手打ちそば もり吉

8月1日
この日も北見は暑かった。
前の晩は盛大に飲んだので朝から空腹状態。
自分は伍味八珍で塩ラーメンを食べたかったのだが、他の二人は暑いから涼しい所がいいと言う。

DSC01823.jpg

異論はないので北見市街地近くの蕎麦屋に向かうも移転したらしく、北進町を走って見つけたのがもり吉

DSC01823.jpg

主人の趣味なのか、店の中は足踏みミシンや蓄音機、茶箪笥といったレトロ雑貨が目に付く。

DSC01822.jpg

えび天おろしそば(大盛り)
暑い日に冷たいぶっかけを啜ると元気が出る。
ツユの量は足りてますか?と訊きに来たりと親切な店だ。

DSC01824.jpg

仕事帰りに立ち寄ったイトーヨーカドーでザフィーラを発見。
トラヴィックと併せても殆どみる事がなくなった。
2017年08月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

三幸食堂

7月31日
土曜から泊っていた長女が、1講目を休んだらアウトみたいな事を言うので乗せて朝早く出発。

旭川に着いたのが11時頃で、残念な事にふるきは定休日だった。

DSC01798.jpg

という事で、5年ぶりに旭川大学向かいの三幸食堂にて。

DSC01803.jpg

塩らーめんライス
空腹だったのでチャーハンも一緒に注文しようか迷ったが、長距離運転で眠くなると困るので断念。

DSC01799.jpg

塩より正油のほうが美味しい、野菜入れたほうが体にいい、という母ちゃんの勧めでこうなった。
お二人とも80近いんじゃないかな? 元気に続けてほしいものだ。

DSC01802.jpg

寄り道をしたので北見に到着するまで7時間を要した。
国道275号→旭川新道→旭川紋別自動車道の起点(比布北)から層雲峡まで走り、石北峠を越えて北見までというのが普段のルートなのだが、終点の瀬戸瀬インターまで利用すれば1時間短縮される。


2017年08月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道北

厚別区民祭り

7月29日

早朝から仕事で、帰宅してから2時間ほど昼寝した。

DSC01785.jpg

夕方に野外ステージがあるので物置からYEP-211を出して演奏可能な状態にする。

毎年恒例の厚別区民祭りは大盛況で、焼き鳥の煙が漂う。
集合時間ギリギリに到着して間もなく、ステージ袖で待機の指示があった。

DSC01787.jpg

ソフトケースは売っておらず縦置き出来ないという不便はあるが、目立つのがいい。

DSC01788.jpg

ステージより、この人出。焼き鳥やビールのチケット売り場には長蛇の列。

DSC01789.jpg

この日の演奏はアンコールも含めて5曲。ピッチに注意しながら吹く。
客席にどう聴こえるのかは確認のしようはないけれども、音が前に飛ぶ感覚が堪えられない。
いつもお誘い頂いている信濃中OBバンドの皆様に感謝!
2017年07月29日 | Comments(2) | Trackback(0) | 吹奏楽

そば天国松乃家 総本店

7月26日。

最高気温は27度だったが、実際にはもっと高かったような気がする。
行きつけの炭屋は昼営業が相変わらず休業中。3~4人ともなるとやはり規模の大きい店しか選択肢がない。

DSC01774.jpg

この日のそば天国は混んでいて10分待ち。

DSC01775.jpg

夏季限定の冷やしたぬき(大盛り800円)。
暑いさなかに冷たい蕎麦を手繰れる幸せ。
冷水でよく締めずに生温かいのを出す店も多いけれど、この店はそうした心配は無用。

7月27日

DSC01780.jpg

この日はえび天そば御膳 880円。
連れの1人が小食となったためむ、せいろ1枚を頂いた。これで実質大盛り。
そういえば、前からずっと店にいた先代の娘さんを見かけなくなった。
注文を取りに来たオバチャンに訊くと、お嫁に行かれたのかな?という回答。

7月28日

DSC01783.jpg

涼しかったのでいか天丼とそばのセットにした。
温かい蕎麦の時に忘れてならないのが天かす。
輪厚店では以前卓上に常備してあったのだが、現在は両店とも醤油と同様頼めば持ってきてくれる方式になっている。






2017年07月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

串鳥 北広島店

7月25日
相変わらず暑い日が続くものの、30度を切ると夜も過ごし易い。
この日から隣町へ5日間の通い出張。
北広島駅周辺のラーメンは回ったのでどこに行こうか迷う。

銀行に寄ったついでに串鳥のランチを食べる事にした。

DSC01768.jpg

どこでもやっているかと思って調べると、札幌市内4店の他はここ北広島店のみらしい。

DSC01767.jpg

券売機で食券を購入すると自動的にオーダーが流れ、好きな席に座って呼ばれるのを待つ。
2名のオバサンスタッフが切り盛りしている。
客は近所のオジサンやオバチャン2人連れといった普段着姿が目立つ。
夜営業特有の退廃感が漂い、居酒屋などへ集金に回った頃の記憶が蘇る。

DSC01769.jpg

上ヒレカツ定食

冷凍食材を揚げた惣菜だとしても、570円は安い。
キャベツとライスがお代わり無料で、これだけでも充分なのに卑しい性格が優先してしまい、両方お代わりした。
また来る機会があればカツカレーにしよう。

DSC01771.jpg

土用丑の日、夕飯はうなぎ。


2017年07月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

味の大王総本店、ラポ・ラポラ食堂

7月17日。
5月末から続いた出張がひと段落した。
休みを取って1泊の家族旅行。長女は東京遠征とディズニーで不参加。
土砂降りの中、国道36号を走って苫小牧に到達したのが11時半頃。

DSC01733.jpg

味の大王総本店でお昼。7年前

DSC01735.jpg

3人ともカレーラーメンで自分は大盛り。辛みスパイスを振ると旨みが増す。
客の殆どはカレーラーメンを注文していたが、隣の若いカップル客は別なものを食べていた。
ジロジロ見ると失礼なので確認出来なかったが、女性はメニューにないアイスクリームを食べていたという証言を山妻から得ている。

DSC01738.jpg

静内で買い物をして三石海浜公園オートキャンプ場に到着したのが15時過ぎ。

DSC01742.jpg

雨が上がっていたので外で焼き肉。

DSC01743.jpg

かれこれ9年振り。1歳だった次女は生意気盛りになり、愛車は代替わりした。

DSC01745.jpg

食事を終えて隣の温泉に行く。

寝る段になって寝具を確認すると毛布しかない。
ここを利用するのは3回目となるが、三石は寒い。

DSC01748.jpg

新冠のサラブレッド銀座。牧場ごとに仕切られた柵のなかで競走馬を放牧しているのだが、数頭が見えるのみ。

DSC01754.jpg

昼食で立ち寄ったウトナイ湖のラポ・ラポラ食堂味噌タンメン
食券購入の際、800円という価格を見て担々麺と勘違いしてしまった。

DSC01755.jpg

雨のせいなのか、一羽のみ。

DSC01758.jpg

山妻が白鳥と勘違いしたゴミ袋。

島松駐屯地 厚生センター食堂

7月10日
この日から自衛隊で5日間の通い出張。
昼近くに到着した頃には既に30度を超えていて、検問所では隊員が水撒きをしていた。

DSC01710.jpg

ミリオタでなくとも、こういうのを見ると心がときめくものだ。

DSC01709.jpg

〔食堂たんぽぽ〕という名称が変わったというご指摘を受けたので〔厚生センター食堂〕と訂正した。
どうやらラーメンが復活しているらしい。

DSC01708.jpg

醤油ラーメン 580円。
後から注文する客の定食が優先で麺が伸び加減。

7月11日
酷暑が続く。

DSC01712.jpg

この日のA定食は串カツ
味噌汁の具が冷や麦ほどの太さの麺が数本。

7月12日

DSC01713.jpg

この日もA定食で、ハーバーグ定食
ちなみに日替わりのA・Bはいずれも500円。
多くの客が定食を注文するので準備万全、出てくるのがい。

7月13日

DSC01716.jpg

家から持ち出したホースをフォークリフトのマストに固定し、風上から霧噴射して暑さを凌ぐ。

DSC01714.jpg

A定食のおにぎり付き冷やしたぬきうどん
出来れば冷水でキリリと締めてほしいものだが、パートのオバチャン達にそれを望むのは贅沢か・・・。
体が塩気を求めていたので皿に残ったツユを飲み干した。

7月14日

DSC01715.jpg

最終日は目玉カツカレー

金曜日のお約束? 去年もそうだった。
ワンコインとしては最高の内容を誇る。
2017年07月15日 | Comments(3) | Trackback(0) | 飲食

合奏170709

前日は明るいうちに帯広から帰宅し、10時間熟睡した。

DSC01702.jpg

炎天下での洗車は避けたいところたが、度重なる出張でこびり付いた昆虫の死骸を取らなければならない。
パネルごとにサッと洗ってすぐに拭き取る。

DSC01628.jpg

娘が吹いているOld Bessonの指掛け部分にサビ。
青錆は人体に有害なので革で保護する。

DSC01703.jpg

東京で演奏する事となり、飛行機で搬送するとなるとシャイニーケースでは不安。
キルティングで保護して収まるハードケースを使用。
このケースは自分が使う事になりそうだ。

DSC01704.jpg

18時から西区の〔チエリア〕で合奏。
打楽器群がほぼ揃ったのでそれに合わせて練習。

DSC01705.jpg

斜め前、ファゴット奏者の譜面。
〔深層の祭〕は、いきなりファゴットのソロから入る。

2017年07月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 吹奏楽

ラーメンこだま(移転)


7月7日。

DSC01667.jpg

お昼の時点で気温が35度を超えた模様。
幸い早く仕事を終えたので、後片付けを済ませて引き揚げる。

DSC01690.jpg

西14条木賊原通りの富士屋がラーメン店に変わっていた。
2年前に街中から西18条に移転したラーメンこだま。本日開店だそうだ。

DSC01693.jpg

見覚えのある夫婦が忙しそうに立ち働いている。

DSC01694.jpg

醤油ラーメン
厚い脂プラス背脂が特徴の豚骨スープ。

この通りにラーメンを出す店は意外と少なく、喫茶店と麺蔵ぐらいだったはず。
駐車場は4台程度か。よく通る道なので続いて欲しいものだ。

DSC01699.jpg

街中にて。

2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

ふじ膳(帯広地方卸売市場)

7月7日。

DSC01685.jpg

朝5時半撮影。いかにも暑くなりそうな空模様だ。
塩分補給の必要上、ふじ膳へ向かう。

DSC01686.jpg

これを楽しみにしていたのだが、食べられるのは10時から。

DSC01687.jpg

家族客が食べていた380円の朝定食(この日はカキとじ丼)でも良かったのだが、冷たい麺類にした。

DSC01689.jpg

冷しえび天そば
こうしたところだからツユも麺も蕎麦屋のようにはいかないが、朝7時前から冷たい蕎麦を手繰れるという贅沢な気分は格別だ。
少し時間があるので1階の売り場を見て回る。
2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

麺処たざ和 TAZATON

7月6日。

予報を下回ったものの、30度に迫る暑さだった。

DSC01684.jpg

屋台村。
街中は凄い人出で、通りすがりの居酒屋も客で溢れ返っている。

DSC01676_20170707195746965.jpg

時間的に空いているだろうと向かったのがたざ和
冷房が効いているだろうと期待していた店内は外よりも暑く、40度近くありそうだ。
スープを煮出しているので余計に暑いらしい。

DSC01677_2017070719574615c.jpg

冷たいビールを飲みたかったので晩酌セットにする。

DSC01679_20170707195745d6a.jpg

グイッと半分空ける。

DSC01681_20170707195745618.jpg

餃子5個は食べ応えあり。

DSC01682_20170707195744448.jpg

続いて豚骨ラーメン。これで夕食には充分だ。

店主は私を〔札幌から出張で来ている人〕と覚えていてくれて、近くススキノに九州豚骨ラーメン店(イシマル食品の麺?)が開店するという情報を得た。
夜からの営業らしい。

2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

山岡家帯広店

7月5日。

この日は酷暑の予報だったので朝から塩分を補給しておく。

DSC01663.jpg

バランスを考えればすき家・吉野家の定食がいいのだが、通い慣れた山岡家が手っ取り早い。

小銭があったので普段通り430円を入れてボタンを押しても食券が出てこない。
足りなかったのかな? と思って千円札を入れ、釣りを確認したら450円払った事になっている。

DSC01666.jpg

普通のラーメンはそのまま。

DSC01665.jpg

7月から一部メニューを値上げしたようだ。
価格据え置きで麺の量を減らしてみたり、小刻みに値上げすれば割高感を与えないだろうという考えにはどうも馴染めない。それにしても前回値上してから随分と早いな。

DSC01664.jpg

それはともかく、味濃い目。
豆板醤を入れて代謝の活性化を試みる。

2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

インデアン

7月4日
いつもの事だが、寝不足気味でスッキリしない。
ラーメンを食べに車を走らせる気が起こらないので夕食はカレーで済ます。

DSC01661.jpg

この日は西18条店のインデアンでチキンの大辛
普段なら激辛でも平気なのだが大事を取ってワンランク下げたところ、これがベストな辛さ。

20170704_171204361.jpg

薬味にはほとんど手を出さなかった。


7月5日
地元の人と話しているとインデアン話が出て、カツだけ大盛りの〔カツカツ〕とか、裏メニューがあるらしい。
〔大盛りの大盛り〕を注文するとルーが足りないとか、地元民の情報は勉強になる。

DSC01673.jpg

インデアンのカツ中辛、カツあと乗せ
カツカレーはカツがルーの上に乗っているのが普通だが、フォークを置かない店なので見た目の配慮もあって上からルーをかけるようにしたのだろう。
ルーと一緒に煮込むチキンやシーフードは別として、ハンバーグなら同じ注文が可能かも知れない。
5段階で2番目の中辛はやや物足りないのでホットオイルをかけ回す。


7月7日

今回は6泊で長かった。
この日は最高気温が35度を超し、外にいると黙っていても汗が吹き出てくる。

DSC01696.jpg

最後の夜は〔まちなか店〕で締めよう。
店に入ると鼻腔をくすぐるカレーの匂いが一層好ましく感じられる。
裏メニューを覚えて親近感が増したのだと思う。

DSC01697.jpg

インデアンのシーフード辛口

DSC01698.jpg

素揚げした茄子とピーマンが美味さを引き立てる。


7月8日

この日も予想最高気温が35度。
7時頃には28度を記録していたはずだ。
ずっと冷房の効いた場所なので救われたが、もし屋外で仕事だったら発狂していただろう。
蕎麦の「一粒」が満員で2組待ち。こうなるとインデアンしかない。
持ち帰り客の受け渡しでホール担当の2名が忙しそうだ。
食べる客も順番待ちがいて捌くのも大変だか、すぐに座れた。

DSC01701.jpg

インデアンのハンバーク辛口、後乗せ。

2日続けて充分に睡眠が取れたので食が進む。
順調に行けば明るいうちに帰宅出来るだろう、



2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

本郷立喰そば店

7月3日。

宿に戻ってあれこれしているうちに20時を回ってしまった。
出張続きで体が弱っているので酒を飲む気が起こらない。
アテもなく繁華街を彷徨っていると以前来た事のある立ち食いのそば店が目に入った。

DSC01655.jpg

DSC01654.jpg

行灯や暖簾に店名が入っておらず、爺さん店主に訊けば教えてくれる。

DSC01653.jpg

天ぷらうどん(450円)
つゆは札幌の〔ひので〕に軍配が上がるが、これはあくまでも好み。
天ぷらが馴染むにつれてコクがでて美味いものだ。
夜中の2時頃までやっているそうで、人気のカレーそばは又の機会に。

DSC01658.jpg

夜中に腹が減ると困るので、ダイイチでおはぎを買っておく。


2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

誠寿し

7月2日。
駅前の安いビジホで旅装を解き、少し仕事をしたら17時を回った。
軽く一杯・・・といっても居酒屋は入りずらい。
そこで、以前から目を付けていた寿司屋に向かう。

045_2017070718210005e.jpg

手前の駐車場は以前〔帯広コルト〕だった場所。
その右向かいは〔ビジネスホテル久保田〕、さらに右手にはラーメン寶來・・・。

041_20170707182100180.jpg

場末の飲み屋街。やっているのだろうか?

040_20170707182059ac3.jpg

誠寿し。八丁堀を出ると左手に見える。

042_201707071820591c0.jpg

冷酒を頼むと八海山が出てきた。早い時間だったので他に客はいない。
60代後半の店主は帯広人で、周辺の事情にも詳しく、会話力のある方だ。

043_201707071820583db.jpg

酒肴の刺身。予想以上にいいものを出す。
話が弾み、コップ酒を追加した。

044_20170707182058e29.jpg

上寿し
誠寿しという店名は多いが、こちらは店主の名前から取ったもの。
リーズナブルな料金で、日曜日も営業しているというのは心強い。

046_20170707182159e87.jpg

夏至を過ぎたばかりでまだ明るい中をほろ酔い気分で宿に戻る。

2017年07月07日 | Comments(2) | Trackback(0) | 寿司

寶龍 清水店

7月2日
11時頃に帯広へ向かう。そして夕張で寄り道。

027_20170707180059a37.jpg

滝の上発電所
大正14年、北海道炭鉱汽船㈱が建設。
夕張川の千鳥ケ滝の落差を利用してタービンを回す仕組み。
平成6年に北海道に移管され、90年以上を経た現在も稼動している。

030_20170707180059a8c.jpg

奇怪な岩が印象的。

032_20170707180058c62.jpg

周辺を散策。久しぶりの森林浴で心が洗われるようだ。
林の奥に、樹齢数百年クラスの巨木があった。

さて、占冠から十勝清水の高速を走り、清水町市街に到着した。
ここで遅い昼食。

034_20170707180058d99.jpg

寶龍清水店
前回はブログを始める前だったので10数年振りになるだろうか?

038_20170707180057da1.jpg

相撲取りのような店主はアームレスリングの選手だと知ったのがつい最近の事。
日曜日とはいえ、昼過ぎの14時でもほぼ満員という盛況ぶり。

036_2017070718005751d.jpg

味噌ラーメン
香ばしい香りがいい。
前回食べた時の印象よりもあっさり目なのは、車のエアコンが壊れて汗をかいていた所為かと思う。
店員の接客も良く、満足の一杯だった。
2017年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

ゆるり、いっぷくやてんゆう

6月29日。
2週続いた旭川出張もようやく大詰めとなり、軽く飲もうと思う。
早い時間なら空いていると思って独酌三四郎に電話すると既に埋まっている。
〇〇駅前□居酒屋□一人と打ち込むと、独りでも入りやすい店がヒットする。

DSC01613.jpg

3-7の雑居ビルにある〔ゆるり〕という店に訪問。

DSC01612.jpg

軽く飲む程度なので予め品書きの傾向を掴んでおく。
店にはメガネの女性が2人。そっけないけれども居心地がいい。

DSC01608.jpg

〔席料〕という名のお通し。この内容で500円。
これにご飯と味噌汁を追加して夕食にする客が多いそうだ。

DSC01609.jpg

DSC01610.jpg

DSC01611.jpg

冷奴、豚串、クリームチーズと三升漬け。
酒を1杯追加してお勘定。2,100円だった。


DSC01618.jpg

続いては前週も立ち寄ったいっぷくやてんゆう

DSC01620.jpg

暑い日なので酒は冷やにする。

DSC01621.jpg

DSC01622.jpg

漬物とホルモンのから揚げ。

DSC01623.jpg

最後はもりそば。
こうして年内最後の旭川が無事終了。


DSC01624.jpg
2017年07月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 飲食

虹のむこう

6月28日
最高気温が23度程度で長袖でも暑くない。

011_20170629073114bff.jpg

帰りに寄ったのが春光の生協向かい〔虹のむこう〕

015_20170629073117a0f.jpg

見た感じガッチリしていて自衛隊出身のような店主。物腰は柔らかい。
13日に開店したばかりで、宣伝を一切していないにもかかわらず口コミで訪れる客が多いそうだ。
やがてボビー・コールドウェルのベスト物が流れ出す。店主の趣味なのだろう。

014_20170629073117766.jpg

018_201706290731177cc.jpg

ラーメンは3種類。無化調のようだ。

016_201706290731162de.jpg
醤油煮干しラーメン
いい香りが鼻をくすぐる。

017_201706290731161ec.jpg

縮れの少ない旭川製麺。圧を掛けて平べったくしている。

019_201706290731257b9.jpg

続いて塩煮干しラーメン


無化調でありながら物足りなさを感じさせぬバランスの良さ。
煮干しを大量に使っているそうで、原価率が高いと苦笑していた。

久し振りの2杯食い。
旭川でこうしたタイプの店は希少。
立地がいいとは言えないが長く続けてほしいものだ。
2017年06月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道北

蕎麦雪屋

6月27日

2週続いた旭川出張も年内はこれで最後となる。

DSC01580.jpg

深川国道沿いの沖里河神社。
鳥居が木立に隠れて通り過ぎてしまうのだが、気になっていたので参拝する。

チェックインして仕事をしているうちに18時を回った。

DSC01583.jpg

蕎麦雪屋
3人組の先客がいて、ビールを飲みながら談笑している。

DSC01585.jpg

男山のナントカという純米酒を頼む。
店主に訊くと、店が混み出すのは22時頃から。

DSC01587.jpg

なめこの天ぷら。食感が独特で甘めのツユと合う。

DSC01588.jpg

自家製鰊の甘露煮。前回と身がやや硬め。ここで酒をお代わり。

DSC01589.jpg

もり蕎麦。水切りが緩いのと、自分の好みからすればツユが少々薄い気がする。

DSC01590.jpg

外はまだ明るい。


2017年06月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

夢玄


7月27日。
午前中に恵庭市で仕事の打ち合わせを済ませた後、旭川に向かう。

001_20170628185427eb4.jpg

南幌町中心部に近い夢玄。ラーメンの幟が見えたので寄ってみる。

006_20170628185426823.jpg

中は暗い。古民家を改造したようで、陶器類がさりげなく置かれている。
カウンターは8席で、奥のほうに小上がりがあるようだ。

004_20170628185426236.jpg

醤油ラーメン 700円。希望者にはライスが無料。
焦がしニンニクの香りが特徴的な豚骨スープ。
表面に厚めの脂が浮いており、厚別区にある北龍の豚骨正油に近い。

005_20170628185425a10.jpg

製造元は不明だが、縮れが少なく透明感のある中細麺。

003_2017062818542622e.jpg

灰皿も店主の窯で焼いたもの。

007_20170628185425d46.jpg

丼も自ら焼いたものと聞いたので店名を楽しみに飲み干したが、入っていなかった。

会計を済ませる時に、知人が三越で個展をやっていると言うのでハガキを貰った。
この後、栗山~栗沢を経て岩見沢から国道12号に入る。

特一番、青龍軒


DSC01542.jpg

流通団地の特一番。(前回)
2~3年前と思っていたらもう6年も経っている。早いものだ。

何処からこんなに・・・と思うほどの混雑ぶりで、座敷もテーブルも満員。
空いていたカウンタ席に座って注文する。
ざるラーメン、冷やし中華、丼物と注文がバラけて厨房も大変そうだ。

DSC01543.jpg

塩ラーメン 700円。
意外にも5~6分で出てきた。
この店は白濁豚骨系のスープが美味い。



最終日、昼過ぎに仕事を終えた。

DSC01558.jpg

6月末で閉店する流通団地の青龍軒
平日なのに家族連れで満員状態。閉店を知った常連さんも多いのだろう。

DSC01555.jpg

正油ラーメン 700円。
無駄のない動きを見た限り、まだ続けられそうな感じだが・・・。
ブログを始める前に来て以来だから10数年ぶり。でも親父さんの顔はしっかり覚えている。
当時はやや物足りなさを感じたスープも50を過ぎた今は丁度良い按配。
低加水の加藤麺との相性もいい。

DSC01554.jpg

2017年06月24日 | Comments(2) | Trackback(0) | ラーメン 道北

レストランほのぼの


DSC01519.jpg

くれたけイン旭川の無料バイキング。
繁忙期にもかかわらず1泊4,500円程度で泊まれるのが有難い。
ある朝、5分前に行くと坊主頭の高校生が10人近く先に並んでいて焦った。
柔道の大会が旭川市で開催されているらしい。

DSC01520.jpg

旭川出張のお昼は同行者がいるので流通団地のレストランほのぼので摂る事が多い。
この日は正油ラーメン
今回特筆すべきはラーメンスープが煮干し系に変更されていた事。
業務用スープもここまで美味いのが出来るのか!といった感じ。

DSC01534.jpg

次の日は和風ハンバーグ定食にした。
券売機に冷やし中華があり、押しても反応しないのでボタンをよく見たら売り切れ。
時期的にまだ早いのかな?

DSC01550.jpg

塩ラーメン。こちらも旭川らしい煮干し系のスープだった。
定食類も麺類もほとんどが500円という安さで、サラダや果物も付く。
一般客は自分達だけというアウエイ感も今では気にならなくなった。

DSC01549.jpg

くれたけインで無料セルフの酒。この日は国稀の鬼ごろし。
空きっ腹に飲むので効く。

2017年06月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道北

立ち喰いそば天勇

日中の最高気温が30度に達した旭川。

今回の宿は〔くれたけイン旭川〕。

DSC01535.jpg

18~20時までの間、朝食会場でアルコール類が1杯無料で楽しめる(セルフ)。

DSC01538.jpg

稲荷神社手前にあった道北最後の置屋が昨年消失してそのままと思っていたら、不意に後ろから声を掛けられで振り向くとこの時のバアさんだった。
北京楼菜館の隣に移転して営業続行中。

ロータリー付近にラーメンを出すイタリア料理店があるという情報を得たので寄ってみると、
〔ウチはそういうのやってませんから〕と断定的に言われる。
〔2、3か月前に食べた人がいるんですけどね?〕
〔2、3か月どころじゃなくてもう半年も前にやめてますって! 勘違いして来る人が多くて困るんですよ〕。
続いて、〔ウチはラーメン屋じゃありませんから〕(2回)。
〔そうでしたか、これは失礼しました〕と詫びてドアを開けると、〔ちゃんと調べてから来られたらいかがですか?〕と追い打ち。
客商売がこんな大人げない態度では先が思いやられる。

店内に充満していた負のオーラを払拭すべく近くのみづのへ向かうと、

DSC01545.jpg

入り口に完売御礼の看板。
邪な心で稲荷神社に向かったでバチが当たったのだろう。

DSC01546.jpg

1軒で済ませたいので約3年ぶりの天勇

DSC01548.jpg

前回と同じくかしわとゲソ丼のセット。値段は変わっていない。
後から来た客が天ぷらそばとゲソ丼のセットにかしわのトッピング。
この場合、トッピングが2種類となるので30円増し。

今度来る時はゲソ丼のツユを多めにしてもらおう。



2017年06月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

蕎麦雪屋

6月19日
旭川は暑い。車の窓を開けて駐車していたら、綿のようなタンポポの種子が一杯入りこんで大変な事になった。

さて、この日は街中に出来た蕎麦屋に訪問。
食べログの地図を頼りに向かっても見当たらず、他のサイトでやっと探し出した。

DSC01508.jpg

繁華街の3-7、昭和通りに面しており、串鳥とセブンイレブンの中間ぐらいの宮内写真館の左側。
見つかるまで15分かかった。3・6街は仲通りがあるのでややこしい。

DSC01523.jpg

18時半頃だったので客はおらず、一人貸し切り状態。
21時頃から忙しくなるのだろう。

DSC01524.jpg

蕎麦前にやや辛口の農家の酒(高砂酒造)というのを頼む。
升もグラスもギリギリの表面張力なので、最初の一口はヒョットコのような顔をして直接啜るしかない。

DSC01525.jpg

自家製鰊の甘露煮
身は柔らかく、薄口の味加減で絶妙に美味い。

DSC01526.jpg

続いて出汁巻玉子
フワフワの焼き加減。醤油はごく少量で足りる。

DSC01527.jpg

最後にもりそば。きたわせの十割。

静かな雰囲気で美味い酒と酒肴を楽しめた。
きちんと温度管理された酒を置いてある蕎麦屋は意外と少なく、旭川にこうした店が出来たのは心強い。

DSC01529.jpg

2軒目はいっぷくやてんゆう

DSC01531.jpg

DSC01532.jpg

気心の知れた店主と色々話をしながら飲るのもまた楽し。
この日は2軒ハシゴして酒3合。 丁度良い按配で宿に戻る。

DSC01533.jpg

旭川の繁華街は星が見える。


2017年06月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

武田家

旭川出張。

20170656.jpg

スマホ本体のスピーカーだとカシャカシャした音しか出ない。
でも昔のポップスには合うようだ。
困った事にエアコンが作動していない模様。スイッチを入れてもモーターが回る気配が見られない。

20170658.jpg

この日は買い物公園通りにオープンした武田家。
名前が示すとおり家系のチェーン店のようだ。

20170659.jpg

食券を購入し、奥のテーブル席に案内される。
豆板醤・おろしニンニク、胡椒、酢、醤油、白ゴマ。さらに荒く刻んだ玉ねぎ。

20170662.jpg

醤油ラーメン 750円。
昔食べた横浜の吉村家、以前札幌にあった六角家を髣髴とさせる。

20170663.jpg

低加水のモッチリした極太麺。
少々値段は高めだが、この店なら街中のローテ入りになるんじゃないかと思う。

20170665.jpg

旭川は街中でも空が広い。

DSC01510.jpg

軽く焼き鳥でも食べようと数件当たったものの、どの店も観光客で満員。
4-8のコンビニ2階に見覚えのある看板を見つけた。2軒目は居酒屋の貴あじ

この店は9年ぶりとなる。
昭和通りにあった頃はこじんまりとした家庭的な雰囲気だったが、現在はいくつもの団体客をこなす広い店舗。

DSC01513.jpg

DSC01515.jpg

〔ハチのムサシは死んだのさ〕の眼鏡の人を髣髴とさせるオバちゃんは健在だった。
忙しそうだったので串物と揚げ出し豆腐を注文し、酒2杯で切り上げる。


まだ明るい・・・。
2017年06月21日 | Comments(2) | Trackback(0) | ラーメン 道北

カーステ逝く


6月17日
自宅へ帰る途中、音声が出なくなった。
そのうち画面が乱れたかと思うと奥で〔パチッ〕とショート音がして電源落ち。
間もなく1DINの隙間から紫色の煙がモクモクと。
幸い発火しないで治まったが運転中だったので焦った。

DSC01497.jpg

車を購入した時から付いていたもので、HDD・ナビ・ETC・ハンドフリー機能付きのフル装備。
10数年前としてはかなり高価なものだったと思う。

ナビはスマホで代用するとしても音楽を聴けないのが辛い。
直ればいいのだが。


2017年06月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 車関係

そば天国松乃家 総本店

6月14日。

DSC01491.jpg

2日続けて晴天。でも週末にかけて崩れる模様。
北広島市は広く、札幌の天気予報はあまり当てにならない。
国道274号線の西の里付近が気象の境界線となっており、そこから石勝ロード方面にかけては胆振・日高地方の予報が良く当たる。

お昼は4人で国道沿いのそば天国へ。
12時前だというのに駐車場は既に満杯で、建物横に停めた。
いつの間にか小上がり席が堀ごたつになっていて、足腰が悪くても快適。

DSC01493.jpg

少し汗ばむ陽気だったので全員が冷たい蕎麦を所望。

DSC01494.jpg

全員注文が一致し、えび天ぷら膳
代替わりしてボリューム感が減ぜられたようだが、相変わらず美味い。

最近、恵庭に支店が出来たようだ。
かつての店主は夕張方面で健在らしいが、たまには顔を見たいものだ。

6月15日
この日は肌寒く、昼から雨が降り続いた。
昼近くになって炭屋に電話すると、〔お昼は人手不足で今月から休業中〕との返答。
良寿司はランチメニューの予約が出来ないので時間がかかる。

DSC01495.jpg

小いか天丼とおそば(880円)
寒いのでかけにした。
頼めば天かすを持ってきてくれる。


2017年06月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 蕎麦・うどん

麺&Bar 山

6月13日

北広島へ通いの出張。

DSC01492.jpg

初夏を思わせる爽やかな晴天。

北広島駅近くの銀行へ寄ったついでに早めの昼食。

DSC01490.jpg

つぼ八向かい側の入船ビル入り口にラーメンの幟。
表に店名を示す物が無いので2階へ上がると、

DSC01480.jpg

一番奥にラーメンの行灯が見えた。
ゴツイ感じの店主と少し若めの従業員が中にいた。

DSC01486.jpg

ランチメニュー。
仕事を終えてから恵庭に行かなければいけないので少し多めに食べておく必要がある。
店主にお勧めの味を訊くと〔圧倒的に味噌っスね〕。

DSC01487.jpg

味噌ラーメン。野菜は白菜と玉ねぎ。
この近辺は飲み屋が集中していて、〆のラーメンを求めて来店する客が多いそうだ。
アッサリとした味加減ながら物足りなさを感じさせないオーソドックスなスープ。

DSC01489.jpg

カレーは飲み物なので小腹の足し。



ミツワ(真駒内駐屯地内)

6月9日

DSC01470.jpg

長女がいたので家族全員が揃い、前倒しで母親の誕生祝い。
ワイン2本を3人で空け、酔ったので早めに寝る。

6月10日

DSC01475.jpg

真駒内駐屯地で2日間の仕事。
朝から雨で肌寒いほどだ。控え室で黙々と仕事をする。

18951464_765902873571444_8347697604771924370_n.jpg

なんか変。

DSC01471.jpg

お昼は東厚生センターのミツワ
先客の若い隊員が10人ほどいて、カツカレーの注文が目立つ。

DSC01472.jpg

野菜ラーメン(塩)630円。
画像では判りづらいだろうが丼がデカくて野菜の量も充分。

DSC01473.jpg

さがみやの麺は硬めに茹でられていた。

DSC01476.jpg

帰り道、札幌ドームの手前にて。この日は日ハムと巨人の第2戦目。
奥に見える「福八」は、ドーム誕生前は住宅地にひっそり佇む小さな食堂だった。

麺処 めん喰い

6月6日

DSC01461.jpg

清々しき遠軽の早朝。
この日の湧別町は最高気温が27℃を超えた。
昼過ぎに仕事を終え、市街地から数キロ先の住宅が立ち並ぶ開盛地区に入る。

DSC01464.jpg

めん喰い。昨年近くから移転したらしい。

DSC01466.jpg

住宅を改造した店舗で、玄関で靴を脱いで上がる。
ご夫婦で切り盛りしているらしく、奥さんの温かい接客が気持ち良い。

DSC01468.jpg

醤油ラーメン 650円。
ニンニクの香ばしさが程よいスープと西山の麺。堂々たる札幌ラーメンだ。

瀬戸瀬から比布まで自動車道を走り、帰宅して満タンにするとリッター14.75キロの高燃費。


2017年06月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | ラーメン 道東

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック