おおさか屋

本日より6泊の帯広出張。
同時に、家族が実家へ行く事となり、長女が余市ポスフールの「味の時計台」でチャーハン(スープ付)を食べるのを楽しみにしているらしい。
車を入れ替えるのが面倒なので11時前に出発した。

占冠の高速インター入口手前に「道の駅」があるので入ってみる。
「おおさか屋」は40坪ほどの広さで、その約半分が厨房スペース。
従業員は3人、定食の揚げ物などをやっていると全員がそっちに集中してしまい、別の注文と同時進行させるのが難しい様子。
どんどん客が入ってきて心配になったが、皆ラーメンを注文する。

画像 019

醤油ラーメン 600円 (味噌はメニューにない)

社員食堂などでよく見かけるメラミン製の丼だ。
従って、企業系スープにやや緩い麺は想定通り。
ナルトの赤が眩しく、ぶつ切りのネギの香りが好ましい。
固めのチャーシュも美味い。
食べているうちに化調にも慣れてきてレンゲの往復が止まらなくなる。

画像 020

暫定無料にならなければ出会う事がなかったであろう、趣の一杯。

画像 021

アルファリゾートトマムの建物。
かなり昔に社員旅行で1泊した事があり、みのや雅彦というフォーク歌手のステージを見た。
関連記事
2011年04月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック