電からも離れた場所なので「地域密着店」と言えるのだろうが、この付近は昔から町工場のような施設が密集している地帯だから、住民よりもむしろそうした人々の需要にも支えられているのではないか。
「いやぁ~、二日酔いだから、“もりラーメン”だ」といった感じで(笑)
「もりラーメン」といえば この方の記事がある。

食べながらあれこれ考えているうちに店の佇まいと同化している自分・・・。
これが嬉しいのだ。

関連記事
2011年03月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道南
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック