東屋の冷やしかしわ


炎天下の外仕事ですっかり消耗し、食べたいものが思い付かない。
ならばラーメンを啜って元気をつけようと、3度目の正直で広小路へ向かう。

画像 022

・・・。
仕入先の製粉工場のイベント準備とかで臨時休業・・・。
次回出張の楽しみとしよう。

画像 026

3年ぶりの東屋。
店の奥には70代の店のオバアサンと60代らしき客のオバサン。
オバアサンはオバサンの母親を知っていて、「あなたのお母さんはいつもそこに座って、卵とじより注文しなかったんだよ」とか。
オバサンは「最近寿司屋に行ってないわね、すしは寿し富、蕎麦は東屋」。

そんな話を聞いているうちに注文した品が運ばれてくる。

画像 023

冷やしかしわ (780円)

この店がルーツだそうで、食べるのは今回で3度目となる。

画像 024

濃い目の鰹だしに親鶏の出汁が溶け合い、後味もすっきり。
冷たいツユをゴクゴク飲み干せるのがいい。
関連記事
2011年07月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック